20年前に期限切れになったフィルムは写るのか?期限切れフィルムで撮影したらこうなった Part.2 一段明るくしても露出が足りなかった

赤レンガ倉庫 ISO400フィルムを1段明るくISO200で撮影+コントラストと明るさ調整
(広告)

たまたま手に入れた20年は経っていると思われる古いフィルムをつかたらどうなるのか撮っても興味が湧きました。

色々と調べてみると「期限切れフィルム10年で+1段(+1EV)」ということなので、実際に撮影するときにISO400の期限切れフィルムをISOで一段明るくしてISO200設定で晴天の横浜みなとみらいで撮影をしてみました。

さてどうなったでしょう。


おそらく20年以上前に期限切れになったフィルムで撮影してみた

今回のフィルムは使用期限がわからないのでどのぐらい露光量をISO感度と露出補正で調整してみました。

何しろデジタルカメラのようにすぐに確認できないので、撮影して現像して結果がわかるというとてつもなくめんどくさいことをやっているわけです(笑)

機材:

PENTAX MZ-3 + smc PENTAX -FA 28-70mm f4

使用フィルム:

FIJIFILM SUPER G ACE 400(ISO感度400)

撮影条件:

ISO感度を200に設定(1段明るく)(横浜みなとみらい近辺)

ISO感度100に設定(2段明るく)してさらに露出補正を0, +1/2,+1と変更 (新宿)

ISO感度100に設定して露出補正+1にするということは最高3段分明るくしたということで、フィルム製造時に適正露出とされていた光量よりも8倍!の光をあてることになります。

20年ものと思われすフィルムをISO感度で1段明るくして撮影してみた

どのぐらい感度が残っているか使用期限も保存状態もわからないフィルムなのでとりあえずお試しで撮ってみました。

横浜みなとみらい付近で撮影

同じような画角でiphoneでも撮影してみて比較してみました。

みなとみらい iphone8 plus で撮影

みなとみらい iphone8 plus で撮影

この風景が20年前のフィルムを使うとこうなります。

みなとみらい ISO400フィルムを1段明るくISO200で撮影

みなとみらい ISO400フィルムを1段明るくISO200で撮影

これは現像してCD化したそのままの写真ですが、思ったほど明るくなりません。

コントラストも低めで全体的にザラザラです。

1段明るくしたところではだめなようです。

これを画像処理でコントラストと明るさを変更してみるとこうなります。

みなとみらい ISO400フィルムを1段明るくISO200で撮影+コントラストと明るさ調整

みなとみらい ISO400フィルムを1段明るくISO200で撮影+コントラストと明るさ調整

少し色は残っているようですが全体的にザラザラ感が強くて明るめの風景にはちょっと風景を撮るには向かないようです。

少し暗めの被写体は得意かも?

お店の前にあった飾り物を撮ってみました。晴天ですが、影になっているので少し暗めの場所です。

みなとみらい iphone8 plus で撮影

みなとみらい iphone8 plus で撮影

今回は全体的に被写体が少し落ち着いたトーンのものだけで構成されているところで撮影です。

みなとみらい ISO400フィルムを1段明るくISO200で撮影

みなとみらい ISO400フィルムを1段明るくISO200で撮影

全体的にまだまだ露光不足のようですね。

一応何が写っているかわかるぐらい(笑)です。

これをコントラストを調整するとこうなります。

みなとみらい付近 ISO400フィルムを1段明るくISO200で撮影+コントラストと明るさ調整

みなとみらい付近 ISO400フィルムを1段明るくISO200で撮影+コントラストと明るさ調整

これなら少しましになりました。

少し古めかしい感じがでて良いのですが、全体のざらつき感がかなり多めですね。

公園の樹木を撮ってみました。

被写体はiphoneで撮影するとこんな感じの場所です。

公園の樹木 iphone8 plus で撮影

公園の樹木 iphone8 plus で撮影

今度は少しゴツゴツした感じの木を撮ってみました。

公園の樹木 ISO400フィルムを1段明るくISO200で撮影

公園の樹木 ISO400フィルムを1段明るくISO200で撮影

薄暗くてほとんど夕方ですね(笑)

これをコントラスト調整すると、、

公園の樹木 ISO400フィルムを1段明るくISO200で撮影+コントラストと明るさ調整

公園の樹木 ISO400フィルムを1段明るくISO200で撮影+コントラストと明るさ調整

これぐらいなら良い感じになっています。

被写体がもともとザラザラしているもおならば色味が少しおかしいのが逆に良い感じです。

澄み切った青空とかは無理ですが少し色が暗めの被写体にすれば古めかしい感じが出るようです。

赤レンガ倉庫を撮ってみました。

被写体はiphoneで撮影するとこんな感じの場所です。

公園の樹木 iphone8 plus で撮影

公園の樹木 iphone8 plus で撮影

ここを20年前ののフィルムで+1段補正で撮影すると、、

公園の樹木 ISO400フィルムを1段明るくISO200で撮影

公園の樹木 ISO400フィルムを1段明るくISO200で撮影

完全にアンダー露光になっていますが、これをコントラスト調整すると、、

赤レンガ倉庫 ISO400フィルムを1段明るくISO200で撮影+コントラストと明るさ調整

赤レンガ倉庫 ISO400フィルムを1段明るくISO200で撮影+コントラストと明るさ調整

これはこれでありかなぁという感じです。

ちょっとしたざらつき感は全体のレンガがざらついているのでさほど気にならず、古びた感じになりました。

とはいうものの、露光量はまだまだ必要なようです。

まとめ

使用期限が書いてある箱がなく、使用期限すらわからない古いフィルムが手に入りまして、実際に撮影してみました。

フィルム写真は少し露光オーバー気味にすると綺麗に見える写真になるのですが、このフィルムがもし想定の20年程度ではなくもう少し新しいものだったら、、とまずは試しに1段分(露光量2倍)にして撮影してみましたが全く露光量が足りませんでした(笑)

やはりかなり古いか保存状態がよほど悪かったのでしょう。

現像してCD化して画像データのコントラストをあげるとそれなりに写っていることはわかりました。

やはり乳化剤が劣化していたのかざらつきは相当なもので、被写体自体が少し暗めでざらっとしたもだとそれなりに雰囲気の出る写真に仕上がりそうです。

次はもっと盛大に露光量を上げてみることにします。

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • こんばんは。
    ランキングから訪問しました。
    20年前に期限切れになったフィルムで撮影した写真、薄暗い感じになるってしまいましたね。
    応援ポチ。

    • ご覧いただきありがとうございます。
      応援ありがとうございます。
      あと4本ほどありますが、フィルムの状態がわかったのでもう少し頑張ってみます(笑)
      (素直に今売られているものでとればいいんですけどね(笑))

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください