JALダイヤモンド修行を兼ねてシンガポールへ / Vol.13 Vol.13 日本航空JL36 シンガポール – 羽田 ビジネスクラス 搭乗記 

日本航空 JL36 シンガポール - 羽田 ビジネスクラス 機内食
(広告)

日本航空 JL36便で帰国します。

深夜便ですので離陸後にお休み前の軽食が出てきますが、メニューは「サテ」でした。

これが美味しくない(笑)なんたって冷たいんです、、冷たい串焼きはやはりだめでしょう(笑)マレーシア航空の方が何倍もおいしいです。

朝食は今回も和食をチョイスしてみます。

バンコク便とほぼ同じような感じで、小鉢がほとんどコンビニ弁当っぽいのが残念ですが、味はまぁまぁ美味しいです。

日本発と比べて日本着便はかなり手抜きをしている感があって、もうちょっとだけ頑張って欲しいです。

旅行期間 2017/06月

エリア  シンガポール
テーマ  街歩き。食べ歩き、JAL修行

目次
・Vol.1 6月はJAL FOP2倍月間に設定 JAL915 羽田 – 沖縄 搭乗記
・Vol.2 修行の定番!那覇発東京経由シンガポールへ 那覇空港JALサクララウンジ&JAL900 那覇 – 羽田 搭乗記
・Vol.3 羽田でシンガポールへ乗り継ぎ 羽田空港JALファーストクラスラウンジ
・Vol.4 一路シンガポールへ!JL37 羽田 – シンガポール ビジネスクラス搭乗記
・Vol.5 シンガポール チャンギ国際空港を散策 ”Project Jewel”建設中
・Vol.6 Sheraton Towers Singapore宿泊記
・Vol.7 ホーカーズを食べ歩き〜Newton Food Centre、Toa Payohショッピングモール、Maxwell Food Center(チャイナタウン)〜
・Vol.8 電車とバスで簡単に行けるマレーシア。ジョホールバル(JB)に行ってみた。
・Vol.9 タダでは無いけれど圧巻のナイトショー「ウィングス・オブ・タイム (Wings of Time)
・Vol.10 アミューズメントパークのような ‘Bugis junction’ と カジュアルな ‘Bugis+’、 アジアンテースト満載の’Bugis street’ を散策
・Vol.11 Changi Airport Terminal1 British Airways Lounge 訪問記
・Vol.12 Changi Airport Terminal 1 Qantas Singapore Lounge 訪問記 カンタス航空のラウンジは広大だった!
・Vol.13 日本航空JL36 シンガポール – 羽田 ビジネスクラス 搭乗記
・Vol.14 急いで那覇行に乗り継ぐ 日本航空 JAL903 羽田 – 沖縄 搭乗記
・Vol.15 今回は宿泊なし!乗り継ぎ便出発まで飛行機を見て楽しむ 〜那覇空港 飛行機コレクション〜
・Vol.16 日本航空 JAL908 那覇 – 羽田 搭乗記

<往路>
JAL915 HND(12:15) – OKA(15:00) 先得クラスJ 3344FOP(2倍FOP)
JAL900 OKA(7:35) – HND(9:55) 国際線乗り継ぎ 4336FOP(2倍FOP)
JL37 HND(11:30) – SIN(17:35) Y+マイルでアップグレード 5368FOP

<復路>
JL36 SIN(21:50) – HND(+1 5:50) Y+マイルでアップグレード 5368FOP
JAL903 HND(7:55) – OKA(10:30)  国際線乗り継ぎクラスJ Upgrade 4728FOP(2倍FOP)
JAL908 OKA(13:30) – HND(15:50)  先得クラスJ 3344FOP(2倍FOP)

合計 26488FOP

今年のJAL JMBダイヤモンド修行の全投稿の記録は以下のリンクをご覧ください。


日本航空JL36 シンガポール - 羽田 ボーディング

日本航空JL36 シンガポール – 羽田 ボーディング

カンタス航空の受付の方が言っていた通りかなり遠くに感じたゲートも程なく到着です。ただし、シンガポールはゲート前に手荷物検査があるので、そこでかなり時間を要した為ファイナルコールになってしまいました。

まぁ乗り遅れることはないのですが、ゲート前の手荷物検査は少し面倒です。

JA701J B777-200 Boeing777-246/ER 32889/410 2002/07

JA701J B777-200 Boeing777-246/ER 32889/410 2002/07

この飛行機は今回シンガポールに来る時と同じ飛行機、、それと昨年バンコクからの帰りにのった飛行機です。

行きも今回も同じ3Kの座席なので、同じ飛行機の同じ座席に座って往復することになりました(笑)こんなこともたまにあります。

そもそも右側の前の方の座席が好きなので、それも同じ座席に座る確率を上げているのかもしれません。

チャンギ空港離陸!

チャンギ空港からの出発は22:00。ターミナルビル以外は真っ暗です。

このぐらいの出発だと、まだターミナルには出発準備中の飛行機が多数あります。

やはりこれぐらい活気があると空港らしくて良いですね。成田なんてこのぐらいの時間になると誰もいなくなりますからね。

夜の空港はターミナルビルや誘導灯の明かりしか見えませんが、なかなか綺麗です。

離陸後の街の明かりの瞬きが星のようで良いです。

スポンサーリンク

日本航空JL36 シンガポール – 羽田 ビジネスクラス 機内食

深夜便なので、離陸後は寝る前の軽食が出て、到着前に朝ごはんです。

まぁラウンジであれだけ食べましたから軽食もいらないぐらいです。

寝る前の軽食

日本航空JL36 シンガポール - 羽田 ビジネスクラス 機内食

日本航空JL36 シンガポール – 羽田 ビジネスクラス 機内食

軽食は珍しくチキンとビーフのサテが出ました。

日本航空JL36 シンガポール - 羽田 ビジネスクラス 機内食

日本航空JL36 シンガポール – 羽田 ビジネスクラス 機内食

ただし、これは明らかにマレーシア航空の方が美味しいです。

とにかく冷えているのが一番ダメです(笑)ピーナッツソースも冷えている、、、

マレーシア航空は熱々のサテに火傷しそうなぐらい熱いピーナッツソースをかけてくれるのでそりゃめちゃくちゃ美味いのです。

これならお寿司の方が良いなぁ、、

日本航空JL36 シンガポール - 羽田 ビジネスクラス 機内食

日本航空JL36 シンガポール – 羽田 ビジネスクラス 機内食

ついでに行きに食べたチーズプレートもお願いしましたが、これも行きに食べたような感じではなく期待はずれ。

うーん、ちょっとイマイチでした。

朝食

洋定食はオムレツ アスパラガスのカルボナーラソース!いかにも胃にもたれそうなメニューだったので(笑)パスして和食にしました。

メニュー(朝食)
果物盛り合わせ
胡麻豆腐
香の物
蒲鉾 袱紗焼き
ほうれん草のお浸し

台の物
鱸の木の芽焼き

炊きたてご飯
味噌汁

日本航空 JL36 シンガポール - 羽田 ビジネスクラス 機内食

日本航空 JL36 シンガポール – 羽田 ビジネスクラス 機内食

まぁ典型的な和食の朝ごはんという感じです。

写真を撮っていたらご飯が少し乾いちゃいました(笑)

シンガポール出発が22時でご飯が夜中の3時。日本時間では朝の4時です。ずっと食べっぱなしです。

日本航空 JL36 シンガポール - 羽田 ビジネスクラス 機内食 果物盛り合わせ 胡麻豆腐 香の物 蒲鉾 袱紗焼き ほうれん草のお浸し

日本航空 JL36 シンガポール – 羽田 ビジネスクラス 機内食
果物盛り合わせ
胡麻豆腐
香の物
蒲鉾 袱紗焼き
ほうれん草のお浸し

フルーツが多いので多少胃もたれしなくて済みます(笑)

日本航空 JL36 シンガポール - 羽田 ビジネスクラス 機内食 台の物 鱸の木の芽焼き

日本航空 JL36 シンガポール – 羽田 ビジネスクラス 機内食
台の物
鱸の木の芽焼き

焼き物というか煮物?やっぱり魚の方がさっぱりしていて良いです。今早朝ですからね(笑)

もうこれ以上食べれません。さすがに大好きな「うどんですかい」も今回はパスです。

スポンサーリンク

羽田空港着陸!

羽田到着は朝の5時前です。上空では薄っすらと夜が明け始めて次第にその色を変えていきます。

今回の羽田到着は東京ディズニーランドをかすめてD滑走路に着陸です。

通常この飛行ルートだとB滑走路に着陸するのですが、、色々なルートがありますね。

国際線ターミナルまで行く途中、早朝なので国内線用の飛行機が多数駐機されています。

羽田空港では夜中は向かい合ってこういう飛行機の置き方をするんですね。初めて見ました。

早朝は動いている飛行機が無いからでしょうか、地上走行の速度が明らかに早い(笑)ガンガンとばして国際線ターミナルに向かいます。


(スポンサーリンク)

離着陸と機内の様子の動画

離着陸と機内の様子をコンパクトに動画にしましたので、よろしければご覧ください。


(スポンサーリンク)
voyaginでシンガポールで人気の体験を予約しよう
日本語対応、現地で当日でもスマホで予約・カードで支払い、QRコードでチケット引き換えができるオプショナルツアー(シンガポール)

那覇へ向かって乗り継ぎ

さて、ここで終わりではありません。

これから沖縄行きに乗り継ぎます。

国際線から国内線乗り継ぎは入国審査、通関後一旦外に出ないといけないので、ターミナル間移動はバスで移動します。

荷物は国際線ターミナルにある乗り継ぎカウンターで預けてしまいますので楽々です。

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください