ちょっと大変だった初めてのミャンマー旅行 / Vol.17 ミャンマー国際航空 8M331 改 AIR KBZ K7831 ヤンゴン – バンコク 搭乗記 スワンナプームイミグレが大騒ぎの巻  

AIR KBZ K7831 ヤンゴン - バンコク
(広告)

ヤンゴン国際空港は他の国の空港と比較しても見劣りすることのない素晴らし設備なのですが、細部で少し不親切な場所があります。

まずはボーディングゲートの並びがおかしくて珍しくゲートを探して彷徨い歩くことに。

急遽変更になったAIR KBZ(エアカンボーザと読むようです)はミャンマーを代表する巨大企業が作った国内線最大のLCCで、飛行機もプロペラ機ながらピカピカの新造機。

LCCなのにちゃんと機内食も出るし、思った以上に快適でした。

が、しかし!スワンナプーム空港では到着便の情報が上がっていなかったらしく、入国審査で審査官4人が首をかしげる事態に!

まぁ結局入国できたからよかったですが、こんな経験初めてでした。

旅行期間 2019/8月

エリア  那覇、バンコク、ミャンマー

テーマ  街歩き、食べ歩き、お寺巡り

目次

・Vol.1 JALダイヤモンドプレミアラウンジ&日本航空 JAL909 羽田 – 那覇 搭乗記
・Vol.2 さぁバンコクに向けて出発!日本航空 JAL900 沖縄 – 羽田 搭乗記〜羽田空港 JALファーストクラスラウンジへ
・Vol.3 日本航空 JL31 羽田 – バンコク ビジネスクラス搭乗記
・Vol.4 Samyan Serene Hotel宿泊記
・Vol.5 バンコクの交通網が大きく変わる!?MRT新路線を使ってワットポー&ワットアルン観光をしてみた
・Vol.6 バンコクご飯巡り〜屋台飯からソンブーンまで〜
・Vol.7 スワンナプーム空港 MIRACLEラウンジ体験記
・Vol.8 ミャンマー国際航空 8M336 バンコク – ヤンゴン 搭乗記
・Vol.9 ヤンゴン空港は予想以上に近代的だったけど、外に出るとそこはやっぱりアジアだった
・Vol.10 お、結構お洒落な素敵なホテル「HOTEL G Yangon」 宿泊記
・Vol.11 ヤンゴンの中心「スーレーパゴダ(Sule Pagoda)」に行ってみた〜ヤンゴンって思ってたよりずっと都会だった〜
・Vol.12 スーレーパゴダ周辺をぶらり散歩〜ボージョー アウン サン マーケット、パンドゥラ公園〜
・Vol.13 落ちそうで落ちない金の玉「ゴールデンロック」に日帰りで行ってみた 前編
・Vol.14 落ちそうで落ちない金の玉「ゴールデンロック」に日帰りで行ってみた 後編
・Vol.15 「シュエダゴン・パゴダ(Shwedagon pagoda)」は巨大だった〜曇っていたのにめちゃくちゃ暑かった〜
・Vol.16 ミャンマー国際空港の「Mingalar Sky CIP Lounge」は想像を遥かに超える快適さだった
・Vol.17 ミャンマー国際航空 8M331 改 AIR KBZ K7831 ヤンゴン – バンコク 搭乗記 スワンナプームイミグレが大騒ぎの巻
・Vol.18 Le Meridian Bangkok 宿泊記
・Vol.19 タリンチャン水上マーケットはバンコク市内から簡単に行けて結構楽しい場所だった
・Vol.20 日本航空 JL32 バンコク – 羽田 エコノミークラス搭乗記
・Vol.21 帰国してそのまま那覇へ飛ぶ!日本航空 JAL925 羽田 – 那覇 搭乗記
・Vol.22 ようやく家に帰ります。日本航空 JAL920 那覇 – 羽田 搭乗記

<往路>
JAL909 HND(10:50) – OKA(13:25)
JAL900 OKA(07:10) – HND(09:40)
JL31 HND(11:20) – BKK(15:40)
8M336 BKK(10:40) – RGN(11:25)
<復路>
K7 831 RGN(16:30) – BKK(18:15)
JL32 BKK(09:45) – HND(17:55)
JAL925 HND(19:40) – OKA(22:10)
JAL994 OKA(10:35) – HND(12:55)


AIR KBZ K7831 ヤンゴン – バンコク 搭乗記

さて、ボーディング時間になりました。

今回のゲートは、Gate2。

通常ボーディングブリッジは数字の順に並んでいますから、Gate5,4,3、、、とそちらの方向になるいて行くと、、、

あれれ??ゲートがない!

Gate1と2がありません(笑)

ええええ!!!まじか、、、どこなんだろう???と仕方なく清掃のおじさんに聞いてみると、、、イミグレの近くに階段があってそこでした。

ヤンゴン空港Gate1,2

ヤンゴン空港Gate1,2

こんな分かりにくいところに下行きのエスカレーターが!

プロペラ機なのでバスラウンジになってるんですね。

他は結構分かりやすいのに、ここだけとっても見えにくいところにあるんで分かりません。

羽田空港だとバスゲートは3桁とかになっているので、その時点であ、バスラウンジだとわかるんですけどね、、、

AIR KBZ K7831 ヤンゴン – バンコク 搭乗

まぁ気を取り直してボーディングです。

AIR KBZ K7831 ヤンゴン - バンコク 搭乗

AIR KBZ K7831 ヤンゴン – バンコク 搭乗

ゲートに到着!

ここからバスで飛行機に向かいます。

バスに乗り込むと早速違和感が、、というか懐かしさが!

ヤンゴン空港内飛行機への連絡バス

ヤンゴン空港内飛行機への連絡バス

あれ??なんか見たことがあるような、、

ヤンゴン空港内飛行機への連絡バス

ヤンゴン空港内飛行機への連絡バス

こ、これは、、、

ヤンゴン空港内飛行機への連絡バス

ヤンゴン空港内飛行機への連絡バス

ミャンマー語のクルクル文字はさっぱり分かりませんでしたが、これは読める!(笑)

完全に日本の市バスの中古ですね(笑)

昔のそのまま使用されているます。

思わずボタンを押したくなる、、(笑)

高速バスもそうだったのですが、ミャンマーでは日本でリタイアした中古のバスが元気でまだ活躍中です。

インドネシアでは電車の車体が日本の車両の中古を使っていたし、ミャンマーではバス。

性能も良いし壊れないから第二の余生を異国の地で頑張っているのですね。

というか、日本のモデルチェンジが早すぎるんじゃないでしょうか。

AIR KBZ XY-AMN ATR-72-600 1528 2019/05〜

AIR KBZ XY-AMN ATR-72-600 1528 2019/05〜

飛行機はプロペラ機のATR-72。

日本でも離島便に就航しているフランス製の飛行機で低燃費・低騒音で定評のある飛行機です。

AIR KBZというのは今回初めて聞きましたが、どうやらミャンマーのLCCのようで、国内線最大の飛行機会社ということです。

AIR KBZは「エア カンボーザ」と読むようです。

AIR KBZ K7831 ヤンゴン - バンコク

AIR KBZ K7831 ヤンゴン – バンコク

機内は小型機ですから狭めですが、まだ就航して数ヶ月のピカピカの新造機なのでとてもきれい。

AIR KBZ K7831 ヤンゴン - バンコク

AIR KBZ K7831 ヤンゴン – バンコク

AIR KBZ K7831 ヤンゴン - バンコク

AIR KBZ K7831 ヤンゴン – バンコク

足元も思ったほど窮屈でもなく快適です。

AIR KBZ K7831 ヤンゴン - バンコク

AIR KBZ K7831 ヤンゴン – バンコク

離陸前に冷たいおしぼり、、ウエットティッシュが配られます。

なかなかサービスは良いようです。

ヤンゴン空港離陸!

さて、今回のミャンマー旅行も終わってバンコクへ戻ります。

日本に戻るわけでもないのですが、内心ほっとしたような感じがします。

突然航空会社の変更になった(?)AIR KBZですが、そもそもA320だったのがプロペラ機に変更になっています。

まぁバンコクまで運んでくれるんなら良いか、、、フライト時間1時間だし。

搭乗機に到着直前にミャンマー航空の飛行機がエンジンカバーをされて放置されていましたが、もしかして壊れたからこっちに予約が移されたのかな?

離陸後上空から見るミャンマーの街並みは、意外と都会な感じで行く前の印象と随分違うものでした。

AIR KBZ K7831 ヤンゴン – バンコク 機内食

一応この便では離陸後すぐに機内食が出ます。

一応国際線ですからね。

LCCにしては上出来です。

AIR KBZ K7831 ヤンゴン - バンコク 機内食

AIR KBZ K7831 ヤンゴン – バンコク 機内食

CAさんがテキパキと配ってくれます。何しろ飛行時間が1時間ほどですからのんびりしている暇はありません。

中身はというと、、

AIR KBZ K7831 ヤンゴン - バンコク 機内食

AIR KBZ K7831 ヤンゴン – バンコク 機内食

甘めのデニッシュです。

さっきラウンジでご飯をたくさん食べたから、デザートに良いか、、

コーヒーと一緒にホッと一息。結構快適です。


(スポンサーリンク)

バンコク スワンナプーム空港着陸!

ミャンマーからタイに戻ってきました。

プロペラ機なので高度が低いからか着陸前にスワンナプーム空港の全貌が上空から良く見えました。

今回突然変更になったKBZ航空ですが、LCCにしては、飛行機も新しく結構快適でした。

とはいうものの、上空を旅客機にしては右へ左へと自由に旋回飛行する感じはなんとなく違和感が、、(笑)

まぁ無事にバンコクまで戻れたからよいか、、

着陸して、駐機場に向かうのですが、途中で停止。

駐機場が空いていないのか15分ほどずっと止まっています。

どうしたかなぁ〜と思っていると、無事に動き出してようやく機外に出ることができました。

AIR KBZ K7831 ヤンゴン - バンコク

AIR KBZ K7831 ヤンゴン – バンコク

AIR KBZ K7831 ヤンゴン - バンコク

AIR KBZ K7831 ヤンゴン – バンコク

ここからはバスで到着ロビーへ向かいます。


(スポンサーリンク)
voyaginでタイで人気の体験を予約しよう
日本語対応、現地で当日でもスマホで予約・カードで支払い、QRコードでチケット引き換えができるオプショナルツアー(バンコク・プーケット・チェンマイ) 

イミグレで問題発生!こんなこと初めて!

さて、タイへ入国です。

いつもは大混雑のスワンナプーム空港のイミグレですが、この時間はほとんど人がいなくて、誰も並んでいない入国審査ブースへ一番乗りで向かいました。

さっさと入国してホテルに向かおうと思っていたのですが、、、、

イミグレの審査官がPCを見ながら不思議そうにしています。

入国審査官1「ボーディングパスを出してください」

珍しくボーディングパスがいるのか、、と思っていたのですが、何やら係官どうしで話をしています。

どうやら到着便情報がPCに出てこないらしく困っている模様です。

入国審査官2「eチケットはありますか?」

ということで、ミャンマー航空のeチケットを出すもずっと「情報がない」と不思議そうにしています。

でもって、隣のブースの審査官に書類を渡して調べても同じ。

みなさん「マイミー(無い)」「マイダーイ(できない)」をぶつぶつ言いながら首を傾げています。

どうやら到着便情報がPCに出てこないようなのです。

最終的に4人!の審査官がPCを見ながらあーでもないこーでもないと考え込むことに(笑)

こんなことは初めてです。

というか、、、入国審査ってこんなことも照合していたんですね(笑)

しばらく揉めていましたがようやくPC上に表示されたようで(笑)審査官全員安堵の表情(笑)

その後は無事にスタンプを押してくれることになったのでした。

あとから考えると、飛行機が到着した時に駐機場に入れなかったのもひょっとしたら予定にない飛行機が飛んできて問い合わせをしていたのかもしれません。

というか、大丈夫かミャンマー航空&AIR KBZ(笑)。

怖い体験をしたわけでもなく、それなりに快適だったのですが、微妙に細部の甘さが感じられる体験でした。

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください