マリオットボンヴォイアメックス発行開始!SPG AMEXから更新するかどうかを考えてみた 年間150万円以上の決済をしないと従来の特典は受けられない!? 

SPGからMarriott Bonvoyへ
(広告)

日本でもマリオットボンヴォイアメックス(Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カード)が2022年2月8日に正式に発表になりました。

ちょっと年会費高いけど使い方次第ではお得感のあったSPGアメックスの後継のカードで、従来の会員は強制的に移行となります。

筆者もSPG AMEXを使っているのですが、今回のアップデートでメリットが全てなくなったので解約する方針にしました。

ところが、、

更新タイミングが絶妙であと一年は年会費据え置き、継続時無料宿泊特典も付与してくれることになりました(笑)


スターウッドからマリオットへ完全統合?

筆者はスターウッドプリファードゲスト(SPG)のホテルを使って結構経つのですが、途中マリオットとの統合(吸収?)の荒波に揉まれながら今に至ります。

2017年にSPGアメックスカードを作ってから早5年。

欧米で発行が既に開始されていたマリオットボンヴォイアメックス(Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カード)に日本も切り替わることが発表されました。

Marriott Bonvoy アメリカン エクスプレス プレミアムカード

Marriott Bonvoy アメリカン エクスプレス プレミアムカード

これで完全にSPGの名前が消えるってことですかね〜

ちょっと感慨深いです。

SPGアメックスはマリオットボンヴォイアメックスプレミアムに強制移行

日本ではSPGアメックス(スターウッド プリファードゲスト アメリカン・エキスプレスカード)が海外旅行好きな人に人気でした。

SPG AMEX

SPG AMEX

年会費は少し高いけれど各方面でそれなりに刺さるちょっとお得な特典が満載だったからなのです。

・継続時無料宿泊特典が付与(海外で使えば年会費を回収できる(笑))

・カード年会費を払っていればゴールドステイタス付与。(ちょっと贅沢できる)

・航空会社マイルへの還元率が1.25%でマイルを貯めるカードとしても優秀

マイル派にもホテル大好きな人にも刺さる絶妙なカードだったのです。

2019年香港に行ったときはJWマリオットに一泊だけ(笑)無料宿泊しました。

2020年ハワイに行ったときもマリオットに2泊して、一泊分は無料宿泊できました。

いつもこんなに豪華なホテルには泊まれませんが(笑)まぁたまには泊まってみるのもいいかなぁ〜って感じです。

こんな感じでお世話になっていたSPGアメックスですが、マリオットボンヴォイアメックス(Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カード)が日本でも発表されたということでどうなるかと思っていました。

発表を見ると、、今までのSPG AMEXホルダーはマリオットボンヴォイアメックスプレミアムカードに強制切り替えになるという発表がありました。

年会費はなんと15000円UP!

それに見合ったサービス内容になっていれば良いのですが実際に内容を見るとちょっと、、

メリットが見出せない(笑)って感じになってきました。

私の個人的な判断は?継続?解約?

この発表で賛否両論あるようですが、個人的には筆者の使い方ではメリットが見出せません(笑)

細かいサービスはたくさんあって注釈がたくさん付くのですが(笑)、特に影響のある特典をざっくり比較してみます。

注釈がある(条件がある)ってのは使いにくいんですよね〜

SPG AMEX Marriott Bonvoy

AMEX プレミアム

Marriott Bonvoy

AMEX

年会費

34100円(税込) 49500円(税込) 23100円(税込)
日常決済ポイント還元 100円=3ポイント 100円=3ポイント

100円=2ポイント

付帯ステイタス ゴールドエリート ゴールドエリート シルバーエリート
継続時無料宿泊特典 無料宿泊

(50000ポイントまで)

150万円決済で無料宿泊

(50000ポイントまで)

150万円決済で無料宿泊

(35000ポイントまで)

日常決済マイル還元 100円=1.25マイル 100円=1.25マイル

100円=0.83マイル

SPGアメックスも年会費は高いなぁ〜とは思っていましたが、今回15000円UPになるのは正直びっくりです。

これではJCB THE CLASSの年会費とほぼ同じです。

実際問題「JCB THE CLASS」はカードを更新するとディズニーとかUSJのチケットなど大体2万円分ぐらいのものをもらえますから年会費負担がとてつもなく大きいって感じでもないのです。

さらに同行者も使えるプライオリティパスも付いてくるし、、結構サービスが手厚いのです。

今回強制移行されるMarriott Bonvoyプレミアムカード以外に年会費を抑えた通常カードもありますが、、それも年会費23100円になっていて、それに見合った特典があるかと言えばちょっと微妙です。

日常決済のポイント還元率とマイル還元率は従来のSPGアメックスと同等。

ここは改悪はないようです。

ステイタスに関しては利用状況に応じてステイタスUPの特典もありますが、月間12.5万円を毎月継続的に決済するって、、本当に日常全ての支払いをこのカードにおまとめしないと無理なんじゃない?(笑)

もっとも、そもそも筆者はSPG時代からずっとスターウッド系のホテルを使っていて既にライフタイムゴールド!になっています(笑)

カードがなくてもゴールドステータスがマリオットになっても引き継がれているのでこの特典はどうしても必要なものではないのです(笑)

一番不満なのは継続時無料宿泊特典が廃止されたこと。

正確には150万円の決済をしないと継続時無料宿泊特典がもらえないという大改悪になってしまったことです。

そもそも高額年会費を飲んだのは継続時の無料宿泊特典があったからです。

ハワイや香港などのホテルの高い都市では無料宿泊特典で利用できる50000ポイントで宿泊できるホテルってのは大体300米ドル〜400米ドルほどします。

今までは継続時無料宿泊特典で十分カード年会費と相殺できていたのです。

もっとも、、通常の旅行ではそんなに高いところに泊まり歩くわけでもないのでまぁ年に一回のご褒美宿泊(笑)で利用していたわけですが、、、

それがなくなって150万円利用しないともらえないということになってしまいました。

5万円近い年会費を払った上でさらに日常決済を毎月12.5万円近く使わないといけないって、、、

決済が多様化してその都度お得な支払い方法が変わる中で一枚のカードに支払いをまとめるってのは無理ゲーです。

これが決定打になって個人的には新しくなったMarriott Bonvoy AMEX プレミアムカードは年会費が高いだけのカードになってしまったので素直に解約することにしました。

カード解約した時に注意すること

カードを解約した時に注意すること、それは、、マリオットポイントが失効しないようにチェックを忘れないこと。

マリオットポイントから航空会社のマイルへボーナスポイントを加味すると1.25%還元となるのでマイルを貯めるカードとしても非常に優秀です。

このマリオットポイントは2年間の間に変動があった場合にはポイント有効期限が延長されるのでカードを使用している限り失効する心配がありません。

航空会社のマイルはもらってから3年で失効するので、マリオットポイントで貯めておいて必要に応じて各航空会社に変換することで効率よくマイルを使うことができるのです。

カードを解約した場合はポイントが失効しないように毎年ホテルに宿泊してポイントを獲得するか使うしかないわけです。

まぁそれぐらいでしょうか。

年数回ぐらいはマリオット系のホテルに、、泊まるかなぁ?(笑)

自由に海外に渡航できれば使うんですけどね〜どうでしょう。

従来会員の切り替え時期は?年会費支払いが4月までの人は今までと同じ年会費になるかも

筆者にとっては切り替え後の条件が悪すぎるので解約することにしたのですが、問題は解約時期。

実は筆者のカードは今年2022年4月にカードの更新時期がちょうどやってきます!

このまま放置していると色々個人的に不満のある「Marriott Bonvoy AMEX プレミアム」が高額年会費の請求と共に自動的にやってきます(笑)

というわけで、いつ解約したら良いかAMEXにお電話してみました。

すると、、解約の場合は4月22日までに解約の申し出をすれば良いことがわかりました。

ただ、、年会費の更新は5月22日〆(4月23日〜5月22日利用分)で6月10日支払い分から新会費になるので4月22日に年会費請求予定の筆者の場合は旧会費であと一年利用できることがわかりました!

しかも、、継続時無料宿泊特典付きです(笑)

これは継続ということで、、、(笑)

年会費改定のタイミング(AMEX HPより抜粋)

年会費改定のタイミング(AMEX HPより抜粋)

これがとってもわかりにくいんですよね(笑)

おそらく一番正確に言うとこうなるんでしょうが、「2022年5月11日以降請求分」って何?って感じです。

平たく言えば、筆者の場合は22日締めの翌月10日引き落としなので、「5月11日以降の請求分」ってのは「6月分の引き落とし」ということなのです。

(コールセンターの方も説明の時にわかりにくいので「6月分の引き落とし」で説明するようにしたと言っていました)

(追記)このAMEXの締め日に関してはどうやら顧客それぞれで異なるようです。

だから5月11日行こうの請求分という表現になったんですね、、

自身の締め日を確認するにはWEBで確認するかコールセンターに確認する必要があります。

筆者の場合は6月分の引き落としは4月23日〜5月22日までの利用分なので、、4月22日に会費支払いが発生する筆者の場合はあと一年猶予があるわけなのです。

本当にギリギリのタイミング!

ということで、おそらく4月までにカードの年会費支払いがある会員に関してはあと一年は今までと同じ会費で継続時無料宿泊特典がそのままもらえます(笑)

詳細は会員ごとに条件が違うのでカード裏面のコールセンターに電話してみると良いでしょう。

残念ながら5月以降更新の場合は新年会費が適用されます。

ということで、あと一年だけ解約を延長することになりました!(笑)

カードデザインも変わった新しいカードもやってくるので楽しみです(笑)

運が良かったというか、、解約タイミングを逃したというか(笑)

今保有しているSPGアメックスでもらった無料宿泊特典はカード解約するとどうなる?期限は?

昨今の状況でここ2年程海外に出ることができず使うことはできていなかったSPGアメックスでもらった継続時無料宿泊特典。

マリオットのご厚意で(笑)期限が延長して頂きまして有効期限が6/30になっています。

もう延長してくれないでしょうね〜

さて、この特典ってカード解約したらどうなるのか??

この特典は特典をもらった時点でカードとは関係なくマリオットに移行されていて、カードを解約しても保有している無料宿泊特典がなくなることはありません。

(AMEXとマリオットコールセンター確認済み)

でもって、筆者も昨年、一昨年ともらった無料宿泊が2泊ほどあるのですが、この有効期限についてマリオットに確認してみました。

すると、、6月30日チェックイン分まで有効ということでした。

ということは、、GWにでもどこか2泊ほど泊まりに行こうかな(笑)

海外に出られそうにないので国内でどこか良さげなところに。。。

まとめ

たまには高級ホテルにも泊まってみたいし、マイルも貯めたい!みたいな人に大人気だったSPGアメックスカードですが、新しくMarriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カードに生まれ変わりました。

年会費は上がるし継続時無料宿泊特典も無くなるし、、メリットが半減どころかなくなってしまったので(笑)解約することにしました。

ただ、筆者の場合、4月が更新月だったことが幸いし、年会費と無料宿泊特典はそのまま一年更新することができました。

まぁ来年はもう更新することはないですね(笑)

昨年デルタゴールドアメックスを解約して来年SPGアメックスも解約することになるとAMEXブランドのカードが手元から全てなくなることになります。。。

まぁ別に他のカードがあるから困ることはないんですけどね(笑)

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • 実はカードつくったばかりでした。
    え~~~って感じですです。
    締日ですが、私アメックスに電話して21日と聞きました。
    23日が正しいのでしょうか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください