【Information】JR北海道の新幹線・特急が6日間乗り放題で12000円!「HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス」のお得な使い方と注意点 

HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス
(広告)

落ち込んだ消費を刺激すべく自治体が補助金を使ってくれていますが、JR北海道ではひっそりと大盤振る舞いのフリー切符を発売しています。

年初はまん延防止などの行動制限があったので休止していた模様です。

その名も「HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス」

いつも使っている大人の休日倶楽部北海道5日間フリーパスが17400円なのですが、それよりはるかに安い6日間のり放題で12000円という破格の設定です。

しかもこれ誰でも買えますし9月25日まで利用可能です。

北海道はこれからがベストシーズン。

6月からはラベンダーの季節ですし、梅雨の時期や夏休みなど北海道を爆走するってのもいいんじゃないでしょうか。


「HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パスとは?」

既に3月25日からひっそりと売り出されていますが、「ぐるっと北海道・公共交通利用促進キャンペーン」の一環でJR北海道のみで発売されている周遊パスです。

<概要>
値段:大人12000円(子供料金設定なし)
JR北海道内の在来線特急・普通列車の普通車自由席及びJR北海道バスがのり放題。
普通車指定席は4階まで利用可能
発売期間:2022年8月31日まで
利用期間:2022年9月30日まで(2022年9月25日利用開始分まで)
有効期間:連続する6日間
発売場所:JR北海道の主な駅の話せる券売機・指定席券売機・みどりの窓口

お得なパスなので払い戻し規定などは通常のチケットとは違うので確認が必要ですが、それ以外に気になる点があります。

特に注意する事項:
使用前日までに購入が必要(当日利用開始分は購入できない)
・「ぐるっと北海道・公共交通利用促進キュアンペーン」補助金から計算した反愛予定枚数が上限に達した時には発売期間中でも販売を終了する。
・北海道内の発売所でしか購入できない。

JR北海道のお得な切符 「HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス」公式HP

「HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス」PR 公式HP

これは大人の休日倶楽部北海道パスの5日間乗り放題17400円よりお得ですし、何よりこれからの北海道のベストシーズンと夏休みを全部カバーする利用期間ということでめちゃくちゃお得な周遊券です。

元を取るのはめちゃくちゃ簡単、北海道はでっかいどー

このような周遊パスを使う時に気になるのは「元が取れるのか(笑)」ですが全然心配ありません。

例えばこれからの季節ラベンダーの花が見頃になってきますが、富良野のラベンダー畑に行こうと思うと札幌からラベンダー畑駅まで特急自由席で片道片道5900円、往復11800円!1往復でほとんど元が取れますね(笑)

札幌から登別温泉へ行く場合、登別まで特急自由席で片道で4250円!往復で8500円です。

札幌から旭山動物園へ行く場合は、、旭川まで特急自由席で片道4690円!往復で9380円になります。

(お得な切符は考慮せずノーマル料金のみ表示しています)

JR北海道は高い!のではなく、単純に遠いのです(笑)

まさに北海道はでっかいどーなのです。

もちろんそれだけ電車に乗っている時間もかなり長くなるわけですが、逆にずーーっと電車に乗っていることも可能なのです(笑)

モデルプラン1 超ハード?、札幌から「毎日」遠くの観光地を巡る!

昨年色々お得なチケットを組み合わせて北海道を5日間ひたすら電車で爆走してみました。

札幌から日帰りで北の果ての稚内を観光しに行ってみたり、、↓

東の果ての釧路まで行って秘湯・川湯温泉まで行ってみたり、、

久しぶりに旭川まで旭山動物園に行ってみたり(笑)

毎日色々なところに行けて結構楽しかったです(笑)

モデルプラン2 北海道をくまなく回って満喫する

2018年にも北海道を5日間電車に乗り続け、釧路、札幌、函館を巡る旅行をしていました。

5日もあれば電車に乗り続けるだけでも北海道をくまなく回れます(笑)

ゆっくりしたい場合は帯広のモール温泉とかなかなかよかったです。

帯広からはレンタカーを使わないと行けないですが、幸福駅とか。。

6日間ものり放題ならば広い北海道でも割と丁寧に楽しめるんじゃないかと思います。

毎日電車に乗り続けなくても大丈夫(笑)

まとめ

ひっそりとJR北海道内を6日間のり放題12000円!という「HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス」が売り出されていました。

北海道までの足の確保と北海道内でしかパスが買えない&買った翌日からしか使えないという注意点はありますが、破格のフリーパスであることには変わりないので存分北海道を楽しめるでしょう。

毎日電車に乗り続けるという過酷なことをしなくても(笑)広い北海道を満喫してみませんか?

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください