初めての古都スコータイ。ロイクラトンのお祭りはどこも華やかだった / Vol.3 マレーシア航空 MH780 クアラルンプール – バンコク ビジネスクラス搭乗記

LoyKrathong2017_03
(広告)

クアラルンプールでの乗り継ぎ時間は1時間!

広大なクアラルンプール空港ですが、これが意外といけちゃいます。

乗り継ぎの飛行機はいつもの小さなB737でボロいシートのはず、、と思っていたのですが、機内に入ってびっくり。

さっき乗ってきた最新型のシートです!

どうやら機材変更したようで、よく見てみると飛行機が大きくなってる(笑)

とは言うものの、クアラルンプールからバンコクへ行く飛行機のビジネスクラスはいつも空いているので今日も座席はすかすかです(笑)

なんか意外な出来事にびっくりですが、まぁこんなこともあるんですね。。

というか、機材変更の連絡なんて聞いてないぞ?

旅行期間 2017/11月
エリア  タイ(バンコク・スコータイ・チェンマイ)
テーマ  お祭り、街歩き、食べ歩き

目次
・Vol.1 再び成田から旅立つ!日本航空 ファーストクラスラウンジで朝ごはん
・Vol.2 マレーシア航空 MH89 成田 – クアラルンプール ビジネスクラス 搭乗記
・Vol.3 マレーシア航空 MH780 クアラルンプール – バンコク ビジネスクラス搭乗記
・Vol.4 フォー ポイント バイ シェラトン バンコク スクンビット 15 (Four Points by sheraton BANGKOK) 宿泊記
・Vol.5 バンコクエアウエイズ PG209 バンコク – スコータイ 搭乗記
・Vol.6 パイリン ホテル (Pailyn Hotel)スコータイ 宿泊記
・Vol.7 スコータイ・ロイクラトン&キャンドル・フェスティバル(Sukhothai Loy Krathong & Candle Festival)へ行ってきた
・Vol.8 バンコクエアウエイズ PG212 スコータイ – バンコク搭乗記
・Vol.9 タイ国際航空 TG110 バンコク – チェンマイ 搭乗記〜タイ航空ラウンジのカオマンガイ激ウマだった〜
・Vol.10 ル メリディアン チェンマイ  (Le Méridien Chiang Mai ) 宿泊記
・Vol.11 チェンマイの市場は面白いものがいっぱい!
・Vol.12 チェンマイのロイクラトンのパレードは今年はとっても豪華
・Vol.13 タイ国際航空 TG105 チェンマイ – バンコク 搭乗記~え、この機内食斬新すぎる!~
・Vol.14 マレーシア航空 MH783 バンコク – クアラルンプール ビジネスクラス搭乗記
・Vol.15 クアラルンプール空港でマレーシア航空、キャセイパシフィック航空のラウンジをハシゴしてみた
・Vol.16 マレーシア航空 MH88 クアラルンプール – 成田 ビジネスクラス搭乗記

<往路>
MH89 NRT(10:30) – KUL(17:05)
MH780 KUL(18:05) – BKK(19:10)
PG209 BKK(13:10) – THS(14:25)
PG212 THS(8:45) – BKK(10:00)

<復路>
TG110 BKK(13:15)-CNX(14:25)
TG105 CNX(10:40)-BKK(11:55)
MH783 BKK(17:05) – KUL(20:20)
MH88 KUL(23:35) – NRT(7:05)


クアラルンプール空港サテライトラウンジは改装中。。。

乗り継ぎ時間は1時間!

とは言うものの、実は30分ほど早く着いた(珍しい!)のでひょっとしてラウンジに行けるかなぁ〜と思ったのですが、、

クアラルンプール空港 マレーシア航空ラウンジ改装中

クアラルンプール空港 マレーシア航空ラウンジ改装中

サテライトラウンジは改装中!

まぁわかってはいたことなのですが。

クアラルンプール空港 マレーシア航空ラウンジ改装中

クアラルンプール空港 マレーシア航空ラウンジ改装中

巨大なラウンジでしたが丸ごと改装中です。

CIPラウンジへ行くか本館のリージョナルラウンジへ行くか、、ってところでしょうが、まぁ今日は時間もないのでさっさと次のゲートへ向かいます。

マレーシア航空 MH780 クアラルンプール – バンコク ビジネスクラス搭乗記

クアラルンプール空港は搭乗ゲートの直前でまた手荷物検査があるので結構面倒なのと、その手荷物検査が混み合うんです。

マレーシア航空 MH780 クアラルンプール - バンコク

マレーシア航空 MH780 クアラルンプール – バンコク

さて、バンコクへ向かいますかね〜

9M-MTD A330-300 Airbus A330-323X 1234 2011/06〜

9M-MTD A330-300 Airbus A330-323X 1234 2011/06〜

この時はボーイング737に乗る気満々で(笑)あまり気にしていなかったのですが、よく見たら結構でかいですよね(笑)

A330-300でした。

さっき成田から乗ってきた飛行機と同型機。

9M-MTD A330-300 Airbus A330-323X 1234 2011/06〜

9M-MTD A330-300 Airbus A330-323X 1234 2011/06〜

ずっと気がついていませんでしたが、、、思い込みというのはすごいもので機内に入って通路が二本あるのを見ていてもこれ当時はこれがボーイング737だと疑っていませんでした(笑)

マレーシア航空 MH780 クアラルンプール - バンコク ビジネスクラス

マレーシア航空 MH780 クアラルンプール – バンコク ビジネスクラス

さっきと同じ最新式のシートにびっくり。

いつもはリクライニングの甘めの少し硬めの古いシートのビジネスクラスですから全く違います(笑)

マレーシア航空 MH780 クアラルンプール - バンコク ビジネスクラス

マレーシア航空 MH780 クアラルンプール – バンコク ビジネスクラス

この便では右側の2席並びの席で、この窓側の座席は実は通路に面していない珍しいシートなのです。

ただ、お客さんがそもそも少ないので隣は来ません(笑)

ですからあまり関係ないんですね〜

マレーシア航空 MH780 クアラルンプール - バンコク ビジネスクラス

マレーシア航空 MH780 クアラルンプール – バンコク ビジネスクラス

2席分を独り占め〜

あまり意味はないですが。

マレーシア航空 MH780 クアラルンプール - バンコク ビジネスクラス

マレーシア航空 MH780 クアラルンプール – バンコク ビジネスクラス

バンコクまで2時間、ごろごろして迎えるってのはいいですよね。

マレーシア航空 MH780 クアラルンプール - バンコク ビジネスクラス

マレーシア航空 MH780 クアラルンプール – バンコク ビジネスクラス

本当は一番前の座席がおそらくこのコンパートメントでは王様座席です。

なんたって2席分の横幅を一席で使っているわけですから、無駄な収納がめちゃくちゃ多いのです(笑)

クアラルンプール空港を離陸!

バンコクまで2時間。

また優雅にゴロゴロしながら向かいます。

マレーシア航空 MH780 クアラルンプール – バンコク ビジネスクラス 機内食

シートは最新式になっても機内食は以前と同じです。

まぁそりゃそうか。

マレーシア航空 MH780 クアラルンプール - バンコク ビジネスクラス 機内食

マレーシア航空 MH780 クアラルンプール – バンコク ビジネスクラス 機内食

ただ、なんとなくグレードアップしたような、、、気分だけの問題です(笑)

いつものご飯が並びます。

マレーシア航空 MH780 クアラルンプール - バンコク ビジネスクラス 機内食

マレーシア航空 MH780 クアラルンプール – バンコク ビジネスクラス 機内食

これ、、多分ビーフだったと思いますが見た目はあまり美しくない(笑)

まぁ味は香辛料が効いてそこそこでした。

実はマレーシア航空でハズレの機内食ってあまりないんです。

そこそこ美味しいものが出てくるのは安心感ありです。

その中でも冒険しないなら「鶏」料理が推しです。

マレーシア航空 MH780 クアラルンプール - バンコク ビジネスクラス 機内食

マレーシア航空 MH780 クアラルンプール – バンコク ビジネスクラス 機内食

主菜がご飯でもちゃんとパンも配られる(笑)

必ず出てくるガーリックトーストは必ずもらいますが、その他にこのモコモコパンも結構好きなのです。

ちゃんと温めて出してくれるのは良いのですが、機内ですからなるべく早く食べないと急速に乾燥していきます(笑)

マレーシア航空 MH780 クアラルンプール - バンコク ビジネスクラス 機内食

マレーシア航空 MH780 クアラルンプール – バンコク ビジネスクラス 機内食

サラダはちゃんとしている。

マレーシア航空 MH780 クアラルンプール - バンコク ビジネスクラス 機内食

マレーシア航空 MH780 クアラルンプール – バンコク ビジネスクラス 機内食

これとっても甘い、、マレーシア航空のデザートはとにかく甘い。

まぁ欧米系の方々に合わせたらこうなるんでしょうね。

その点JALのデザートはなかなか良くできています。

日本人好みに作ってある感じです。


(スポンサーリンク)

スワンナプーム国際空港に着陸!

バンコクまで2時間程でしたが新しいフルフラットシートは快適でした(笑)

見慣れたバンコクの街はすっかり日が暮れて道路の明かりが縦横に走っていてきれいです。

高い建物がないので、その分見晴らしが良いんですね(笑)

巨大なバンコク スワンナプーム空港は開港当初は欠陥だらけでしたが、どんどん進化を遂げて東南アジア随一のハブ空港になりました。

まだ使いにくいところもあるんですけどね(笑)

新しいターミナルは建設中なので、そちらはもっと良くなることを期待しています。


(スポンサーリンク)
楽天トラベル観光体験でタイで人気の体験を予約しよう
日本語対応、現地で当日でもスマホで予約・カードで支払い、QRコードでチケット引き換えができるオプショナルツアー(バンコク・プーケット・チェンマイ) 

スワンナプーム空港に到着!

スワンナプーム国際空港

スワンナプーム国際空港

さて、到着したのでさっさと入国します。

スワンナプーム空港プライオリティレーン

スワンナプーム空港プライオリティレーン

ビジネスクラス利用者は到着時に専用のレーンを使えるので楽に入国できます。

時間によっては通常の入国審査が激混みなのでありがたいのです。

この時までは「プライオリティレーン」と言う名称でしたが、翌年ぐらいから「Fast Track」と名称が変わっています。

ただ、入国時は入国審査が少し早く通過したとしても荷物が出てくるまで少々時間がかかるので結果的に到着ロビーに出る時間は変わらない感じですかね。。

まぁ混まないから気分上なんとなく楽なだけです(笑)

むしろ出国時に使えると効果は絶大。

出国審査がそりゃもう時間がかかるわけです。

2時間前にチェックイン手続きしても危うく乗り遅れそうになる、、なんかそれほど時間がかかるのです。

新コロでお客さんがいなくなったスワンナプーム空港、どうなったか興味津々です。

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • ステキな搭乗機ありがとうございます。
    一度だけビジネス乗ったことがあります。
    足回りが広いのって、快適ですよね^^
    食事もエコノミーとは違い、広い席でゆっくりたべれるし・・・
    コロナがある程度終息したら、予約しようかな~

    • ご覧いただきありがとうございます。

      ビジネスクラスも進化を続けて昔と比べると随分と豪華になりました。
      新コロでもうしばらくどこにも行けそうにないですが、、きっと来年には行けるようになると信じて!(信じるだけはタダですので。。)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください