【旅の準備】2018年のソンクラーンは4/12〜16! ついでに「二度目のバンコク」で紹介された「鉄道市場(Talad Rot Fai Ratchada)」「B級グルメ」「オールドバンコク」に行ってみたい! 

鉄道市場を俯瞰する(NHK 2度目のバンコクから引用)

明日からバンコクへ行ってきます。

この時期ですからもちろん毎年参加している「ソンクラン祭り」がメインになります。

既に友人数名が本日バンコク入りをしていますので、明日合流です。

今年のソンクランは4月13日〜15日ですので、丁度日本の土日に重なっていてもしかしたら行く人も多いのかもしれません。

筆者も12日バンコク入り、15日の夜便で帰国する予定です。

ソンクラン祭りだけでも良いのですが、せっかくですので今回は少し観光もしてみたいと思っています。

なんどもバンコクには行っているのですが、意外と観光らしい観光はしていないのです(笑)

もちろん観光名所と呼ばれる場所には行ったことはあるのですが、今回はちょっと下調べをしてテレビでも紹介された少しディープな場所にも行ってみようと思います。

というわけで、詳細は帰国してからまとめますが、行く前に下調べをした内容を個人的なメモがわりに投稿してみます。


「ソンクラーン祭り(ソンクラン祭り)(songkran Festibal)」とは?

そもそもはタイのお正月です。

この時期はタイは今一番暑い時期を迎えていて、タイの暦でお正月に当たります。

毎年4月13日〜15日に固定されていますので、祝日にもなっています。

西暦の新年(1月)や旧暦の新年(2月)もバンコクでは盛大にお祝いされますが、タイの正月は4月。

この時期はタイの方々は長期の休みを取って実家に帰省したり旅行に出かけたりします。

元々は家族が一堂に集まって、仏像に水をかけて清めたり、年配の方に水をかけてお清めをするというのが「本来の姿」だったのですが、、

今ではタイ全土のそこかしこで単なる水の掛け合いに発展し(笑)、更にそれが外国人観光客のツボにはまり(笑)それはすごい騒ぎになります。

もう町中で強力な水鉄砲が売られ水の掛け合いをしますし、そんなものは生ぬるい!とばかりに店頭では蛇口からホースで道ゆく人に散水(笑)

それでも生ぬるい!というわけで、消火栓から消火用のホースを使って水をばらまくという荒業をしたりしてとんでもないことになります。

ですからこの時期はタイの人や駐在の方は逃げるようにタイから離れる人もいますし、逆に水かけを楽しみたい人はタイに押し寄せることになるわけです。

その凄い状況は過去の投稿をご参照ください。

2017年ソンクラン祭りの様子

2016年ソンクラン祭りの様子

街に出るときは「防水」を完璧にして濡れても良い格好で歩きましょう。全身ずぶ濡れになります(笑)

それだけしても、毎年スマホが水没したりしていますので保険も確認しておきましょうね。

2018年のソンクラーン祭り(ソンクラン祭り)(songkran Festibal)は例年と違って4月12日〜4月16日

例年は4月13日から15日なのですが、今年は少し日程が前後に延長されているようです。

February 27, 2018,

‘Songkran Festival’ extended to five-day holiday –

The Cabinet on Tuesday gave the green light for the five-day

“Songkran Festival” holiday from April 12 to 16. 

THE NATION 

28 Feb 2018 at 02:28

5-day Songkran holiday approved

・・・This year, it will be a five-day break running

from Thursday, April 12, through Monday, April 16 

Bangkok Post

げ、12日到着なのですが、大丈夫かなぁ、、、まぁ今年もシーロム通りのメリディアン宿泊なので、裏道を通れば濡れずに済みますからまぁ大丈夫でしょう。

「二度目のバンコク ちょっとディープな海外旅行」を参考についでに観光もしてみよう!(備忘録)

いつもはソンクラーン祭りだけを体験するのですが、今年は少し変わったところにも行ってみたいので自分の備忘録としてまとめておきます。

行けるかどうかはわかりませんが、滞在中に時間があれば行ってみようと思っているところをチェックしておきます。

実際に行ったらまたご報告しますね。

ネタ元はNHK BSで放送された「二度目のバンコク ちょっとディープな海外旅行」です。

新しくオープンした「鉄道市場」にも行ってみたいし、数年前に開通したBTSでチャオプラヤ川の西側のオールドバンコク地区にある寺院など行ってみたいところ満載です。

さて、どこまでこなせるか、、、ほとんど2日しかないのでのんびりしている暇はなさそうです。

インスタ映え必至!鉄道市場(Talad Rot Fai Ratchada)に行ってみたい!

とりあえず行ってみたいのが2015年に鉄道の操車場跡地にオープンした鉄道市場(Talad Rot Fai Ratchada)です。

明日到着後にすぐに行ってみようと思っています。

何しろMRT「タイ文化センター」からサクッと行けそうなので夕食も兼ねて見に行ってみようと思います。

ロケーションと行き方

タイ地下鉄「タイ文化センター」駅下車

めちゃくちゃ広い市場が広がっているのは見所の一つですが、もう一つの見所は隣のビルからの眺めが絶景だということで、、、

鉄道市場を俯瞰する(NHK 2度目のバンコクから引用)

鉄道市場を俯瞰する(NHK 2度目のバンコクから引用)

まずはここに登ってみましょう。

鉄道市場を俯瞰する(NHK 2度目のバンコクから引用)

鉄道市場を俯瞰する(NHK 2度目のバンコクから引用)

最近よく目にすることのあるこんな絶景を見ることができるようです。

最近人気のスポットのようですが、駐車場の6Fから見るんですよねぇ、、(笑)入れるのかな?(笑)

市場で一番人気の肉タワーで有名なお店「Tiaw Mae Kholng Leng Seab」に行ってみたい!

この鉄道市場で一番人気のお店がここ「Tiaw Mae Kholng Leng Seab」です。

Tiaw Mae Kholng Leng Seab外観(NHK 二度目のバンコクより引用)Tiaw Mae Kholng Leng Seab外観(NHK 二度目のバンコクより引用)

Tiaw Mae Kholng Leng Seab外観(NHK 二度目のバンコクより引用)

とりあえず外観はこんな感じらしので、足で探すしかなさそうです(笑)

そこで有名なのがこの「レン」という豚肉に青唐辛子や豚肉のスープをかけたまさに「肉タワー」のような料理です。

Tiaw Mae Kholng Leng Seab 「レン」

Tiaw Mae Kholng Leng Seab 「レン」

とりあえず一人前から食べれるようなので、一人で行っても大丈夫かも?

数名で行けばうず高く積んでくれてインパクトが上がるようですね(笑)

ただし、結構人気店らしいので早めに行った方がよさそうです。

ほかにも行きたいところはあって、B級グルメとかマッサージとか、、
続きは下記をご参照ください。

明日から楽しみです。

関連リンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です