JALダイヤモンド修行を兼ねてシンガポールへ / Vol.4 一路シンガポールへ!JL37 羽田 – シンガポール ビジネスクラス搭乗記 

日本航空 JL37 羽田 - シンガポール ビジネスクラス機内食
(広告)

ラウンジで速攻で朝食を食べましたが、上空でもまだ食べます(笑)おまけにシャンパンとワイン2杯も飲んでしまいました。普段はあまり飲まないのですが、あれば飲み食いしてしまいます(笑)

夕食はほどほどにしないとカロリーオーバーになってしまいますね。

JALのステーキは相変わらず美味しいのと、今回はチーズプレートに感動してしまいました。もう一回食べてみたいなぁ。次回は、、いつになることやら。

旅行期間 2017/06月
エリア  シンガポール
テーマ  街歩き。食べ歩き、JAL修行

目次
・Vol.1 6月はJAL FOP2倍月間に設定 JAL915 羽田 – 沖縄 搭乗記
・Vol.2 修行の定番!那覇発東京経由シンガポールへ 那覇空港JALサクララウンジ&JAL900 那覇 – 羽田 搭乗記
・Vol.3 羽田でシンガポールへ乗り継ぎ 羽田空港JALファーストクラスラウンジ
・Vol.4 一路シンガポールへ!JL37 羽田 – シンガポール ビジネスクラス搭乗記
・Vol.5 シンガポール チャンギ国際空港を散策 ”Project Jewel”建設中
・Vol.6 Sheraton Towers Singapore宿泊記
・Vol.7 ホーカーズを食べ歩き〜Newton Food Centre、Toa Payohショッピングモール、Maxwell Food Center(チャイナタウン)〜
・Vol.8 電車とバスで簡単に行けるマレーシア。ジョホールバル(JB)に行ってみた。
・Vol.9 タダでは無いけれど圧巻のナイトショー「ウィングス・オブ・タイム (Wings of Time)
・Vol.10 アミューズメントパークのような ‘Bugis junction’ と カジュアルな ‘Bugis+’、 アジアンテースト満載の’Bugis street’ を散策
・Vol.11 Changi Airport Terminal1 British Airways Lounge 訪問記
・Vol.12 Changi Airport Terminal 1 Qantas Singapore Lounge 訪問記 カンタス航空のラウンジは広大だった!
・Vol.13 日本航空JL36 シンガポール – 羽田 ビジネスクラス 搭乗記
・Vol.14 急いで那覇行に乗り継ぐ 日本航空 JAL903 羽田 – 沖縄 搭乗記
・Vol.15 今回は宿泊なし!乗り継ぎ便出発まで飛行機を見て楽しむ 〜那覇空港 飛行機コレクション〜
・Vol.16 日本航空 JAL908 那覇 – 羽田 搭乗記

<往路>
JAL915 HND(12:15) – OKA(15:00) 先得クラスJ 3344FOP(2倍FOP)
JAL900 OKA(7:35) – HND(9:55) 国際線乗り継ぎ 4336FOP(2倍FOP)
JL37 HND(11:30) – SIN(17:35) Y+マイルでアップグレード 5368FOP

<復路>
JL36 SIN(21:50) – HND(+1 5:50) Y+マイルでアップグレード 5368FOP
JAL903 HND(7:55) – OKA(10:30)  国際線乗り継ぎクラスJ Upgrade 4728FOP(2倍FOP)
JAL908 OKA(13:30) – HND(15:50)  先得クラスJ 3344FOP(2倍FOP)

合計 26488FOP

今年のJAL JMBダイヤモンド修行の全投稿の記録は以下のリンクをご覧ください。


日本航空 JL37 羽田 – シンガポール ビジネスクラス搭乗記

昨年バンコクからの帰国便で乗った機材と同じですが、今回も「JAL SKY SUITE Ⅲ」です。

この座席、フルフラットになってプライバシーも確保されているのでまずまず快適なのですが、若干圧迫感があります。それでもフルフラットの効果は絶大でかなり楽ができます。

もちろん直接購入しているわけではなく、エコノミーのチケットを購入してマイルでアップグレードしています。

片道18000マイル(JMBステータスを持っている人には20000マイル引き落とされて約3ヶ月後に2000マイル戻ってくるという不思議なキャンペーンをやっています)です。ただし、片道乗ると6500マイルほど搭乗マイルが取得できますので、実質12500マイル程消費したことになります。実際の金額に換算すると約25000円(1マイル2円換算)でエコノミーからビジネスにアップグレードできるという計算になります。

往復だと5万円、、、これだけあれば台湾行けちゃいますが、まぁ楽ができるので良いとしましょう。

シート

JAL SKY SUITE Ⅲ

JAL SKY SUITE Ⅲ

JALは東南アジアや中距離はこの座席がメインで入れ替えを進めているようです。全席直接通路に出られるので、隣の人に気兼ねなく席を立てるのも気楽で良いです。

JAL SKY SUITE Ⅲ

JAL SKY SUITE Ⅲ

モニターもいつの間にか巨大化しています。ただ一つ難を言えば、左側の収納式のテーブル。これ結構動きがスムーズなので、格納するときバタン!と勢い良く閉まることが多いのです。しかもこの壁の向こうは前のお客さんの頭の横、、、バッタンバッタンするととてもうるさい(笑)

JAL SKY SUITE Ⅲ

JAL SKY SUITE Ⅲ

コントローラーは標準タイプです。このコントローラー使いにくい、、、というのも、文字が小さすぎて暗くなると途端に見えなくなるのです、、そう、老眼にがきついのです!

JAL SKY SUITE Ⅲ

JAL SKY SUITE Ⅲ

座席横の小物入れは便利です。小さいものは散らかっちゃうので、ここに全部入れちゃいます。

今日は既に水がセットされています。確かにこの方が離陸前にちょっと水が欲しいときに便利です。今回初めて体験しました。

JAL SKY SUITE Ⅲ

JAL SKY SUITE Ⅲ

座席に到着して荷物の収納や必要な身の回りのものを準備して、、一服したところでおしぼりが配られます。これも嬉しいサービスです。

スポンサーリンク

羽田空港離陸!

さてシンガポールへ向けて出発します。

本日の羽田空港は相変わらず国内線、国際線の飛行機が多数行き交っていてやっぱり混雑しています。

本日はA滑走路からの離陸で、離陸後は東京湾の工業地帯を眺めながら一気に上昇していきます。

右旋回して進路を南に向けた後は横浜みなとみらい地区のビル群や江ノ島をかすめて一路シンガポールへ向かいます。

今日は薄っすらと霧がかかったような感じで富士山も薄っすらとしか見えませんが、それはまた違った見え方がして趣があります。

スポンサーリンク

日本航空 JL37 羽田 – シンガポール ビジネスクラス機内食

さて機内食の時間です。

今回も洋食をチョイスします。

和食は和牛牛タンシチューと銀鱈の味噌漬けです。こちらも良さそうですが、美味しいステーキが食べられるときは私はステーキ一択です(笑)

メニュー(昼食)
オードブル
槍烏賊グリルとクスクスの冷製

メインディッシュ
和牛サーロインステーキとキャビアオーベルジーヌ
シャンピニオンのソース

メゾンカイザー特製パン
ハーブのプチパン コンプレのプチパン

デザート
三重県産夏蜜柑のプリン

日本航空 JL37 羽田 - シンガポール ビジネスクラス機内食 シャンパーニュ Charles Heidsieck Brut réserve N.V.

日本航空 JL37 羽田 – シンガポール ビジネスクラス機内食
シャンパーニュ
Charles Heidsieck Brut réserve N.V.

まずはシャンパンを頂きます。普段は飲みませんからね(笑)こんなときぐらいしか飲む機会はありません。

日本航空 JL37 羽田 - シンガポール ビジネスクラス機内食

日本航空 JL37 羽田 – シンガポール ビジネスクラス機内食

おつまみはいつものドライ納豆とミックスあられ。これ乾きものじゃなくてせめて枝豆とかにならないかなぁ、、(笑)

前菜

日本航空 JL37 羽田 - シンガポール ビジネスクラス機内食

日本航空 JL37 羽田 – シンガポール ビジネスクラス機内食

日本航空 JL37 羽田 - シンガポール ビジネスクラス機内食 オードブル 槍烏賊グリルとクスクスの冷製

日本航空 JL37 羽田 – シンガポール ビジネスクラス機内食
オードブル
槍烏賊グリルとクスクスの冷製

盛り付けも綺麗だし、美味しいです。柔らかい烏賊がたくさん。クスクスとも合います。もう少し野菜があってもよかったかもしれませんが、味わい深い一皿です。

日本航空 JL37 羽田 - シンガポール ビジネスクラス機内食 メゾンカイザー特製パン ハーブのプチパン コンプレのプチパン

日本航空 JL37 羽田 – シンガポール ビジネスクラス機内食
メゾンカイザー特製パン
ハーブのプチパン
コンプレのプチパン

色々な名前が付いていますが、よく分かりません(笑)ただ、ハーブパンはほんのりハーブの香りがして美味しいです。ついでにオリーブオイルが添えられているとなお良いです。

あ!しまった。炊きたてご飯ももらっとくんだった(笑)

メインディッシュ

日本航空 JL37 羽田 - シンガポール ビジネスクラス機内食 メインディッシュ 和牛サーロインステーキとキャビアオーベルジーヌ シャンピニオンのソース

日本航空 JL37 羽田 – シンガポール ビジネスクラス機内食
メインディッシュ
和牛サーロインステーキとキャビアオーベルジーヌ
シャンピニオンのソース

やっぱり美味しいJALのステーキ。その辺のレストランで出されるものよりもずっと美味しい(笑)

お肉の下にはキャビアオーベルジーヌが敷かれていますが、これキャビアじゃなくて茄子を蒸し焼きにしてペースト状にしたものだったんですね、、知らなかった(笑)てっきりあのキャビアかと思ってしまいました。

キャビア・ド・オーベルジーヌとはフランスのナス料理のようで、蒸し焼きで色ついた茄子の種がキャビアのように見えることからその名前がついたようです。

お好みでソースの量を調節できますし、何と言ってもお肉の火の入れ方が絶妙です。

やっぱりJALステーキ美味しい(笑)

一緒に頂いたのは赤ワイン

「Kleine Zalze Vineyard Selection Pinotage 2015」

南アフリカのワインということで珍しいです。解説を読んでみると、「スモーキーでスパイシーな風味を持っているミディアムボディのワイン」ということです。

細かい味わいはわからないのですが(笑)確かに少しスパイシーな味のする重めのワインです。

調子に乗って更にワインと食後のチーズを食べる

メインの後はデザートなのですが、ここでCAさんの「チーズの盛り合わせはいかがですか?」という言葉に惑わされ(笑)追加のワインと一緒にお願いしてしまいました。

日本航空 JL37 羽田 - シンガポール ビジネスクラス機内食 チーズの盛り合わせ

日本航空 JL37 羽田 – シンガポール ビジネスクラス機内食
チーズの盛り合わせ

これがびっくりなんです。

左からチーズの味噌漬け!、カマンベールチーズ、名称不明のチーズですが、それぞれにナッツやブルーベリーソース、クラッカーが添えられています。

それぞれを一緒に食べて見ると、、、これが合うんです!

カマンベールとブルーベリーソースが合うとは思いませんでしたし、一番左のなにやら緑色の不思議なチーズはなんとなくわさびっぽい味がしたのですが、後で聞いて見ると味噌漬けだということでした。

これも初めて食べたので驚きました。帰りも食べよう!と思ったのですが、帰りは普通のチーズの盛り合わせだったので少し残念。この時にもうちょっと食べておくんだったと若干後悔です。

一緒に頼んだのは同じく別の銘柄の赤ワイン

「Formation Monterey Pinot Noir 2014」です。

カルフォルニアモントレーのワインです。「優しく甘やかな果実感とフレッシュな酸味のバランスが良いライトな味わい」のワインだということです。確かに先ほどのものと比べると随分とさっぱりして飲みやすい。ちょっと飲み比べをすると違いがよく分かります。

逆に同時に比べないと味の違いはわかりませんが(笑)

ということで今までになく飲みすぎてしまいましたが美味しくお食事を終えることができました。

日本航空 JL37 羽田 - シンガポール ビジネスクラス機内食 デザート 三重県産夏蜜柑のプリン

日本航空 JL37 羽田 – シンガポール ビジネスクラス機内食
デザート
三重県産夏蜜柑のプリン

うーん、このデザートはいつもの驚きはありません(笑)最近JALのデザートにびっくりするのですが、これはマーマレードのような味のするプリンです(笑)

梅雨前線の影響で若干揺れがひどかったのでコーヒーがこぼれてしまっていますが、気がついたCAさんがすぐに変えてくれました。

というか、、こんなときはスタバのキャップ付きのカップでも全然OKなんですけどね。無理に陶器のカップに入れなくても(笑)

着陸前にはやはりこれでしょう!「うどんですかい」

日本航空 JL37 羽田 - シンガポール ビジネスクラス機内食

日本航空 JL37 羽田 – シンガポール ビジネスクラス機内食

5時間の飛行を終えシンガポールに近づいてきました。

やはり到着前のお食事といえば「うどんですか」でしょう(笑)

普段カップ麺はあまり食べないのですが、ここぞとばかりに食べます。これ好きなんです(笑)

でもってアイスクリームも、、

日本航空 JL37 羽田 - シンガポール ビジネスクラス機内食

日本航空 JL37 羽田 – シンガポール ビジネスクラス機内食

座席に座ったままでハイカロリーのお食事を沢山食べて、、今日はこれから先少し食事を控えます(笑)

スポンサーリンク

チャンギ空港着陸!

到着はシンガポール時間で夕方です。

陸地が近くなってくると、そこは密林地帯。空港が近くなってくると次第に工場地帯に変わります。

シンガポールは国土が小さいのでビルばかりだと思っていましたが、こう見るとまだまだ緑が沢山あります。

また、タンカーが行き交う姿はまさしく港湾都市です。

チャンギ空港はシンガポール航空の本拠地なので駐機場にも多数のA380がスタンバイしています。

そうそう、羽田の時も若干気になっていましたが、地上走行のスピードが速めです(笑)着陸後はガンガン飛ばしてゲートへ向かいます。

チャンギ空港はターミナルが3つありますが、JALはTerminal1に到着です。お隣のスポットにはカンタス航空。帰りはカンタスのラウンジに行こうと思っています。

離着陸と機内の様子の動画

離着陸と機内の様子をコンパクトに動画にしましたので、よろしければご覧ください。

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください