香港・マカオへほぼ無料旅行! / Vol.4 JWマリオットホテル香港(香港JW萬豪酒店)宿泊記 ディナーはJohn Anthony Hong Kong(荘館)で驚きの中華フュージョンを堪能  

John Anthony Hong Kong(荘館)
(広告)

「SPGアメックスでもらった無料宿泊の特典を使いたい!」というのが今回香港に来た目的の一つでもありました。

まぁわざわざ香港まで行かなくても、、とも思ったのですが、世界最長の橋も見たかったし、久しく香港の友人を訪問していなかったし、、まぁ単純に行きたかっただけなんです(笑)

SPG無料宿泊でJWマリオット香港に宿泊してみましたが、さすがクオリティは高い。

やはり違いますねぇ、、

夕食は友人と香港島側の中華レストランへ行ってみましたが、中華料理なんだけど色々とアッと驚く仕掛けが色々としてあって結構楽しめました。

さすが香港は食べ物に関しては抜群にクオリティが高いです。

旅行期間 2019/6月

エリア  香港、マカオ

テーマ  街歩き、食べ歩き

目次
・Vol.1 日本航空 JL29 羽田 – 香港 エコノミークラス搭乗記
・Vol.2 Ovolo Southside(オヴォロ サウスサイド) 宿泊記
・Vol.3 フォトジェニックな香港オールドタウンセントラルを散策してみた
・Vol.4 JWマリオットホテル香港(香港JW萬豪酒店)宿泊記 ディナーはJohn Anthony Hong Kong(荘館)で驚きの中華フュージョンを堪能
ってみた
・Vol.5 ザハ・ハディド設計「香港理工大学・ジョッキー・クラブ・イノベーション・タワー」を見学しに行ってみた
・Vol.6 世界最長の海上橋「港珠澳大橋(こうじゅおうおおはし)」をバスで通ってみた
・Vol.7 シェラトン・マカオ(Sheraton Grand Macao, Cotai Strip)宿泊記
・Vol.8 ザハ・ハディド設計のマカオに新名所「モーフィアス(Morpheus)」を見に行ってみた!
・Vol.9 夜のマカオは豪華絢爛!だけどやっぱり落ち着かない
・Vol.10 香港国際空港 キャセイパシフィックファーストクラスラウンジはやはり贅沢な空間だった
・Vol.11 日本航空 JL26 香港 – 羽田 エコノミークラス搭乗記

<往路>
JL29 HND (10:00) – HKG(13:45)
<復路>
JL26 HKG(15:15) – HND(20:25)


マリオットに統合された後もSPGアメックスは使い勝手は良い!

以前よりシェラトン系のスターウッドプリファードゲスト(SPG)会員として利用していましたが、そのSPGがマリオットに統合されて世界最大のホテルグループとなりました。

利用に応じて付与されるポイントが航空会社のマイルとほぼ等価で移行できるという使いやすさでとても重宝しています。

で、そのSPGがマリオットに吸収された後もその使いやすい特典は引き継がれています。

でもって、その時作ったSPGアメックスなのですが、年会費31000円と結構高額です。

しかし、年に一回無料宿泊特典が付いていますから年会費以上の宿泊料金のホテルに泊まればお得ということになります。

もっとも、通常そんな高額なホテルには泊まりませんから、無料宿泊特典目当てというと本末転倒になってしまいますね(笑)

まぁせっかくの特典ですからホテル代の高い香港まで来て、特典利用できる一番高いホテルに宿泊してみることにしました。

それが今回宿泊した「JWマリオットホテル香港(香港JW萬豪酒店)」です。


(スポンサーリンク)

JWマリオットホテル香港(香港JW萬豪酒店)宿泊記

地下鉄金鐘Admiralty駅を降りてパシフィックプレイス方面に歩いていくと直結しています。

しかーし、入り口がわからない、、いつものように少し迷う〜(笑)

JWマリオットホテル香港(香港JW萬豪酒店)

JWマリオットホテル香港(香港JW萬豪酒店)

パシフィックプレイスからの入り口発見!

まぁ一度わかってしまえばパシフィックプレイスの中の入り口から簡単に出入りできるので雨でも楽々です。

JWマリオットホテル香港(香港JW萬豪酒店)

JWマリオットホテル香港(香港JW萬豪酒店)

結構でかいホテルです。

JWマリオットホテル香港(香港JW萬豪酒店)

JWマリオットホテル香港(香港JW萬豪酒店)

ホテルの周りにはシャングリラホテルやコンラッドホテルなど有名どころのホテルが乱立しています。

さすが一流ホテルなのでチェックインはスムーズ。

というか淀みなく早口で案内されてあっという間にチェックインが終了しました(笑)

しかし、このJWマリオットの対応の素晴らしさは、翌日チェックインすることになるマカオのシェラトンホテルの対応の悪さを一層引き立てることになり(笑)、マカオのシェラトンでぶちぎれる要因にもなったのでした(笑)

さて、お部屋はというと、、

JWマリオットホテル香港(香港JW萬豪酒店)

JWマリオットホテル香港(香港JW萬豪酒店)

あのギザギザした外観はこんな感じに窓がせり出しているんですね。

この構造はカオルーンホテルも同じで当時流行りだったのかもしれません。

お部屋の広さはスタンダードタイプの部屋なので香港にしては広い方でしょう。

JWマリオットホテル香港(香港JW萬豪酒店)

JWマリオットホテル香港(香港JW萬豪酒店)

さすが、ちゃんとフルーツも提供されています。

今回は朝食付きのプランではないので、これは明日の朝ごはん(笑)

ホテルのビュッフェも美味しいけど食べ過ぎるので食べた後しばらく動けなくなるのが難点かなぁ、、(そんなに食べなきゃ良いんですが)

JWマリオットホテル香港(香港JW萬豪酒店)

JWマリオットホテル香港(香港JW萬豪酒店)

JWマリオットホテル香港(香港JW萬豪酒店)

JWマリオットホテル香港(香港JW萬豪酒店)

内装は落ち着いているというかシンプルそのものです。

JWマリオットホテル香港(香港JW萬豪酒店)

JWマリオットホテル香港(香港JW萬豪酒店)

ベッド横のコントローラーが古さを物語っていますねぇ、、

まぁそこ以外はリノベートされているので古いというわけではないです。

JWマリオットホテル香港(香港JW萬豪酒店)

JWマリオットホテル香港(香港JW萬豪酒店)

ミニバーももちろん高級品(笑)お茶は無料なので美味しくいただきます(笑)

JWマリオットホテル香港(香港JW萬豪酒店)

JWマリオットホテル香港(香港JW萬豪酒店)

冷蔵庫の中身は、、ここはチャージされちゃうので迂闊に手を出せません(笑)

JWマリオットホテル香港(香港JW萬豪酒店)

JWマリオットホテル香港(香港JW萬豪酒店)

ベットの裏側は浴室です。

JWマリオットホテル香港(香港JW萬豪酒店)

JWマリオットホテル香港(香港JW萬豪酒店)

ちゃんとバスタブもあります。

古くなると水回りが悪くなってくるのですが、さすがマリオットはそんなことはありませんね。

JWマリオットホテル香港(香港JW萬豪酒店)

JWマリオットホテル香港(香港JW萬豪酒店)

アメニティ類は充実しています。

JWマリオットホテル香港(香港JW萬豪酒店)

JWマリオットホテル香港(香港JW萬豪酒店)

立派なプールももちろん完備!

ただし周りをビルに囲まれてしまっています(笑)

今回は残念ながらプールでゆっくりしている時間がなかったのが残念でした。

照明などのコントローラーに少し古さを感じますが、全体的に綺麗にリノベーションされているので古さは感じさせません。

前日のOvolo Southsideはポップなデザイナーズホテルでしたが、ここは老舗の高級ホテルらしく落ち着いた雰囲気のホテルでした。


(スポンサーリンク)
voyaginで香港で人気の体験を予約しよう
日本語対応、現地で当日でもスマホで予約・カードで支払い、QRコードでチケット引き換えができるオプショナルツアー(香港)

John Anthony Hong Kong(荘館)でチャイニーズフュージョン 不思議な中華を食べてみました

さて、夕方から友人と一緒に夕食に出かけます。

ホテルの車寄せ待っていると友人のテスラがどーんと現れました。

ドアマンが車のドアを開けてくれるのですが、テスラは開け方が独特なので少々戸惑いが、、(笑)

香港島にまた新しいトンネルができたようで、しばらく新しい道路をドライブ。

こんなにトンネルを作るんだったら香港島と九龍側を埋め立てちゃえばいいのに(笑)

でもって、今日の夕食はちょっと変わった中華レストラン「John Anthony Hong Kong(荘館)」に行ってみることにしました。

John Anthony Hong Kong(荘館)

John Anthony Hong Kong(荘館)

広東料理のお店。

普通に想像する中華レストランとはちょっと違った感じです。

場所は銅鑼灣駅から徒歩5分程のところです。

この近辺もショッピングモールが立ち並んでいるので散策するにはとても面白いところです。

John Anthony Hong Kong(荘館)の中に入ると、、中華料理のお店というより少しポップなバーといった感じです。

John Anthony Hong Kong(荘館)

John Anthony Hong Kong(荘館)

John Anthony Hong Kong(荘館)

John Anthony Hong Kong(荘館)

でもって、出てくるお料理がまたアバンギャルドで不思議なお料理でした。

John Anthony Hong Kong(荘館)

John Anthony Hong Kong(荘館)

見た目が不思議な食べ物ですが、パイ生地の中にカレー風味の中華餡が入っている一品です。

食感が面白い。

John Anthony Hong Kong(荘館)

John Anthony Hong Kong(荘館)

たこ焼き風の点心ですが、実はこの中身はお野菜でした。

粉物ではなくて完全に前菜です。

John Anthony Hong Kong(荘館)

John Anthony Hong Kong(荘館)

ピリ辛ホタテの和え物。

これも前菜のようですねぇ。スパイシーなホタテ美味しい。

John Anthony Hong Kong(荘館)

John Anthony Hong Kong(荘館)

アワビと鶏肉、豚肉の漢方風スープです。

良い出汁が出てます。柔らかい味で美味です。

John Anthony Hong Kong(荘館)

John Anthony Hong Kong(荘館)

メインのお魚料理は中華とは思えない凝りようです。

白身魚の中華餡炒めですが、この辺から随分と装飾が凝ってきます(笑)

John Anthony Hong Kong(荘館)

John Anthony Hong Kong(荘館)

ぱっと見は北京ダック風ですが、皮の下には蒸し鶏が盛ってあります。

John Anthony Hong Kong(荘館)

John Anthony Hong Kong(荘館)

ロメインレタスの海老味噌炒めかなぁ〜

John Anthony Hong Kong(荘館)

John Anthony Hong Kong(荘館)

シメのチャーハンが味が少し薄めなので海老味噌炒めと一緒に食べるとほどよく調和します。

John Anthony Hong Kong(荘館)

John Anthony Hong Kong(荘館)

でもって、デザートは衝撃のメロンタピオカ!

ぱっと見は普通のタピオカココナッツじゃん!と思ったのですが、一口食べて印象が180°変わりました。

なんだこれは!!味は完全に完熟メロン。中のタピオカはムニュムニュした感じのやつではなくて歯ごたえのあるつぶつぶです。

こんなの初めて食べた!!このデザートはすごい(笑)

このつぶつぶなんですか?って聞いたらタピオカだと、、本当なのかなぁ、、こんなタピオカあり?

全体でコースで750HKD(約10500円)で、結構楽しめました。

中華だと大皿にどーんとお料理が来るので二人だと種類が楽しめないのですが、このお店は少しづつ盛り付けて盛ってきてくれますから色々と楽しめて良かったです。

さすが食の都香港のクオリティは高いです。

というわけで、いつもの通りご飯を美味しく食べて香港滞在はこれで終了。

明日は昼間にマカオに向けて出発します。

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください