【information】年がら年中やっているマレーシア航空のキャンペーンセール販売中。JGC修行にもってこいのキャンペーン2月2日日まで!東南アジアへビジネスクラスで約10万円  

(広告)

もう年がら年中キャンペーンをしてる感のあるマレーシア航空ですが、昨月に続き今月も行われています。

今回も成田発のビジネスクラスが最安値でポッキリ10万円!+諸税です。

JGC修行にもFOP獲得に比較的効率が良いので私も使っています。

こうやって座席を埋めるからいつ乗っても満席に近いんですね(笑)

ただし、ざっくり予約状況を見て見ましたが、3月の卒業旅行シーズンは既に安い座席は売れてしまっているようです。

今回のキャンペーン期間は長いので、夏休みを前倒しで取得できる方は利用価値がありそうです。


スポンサーリンク

マレーシア航空ビジネスクラスキャンペーン

概要

販売期間:〜2月2日(金)
適用期間:2018年1月13日(土)〜 7月20日(金)
最短ステイ:2日
予約クラス:D/Z
公式サイトはこちらから

ビジネスクラスの予約クラスはD/ZですからJALに125%で積算可能です。

マレーシア航空へのJALマイレージクラブ積算率(公式HP)

主な運賃

東京ーバンコク、ハノイ、シンガポール、ホーチミン、プノンペン等でのビジネスクラスで100,000円から(別途諸税)。
成田発でFOP単価が良いのはやはり航空運賃が100000円のチケットですので、それをまとめてみると以下のようになります。
一番効率の良さそうなデンパサールですが、火山活動は沈静化中でしょうか、、少しリスキーですね、、
妥当なところではジャカルタ、バンコク、ヤンゴンになりますが、まぁ私が行くとしたらバンコクですね(笑)

行き先

航空運賃

諸税

合計

FOP往復

FOP単価

ジャカルタ

100000

3850

103850

10213

10.2

デンパサール

100000

4260

104260

11500

9.1

バンコク

100000

5370

105370

10233

10.3

ヤンゴン

100000

5580

105580

10900

9.7

シンガポール

100000

5440

105440

8908

11.8

プーケット

100000

5370

105370

9385

11.2

コタキナバル

120000

4710

124710

10925

11.4

JGC修行を気にしないのであれば、エコノミークラスもお買い得

FOP単価を気にしないのであれば、エコノミークラスも激安です。

成田、関西発着
バンコク、ジャカルタ、バリ、ペナン、クアラルンプール、コタキナバル行き
往復30000円!

成田発着
シドニー行き 往復59000円!

関西発着
コロンボ行き 往復50000円!

コロンボまで片道38000円で行って、コロンボ発券でJALのバンコク経由東京行きのビジネスクラス往復を購入すると15万円ぐらいで往復できるので、かなりFOPが稼げそうです。

もしかしたら成田-KUL線は1ヶ月間A380になるかも?

3月17日〜4/11まで、週10便で運行中の成田ークアラルンプール線にA380型機を認可申請中のようです。

まだ予約画面ではA330-300型機なので、現在はチケット代金も高止まりですが、これが決まったら座席枠が一気に広がって安いチケットも出てくるかもしれませんね。(繁忙期ですから期待薄ですが)

JGC修行に適しているか?

予約クラスがD/ZなのでJALのマイレージは125%加算です。

JAL便だと東南アジアはFOPが1.5倍とチケットによっては搭乗ボーナスが加算される場合がありますがそれはありません。

しかし、ビジネスクラスなので基本マイルの1.25倍ですから使えそうです。

ただし、最短ステイが2日なので、バンコクタッチやクアラルンプールタッチのような使い方はできません(笑)

また、JGC LIFE Mileageへの加算はありませんので、それを目的にしている人には不向きです。

このチケットで成田からクアラルンプール経由でバンコクを往復すると11312FOP獲得できますので、とりあえず2往復して後はJAL国内線を往復すれば楽にJGC獲得できますので(JGCを取得するには25000FOPはJALで獲得する必要があります)利用価値はあります。

マレーシア航空

機材

全てクアラルンプール経由になります。成田からバンコクへ行く場合、東京からだと成田発MH89クアラルンプール行きで、帰りはMH88クアラルンプール発です。それに合わせた接続便でバンコクまで行くことになります。

以前はライフラットの座席でしたが、現在は最新型のシートに衣替えされており、成田発着のMH89,88は機材が最新のフルフラッとのビジネスクラスシートを備えたA330-300です!

シートが1-2-1、1-2-2と変則的なシート配置なので、予約時のシート選びは慎重にしないといけません。

基本は座席から直接通路に出ることができますが、窓側の2席並びの席だけ直接出ることができません。ご夫婦やカップル用の席でしょうね。

クアラルンプール-バンコク間はB737-800です。

選択便によっては昔のボロシートではなく、長距離用のフルフラットシートに急遽変更になる「かも」しれません。
まぁそうなったらラッキーぐらいに思っておきましょう。

昨年の昔のライフラットシートの搭乗記

昨年のMH89便搭乗記

昨年のMH88便搭乗記

新フラットシートの搭乗記

成田ークアラルンプール間は現在全てこのシートに変更になっています。
実は座席によって広さが微妙に違うのですが、以前よりも断然快適になりました。

バンコクークアラルンプールの昔のボロシートの搭乗記

短距離路線は普通のビジネスクラスのシートです。

しかし!事前指定ではこのシートだったのに乗ってみるとシップチェンジになっていていきなり長距離用のフルフラットシートになったりするからびっくりです。

それも運でしょうね。

ラウンジ

クアラルンプール空港のラウンジは流石マレーシア航空のハブ空港だけあって広大で快適です。

私はワンワールドエメラルド会員なのでクアラルンプール空港ではファーストクラスラウンジを使いましたが、その横にあるビジネスクラスラウンジもめちゃくちゃ広くてヌードルバーや食べ物も豊富でものすごく快適でした。

できれば乗り継ぎ時間は少し長めに取ってラウンジでゆっくりすると良いでしょう。

ただし!クアラルンプールでの乗り継ぎ時間を1時間にしてしまうとラウンジによっている暇はありません。

少し余裕を持ってラウンジでゆっくりしてみてはいかがでしょうか。

年明けまではこのラウンジは改装工事中で閉鎖されていますが、今回のセールの時期にはすでにオープンしていますので問題ないでしょう。

昨年クアラルンプール空港ファーストクラスラウンジを使った時の様子は下記の投稿をご覧ください。

まとめ

FOP単価約10のマレーシア航空ビジネスクラスですが、約10万円で快適にバンコク往復できるのでよく使っています。

座席もバンコクークアラルンプール間も含めて全てフルフラットの最新式のシートに変更になっていますので快適度が増しました。

設定期間がGW直後から2ヶ月間なので、休みをずらして取得できる人やJGC修行を目指す人はコスパに優れるマレーシア航空を使ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク



関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください