ANAダイヤモンド修行2017 / Vol.28 終盤戦今年5回目の修行は今年2回目のシンガポール!全日空 NH844 シンガポール – 羽田 プレミアムエコノミークラス搭乗記

羽田空港国際線ターミナル
(広告)

シンガポールでの予定も無事に終了しこれからシンガポールから羽田を経由して沖縄、更に乗り継いでまた羽田にもどるという強行スケジュールで飛びます。

今回も那覇1泊はありません。22時20分にシンガポールを出発して羽田に14:55に到着するまで乗り継ぎ時間2時間程度で飛び続けます。

うーん、しんどい。やっぱりこんな旅行日程を組むんじゃなかったと若干後悔気味です。

今年のANAダイヤモンド修行の全投稿の記録は以下のリンクをご覧ください。


スポンサーリンク

今回は夜行便でシンガポールから羽田に戻ります。ビジネスクラスで寝ていければ幾分楽なんですけれど、やはり気圧差がありますから座っているだけでも疲れるんです。

老体には堪えます。

経路

第一区間
ANA463 HND(07:55) – OKA(10:45) プレ特28(2860pp)
第二区間
ANA2158 OKA(11:55) – NRT(14:20) M(Y)国内線乗り継ぎ(1968pp)
第三区間
NH803 NRT(16:50) – SIN(23:25) Y(Y) プレエコ(5368pp)
第四区間
NH844 SIN(22:20) – HND(06:00) Y(Y) プレエコ(5368pp)
第五区間
ANA463 HND(07:55) – OKA(10:45) M(Y)国内線乗り継ぎ+UPG(2952pp)
第六区間
ANA464 OKA(12:25) – HND(14:45) プレ特28(2860pp)

合計プレミアムポイント 21376pp

2017年総合計プレミアムポイント90021pp

スポンサーリンク

第四区間 全日空 NH844 シンガポール(22:20) – 羽田(06:00)

さて、シンガポールを出発します。真夜中なのにターミナルの中は出発や到着客でたくさんいます。成田は21にはゴーストタウンですから随分違います。やはり夜中の乗り換え需要を含めて羽田の活性化が必要だと強く感じます。

全日空 NH844 シンガポール – 羽田 プレミアムエコノミー ボーディング

全日空 NH844 シンガポール - 羽田 ボーディング

全日空 NH844 シンガポール – 羽田 ボーディング

ゲートはT2の端っこです。ラウンジのあるメインターミナルから歩いて15分はかかります。時間に余裕をみてゲートに到着する必要がりますね。

本日の機材もボーイング787−9( JA886A boeing787-9 61522/491 2016/10)

本日の機材は JA886A boeing787-9 61522/491 2016/10 でまだ真新しい機体です。リチウムイオン電池問題が解決したのかは既に昔の話になっていますから忘れかけていますが、大丈夫なのかな。

座席

JA886A boeing787-9 61522/491 2016/10 プレミアムエコノミー

JA886A boeing787-9 61522/491 2016/10 プレミアムエコノミー

この機体はプレミアムクラスが少ないようで、2−3−2で2列配置です。普通のエコノミーと比較するとシート間も広いですし、座席幅も広いのでまだましですが、夜間飛行となるとやはり疲れが取れません。

ここでもマイルを使ってアップグレードが頭をよぎりますが、今回のテーマである「修行」を念頭に少し厳しいことをしてみようと、なんの意味もなくそのまま乗り込むことにします。

スポンサーリンク

シンガポール チャンギ空港離陸

夜中のチャンギ空港はターミナル内に人がたくさんいたのに、ボーディングブリッジにある飛行機はまばらです。

それでもターミナル近くを走行している時にはSilkSAirなどの飛行機を見ることができますが、滑走路に向かうと外は真っ暗で何も見えません。

滑走中もなにも見えない(笑)上空に上がってもシンガポールの空港周辺はなにもないので真っ暗(笑)街中のきらびやかさと比較するとちょっと寂しい感じがします。

スポンサーリンク

全日空 NH844 シンガポール – 羽田 プレミアムエコノミー 機内食

離陸後配られたのはお休み前の軽食セット。

全日空 NH844 シンガポール - 羽田 プレミアムエコノミー 機内食

全日空 NH844 シンガポール – 羽田 プレミアムエコノミー 機内食

全日空 NH844 シンガポール - 羽田 プレミアムエコノミー 機内食

全日空 NH844 シンガポール – 羽田 プレミアムエコノミー 機内食

中身は何かと思えばポテトチップスとデニッシュと水。確かに映画を見ながらポテチとビールという感じでしょうか。

とりあえず寝たかったのでそのままにして仮眠をとります。

気がつくと既に朝食サービスが始まっていました

一眠りして気がつくと既に朝食のサービスが始まっています。起きたことに気がついたCAさんが朝食を持ってきてくれます。

和食と洋食ということだったので、今回は和食にしてみます。

全日空 NH844 シンガポール - 羽田 プレミアムエコノミー 機内食

全日空 NH844 シンガポール – 羽田 プレミアムエコノミー 機内食

全日空 NH844 シンガポール - 羽田 プレミアムエコノミー 機内食

全日空 NH844 シンガポール – 羽田 プレミアムエコノミー 機内食

まぁそれなりに食べられます。もう少しトッピングをどうにかしてほしいですね。以前食べたお魚系のおかゆは生臭くて食べれませんでしたが、今回は大丈夫。(ビジネスクラスでそれでしたから閉口しました)

全日空 NH844 シンガポール - 羽田 プレミアムエコノミー 機内食

全日空 NH844 シンガポール – 羽田 プレミアムエコノミー 機内食

なぜかお蕎麦とフルーツです。

可もなく不可もなくですが、

フルーツは今ひとつ美味しくありません。

シンガポールは南国のイメージがあるのでフルーツが美味しい気がしていたのですがそうではないようです。確かに全て輸入品ですからね。

全日空 NH844 シンガポール - 羽田 プレミアムエコノミー 機内食

全日空 NH844 シンガポール – 羽田 プレミアムエコノミー 機内食

デザートは手抜きのチョコレート菓子です。

家に持ち帰って食べることにします。

全日空 NH844 シンガポール - 羽田 プレミアムエコノミー 機内食

全日空 NH844 シンガポール – 羽田 プレミアムエコノミー 機内食

ついでにカップ麺のお蕎麦ももらいます。これ入れ替えをしないようが良いんじゃないかなぁ、、どん兵衛の容器そのままでも大丈夫だから余計な手間はいりません。

スポンサーリンク

羽田空港着陸

早朝の羽田空港は真っ暗です。真っ暗なのでどこを飛んでいるのかわかりません。突然D滑走路が出てきて、それを右手に見ながらA滑走路に着陸します。格納庫の中に整備中のANAの機体も見えます。

羽田空港国際線ターミナル

羽田空港国際線ターミナル

ターミナルに着いてもまだ動き出している飛行機はありませんね。出発準備中です。そりゃそうです、朝の6時ですからまだ出発便すらありません。

せっかく羽田に到着したのですが、これから7時55分発の那覇行きに乗るために国内線ターミナルへ移動です。

スポンサーリンク



関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください