JALダイヤモンド修行を兼ねてシンガポールへ / Vol.5 シンガポール チャンギ国際空港を散策 ”Project Jewel”建設中 

チャンギ空港
(広告)

シンガポール チャンギ空港に到着して直ぐに地下鉄でホテルに向かっても良かったのですが、なんとなく空港の散策をしてみたくなったので少しうろついてみました。

巨大なターミナルの中にはアジア、中東、欧米の様々な人が行き交っていてまさに交通のハブになっている感じがします。

特にターミナル3に行くとそこは中東系のエアラインが集まっていますので必然的にアラブっぽい方々が多くなっています。

T1からT3に移動中になにやら巨大な建造物を建築中です。調べて見ると、、壮大なプロジェクトが進行中でした。

どうやらシンガポールは空港もアミューズメントパークにしてしまうようです(笑)

旅行期間 2017/06月
エリア  シンガポール
テーマ  街歩き。食べ歩き、JAL修行

目次
・Vol.1 6月はJAL FOP2倍月間に設定 JAL915 羽田 – 沖縄 搭乗記
・Vol.2 修行の定番!那覇発東京経由シンガポールへ 那覇空港JALサクララウンジ&JAL900 那覇 – 羽田 搭乗記
・Vol.3 羽田でシンガポールへ乗り継ぎ 羽田空港JALファーストクラスラウンジ
・Vol.4 一路シンガポールへ!JL37 羽田 – シンガポール ビジネスクラス搭乗記
・Vol.5 シンガポール チャンギ国際空港を散策 ”Project Jewel”建設中
・Vol.6 Sheraton Towers Singapore宿泊記
・Vol.7 ホーカーズを食べ歩き〜Newton Food Centre、Toa Payohショッピングモール、Maxwell Food Center(チャイナタウン)〜
・Vol.8 電車とバスで簡単に行けるマレーシア。ジョホールバル(JB)に行ってみた。
・Vol.9 タダでは無いけれど圧巻のナイトショー「ウィングス・オブ・タイム (Wings of Time)
・Vol.10 アミューズメントパークのような ‘Bugis junction’ と カジュアルな ‘Bugis+’、 アジアンテースト満載の’Bugis street’ を散策
・Vol.11 Changi Airport Terminal1 British Airways Lounge 訪問記
・Vol.12 Changi Airport Terminal 1 Qantas Singapore Lounge 訪問記 カンタス航空のラウンジは広大だった!
・Vol.13 日本航空JL36 シンガポール – 羽田 ビジネスクラス 搭乗記
・Vol.14 急いで那覇行に乗り継ぐ 日本航空 JAL903 羽田 – 沖縄 搭乗記
・Vol.15 今回は宿泊なし!乗り継ぎ便出発まで飛行機を見て楽しむ 〜那覇空港 飛行機コレクション〜
・Vol.16 日本航空 JAL908 那覇 – 羽田 搭乗記

<往路>
JAL915 HND(12:15) – OKA(15:00) 先得クラスJ 3344FOP(2倍FOP)
JAL900 OKA(7:35) – HND(9:55) 国際線乗り継ぎ 4336FOP(2倍FOP)
JL37 HND(11:30) – SIN(17:35) Y+マイルでアップグレード 5368FOP

<復路>
JL36 SIN(21:50) – HND(+1 5:50) Y+マイルでアップグレード 5368FOP
JAL903 HND(7:55) – OKA(10:30)  国際線乗り継ぎクラスJ Upgrade 4728FOP(2倍FOP)
JAL908 OKA(13:30) – HND(15:50)  先得クラスJ 3344FOP(2倍FOP)

合計 26488FOP

今年のJAL JMBダイヤモンド修行の全投稿の記録は以下のリンクをご覧ください。


スポンサーリンク

シンガポール チャンギ国際空港に到着

到着後はそのままホテルに向かっても良かったのですが、なんとなく空港の中をうろついてみました。

アーリーチェックインのカウンターを確認

帰国便は深夜便なので、ホテルのチェックアウトをレイトチェックアウトにしてもらってもまだ時間があまります。

そんな時に便利なのが空港の「アーリーチェックイン」です。

カウンターがまだオープンしていなくてもなんとチェックインできちゃいます。

これは便利です。確かに成田や羽田の国際線は常にチェックインできますから早めに空港に行っても困らないのですが、海外発だと大体チェックインが出発の3時間前ぐらいからですからそれまで待たなければなりません。

こんなサービスはあまり経験がありません。

シンガポール チャンギ空港公式HP

アーリーチェックイン場所

ターミナル1:ROW5近く

ターミナル2:ROW7

ターミナル3:ROW10

今回は帰国便もJALなのでターミナル1の出発階にいってみます。

チャンギ空港

チャンギ空港

アーリーチェックインはROW5の後ろ側のようです。

チャンギ空港 Premier Check-In

チャンギ空港 Premier Check-In

ありました。この右側から航空券のeチケを見せて入ると各航空会社毎にカウンターがあってそこで手続きができます。

こちらはビジネスクラス以上のチェックインカウンターで、、

チャンギ空港  Early Check-In Lounge

チャンギ空港  Early Check-In Lounge

プレミアチェックインラウンジのお隣には通常のアーリーチェックインカウンターがあります。

チャンギ空港 early Check-In

チャンギ空港 early Check-In

ただし、アーリーチェックインラウンジが使用できる条件があるようです。

7名以上のグループのチェックインやスタッフ専用航空券、超過荷物、旅程変更などのややこしい案件は処理できないようですね。

T1からT3へ移動

巨大なターミナルはスカイトレインというモノレールで接続されています。これはすごくわかりやすくて便利。

チャンギ空港

チャンギ空港

巨大空港でも彷徨い歩くことはありません。

スポンサーリンク

“Project Jewel”が進行中

T1にはMRTの駅はありませんのでT3まで移動してMRTの乗って市内に向かいます。

ターミナル間移動のスカイトレインに乗っていると、ターミナルに囲まれた中央部分に何やら巨大な繭のような建物を建設中です。

これはなんだろう、、と気になっていたのですが、帰国して調べて見るとすごいプロジェクトが進行しているようです。

その名も”Project Jewel”。

チャンギ空港

チャンギ空港

どうやらここには滝や巨大な庭園、ショップやアミューズメント施設などができるようです。

もちろんターミナルの間に作られるので、T1〜T3までのターミナルも接続されて更に利便性がますのでしょう。

2013年に公募が行われ、デザインはマリーナベイサンズをデザインしたイスラエル系カナダ人建築家、モシェ・サフディ氏が指導にあたります。

完成は2018年!来年か、、、すごく楽しみです。

スポンサーリンク

T3デカイ!

チャンギ空港

チャンギ空港

JALの到着するT1からMRTに乗るためにT3に来ましたが、チェックインカウンターロビーの広々としていること!

Terminal3は以下の航空会社が入っています。

ニュージーランド航空
アシアナ航空
中華航空
中国東方航空
エバー航空
ガルーダインドネシア航空
ジェットエアウエイズ
カタール航空
サウジアラビア航空
スリランカ航空
ベトナム航空
シンガポール航空(東南アジア、南アジア以外の全便)

なるほど、シンガポール航空のメインターミナルですから巨大なのも納得です。

さて、うろうろするのもこれぐらいにしてホテルに向かいます。

スポンサーリンク



関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください