毎年年末年始はバンコクで年越し / Vol.3 日本航空JAL904 那覇 – 羽田 地上移動で成田空港へ! 

JA8945 B777-300 Boeing777-346 28397/238 1999/08

マイラー御用達の沖縄発東京経由バンコク行きのチケットですが、沖縄ー成田区間はJALが運行していないので共同運航便のJetStar便が使えます。

ただ、今回使用したチケットはバンコク発券のチケットでして、発券時にどうしても沖縄-成田便の選択ができず、止むを得ず羽田から成田へ地上移動することにしました。

この時購入したのは予約変更可能なチケットだったので、ダイヤモンドデスクへ電話して沖縄- 羽田を沖縄-成田に変更できないかお願いしたのですが、その時は「JETSTARとの共同運航便は使用できません」とあっさりと拒否されてしまいました。

えーー共同運航しているはずなのに使えないの?と疑問を持ちつつも仕方なく地上移動をすることにしました。

旅行期間 2016/12月
エリア  タイ(バンコク)
テーマ  街歩き。食べ歩き

目次
・Vol.1 年末のフライトはもちろん沖縄行き?日本航空JAL917 羽田- 那覇で沖縄へ
・Vol.2 初A&W 感想は、、微妙。那覇空港飛行機コレクション
・Vol.3 日本航空JAL904 那覇 – 羽田 地上移動で成田空港へ!
・Vol.4 成田空港 JALファーストクラスラウンジをまさに駆け巡る
・Vol.5 日本航空JL707 成田 – バンコク ビジネスクラス搭乗記
・Vol.6 年末年始の宿泊はThe Westin Bangkok 宿泊記
・Vol.7 The Westin Bangkok の朝食はめちゃくちゃ豪華、、胃もたれしそう(笑)
・Vol.8 The Westin Bangkokの朝食でこれだけ食べてみた
・Vol.9 バンコクで一番込み合うASOK近くで落ち着くカフェと公園の穴場!「BLACK CANYON COFFEE」、「ベンジャキティ公園」(Benjakitti Park)
・Vol.10 年末のバンコクの風景〜どんどん変わって行く町並み〜
・Vol.11 初詣は黄金仏像を見にワット・トライミットへ参拝〜眩いばかりの仏像にびっくり〜
・Vol.12 The Westin Bangkok のニュー・イヤー・タオルデコレーションが可愛い
・Vol.13 バンコク スワンナプーム空港 エバー航空ラウンジはスターアライアンス利用の時の穴場ラウンジ
・Vol.14 全日空 NH850 バンコク- 羽田 ビジネスクラス搭乗記
・Vol.15 全日空 ANA463 羽田 – 那覇 プレミアムクラス搭乗記〜年始は機内食もおせちバージョン〜
・Vol.16 ANA側の展望デッキは閉鎖中、しかたがないので那覇空港ANA SUITE LOUNGEでで寛いで、そのまま引き返す!
・Vol.17 ANA996 沖縄 – 羽田 プレミアムクラス搭乗記

<往路>
JAL917 HND(13:00) – OKA(15:25)
JAL904 OKA(11:45) – HND(13:55) (国際線チケットの国内区間)
JL707 NRT(17:50) – BKK(23:10)

<復路>
NH850 BKK(22:55) – HND(06:30)
ANA463 HND(07:55) – OKA(10:45) (国際線チケットの国内区間)
ANA996 OKA(13:10) – HND(15:25) プレ28


スポンサーリンク

今回のチケットは年末の繁忙期ということもあって、成田ーバンコクしかアップグレード枠が残っていませんでした。やはり人気の羽田ーバンコクは満席です。

通常は那覇ー羽田ーバンコクで繋ぐのですが、「成田ーバンコク」に変更しても「那覇ー成田」の便がないので仕方がありません。

那覇ー羽田ー(地上移動)ー成田ーバンコクで行くことになりました。

羽田ー成田の空港間移動が伴う場合、JALグループを使用して国内線(羽田)から国際線(成田)への最低乗り継ぎ時間は3時間

感覚的に少し乗り継ぎ時間ぎりぎりじゃない?と思いますが、多分大丈夫なのでしょう。

ということで、出発です。

ジェットスターとのコードシェア便で成田経由にできる

昨年末は仕方ないなぁ〜で済ませてしまいましたが、今振り返ってみるとどうもどうもおかしいので色々と調べて見ました。

国内の地方空港からJetStar共同運航便で国際線のチケットは取得可能

どうやらちゃんと一続きのチケットとして発券すれば接続便として取得できるようです。

取り合えずJALのHPでも試してみた

普通に沖縄発バンコク行きを検索するとこうなります。

沖縄発バンコク行き検索結果

沖縄発バンコク行き検索結果

成田経由便はなぜかJALを優先的に選ぶようです。

というわけで、ここでは右側の「国内線変更」をクリックします。

那覇ー成田便変更

那覇ー成田便変更

こんな画面になって選べますので、とりあえずJL6184を選択してみます。

というか乗り継ぎ枠って9席しかないの??

沖縄ー成田便変更後

沖縄ー成田便変更後

ちゃんと切り替わりました。

スポンサーリンク

タイのサイトで同日の予約状況を確認

JALタイランド HPで予約状況を見てみました

JAL タイホームページ検索結果

JAL タイホームページ検索結果

そもそも成田便と関西便がなく、羽田経由便しか出てきません。接続の国内線も選ぶことはできません。

バンコクー那覇便を比較してみる

同日でバンコク発沖縄行きを日本のサイトとタイのサイトで検索してみました。

日本のJAL HPでの検索結果

バンコク-那覇 日本サイト検索結果

バンコク-那覇 日本サイト検索結果

JAL タイランドHP検索結果

バンコク-那覇 タイサイト検索結果

バンコク-那覇 タイサイト検索結果

今度は中部空港経由便がありません。中部空港は国内線の接続がJetStarなんです。

どうやらジェットスターを使う便は海外発券航空券では選べないようです。

サイト間の違いが段々わからなくなったので直接電話で聞いてみた

どうもよくわからないのでダイヤモンドデスクに電話して聞いてみました。

まとめると以下の通りです。

・JetStarとの提携内容が随時更新されるので国内サイトで選べない場合は予約はできない。

海外のサイトでは日本国内とは料金体系やプランが異なるのでJetStar提携路線がでてこない可能性がある。

JAL日本国内サイトの方がJAL海外サイトより解放されている座席数は多い

海外発日本行きチケットはHPで取れない区間も日本のコールセンターで取得可能だが、発券手数料が5400円かかる

・仮に海外発券の予約変更可能な航空券を購入したとしても、国内区間のJetStarとの取り決めで座席クラスがかなり上のクラスでないと後から予約変更できない可能性がある

国際線の国内区間のクラスは「Y」のはずだが、実はそれには何種類もあって、JetStar便に変更できるチケットとできないチケットが存在するようです。

つまり、「国内区間を含む海外発券チケットを購入する為には、JALのコールセンターで予約をした上で接続便を含めて一括で購入した方がコードシェア便を含めて予約ができてお得」ということになります。

どうやらJetStar便は日本で普通に発券する分には特に不便なことはないようですが、海外発券航空券を使う時は非常にややこしいようです。

JALはチケットの購入がややこしくなってきました。

今年に入ってバンコク発券のチケットの料金体系が変わって、安いチケットでも割とフレキシブルに変更できたのですが、それが手数料がかかるようになりました。

感覚的には日本で購入のチケットが高くて柔軟性がないのが随分と安くなってきた反面、海外発券のチケットの値段が上がって柔軟性がなくなっているような気がします。

ANAの海外発券はまだ予約変更可能枠が広いのでむしろそちらの方が使い勝手が良いかもしれません。

スポンサーリンク

日本航空 JAL904 那覇 – 羽田 ボーディング

日本航空 JAL904 那覇 - 羽田 ボーディング

日本航空 JAL904 那覇 – 羽田 ボーディング

JA8945 B777-300 Boeing777-346 28397/238 1999/08

JA8945 B777-300 Boeing777-346 28397/238 1999/08

本日の機材はちょっと古めのボーイング777です。昔はこれが大体ジャンボ機だったんですが、今では大型機は777が主流です。もう少しするとこれがA350になるのかな?

新しい機材が楽しみです。

那覇空港離陸!

いつもの通り自衛隊機を見ながら滑走路端まで向かいます。

滑走路端で着陸の飛行機を見ていると、、風が強いせいか小型機が傾きながら着陸して来ます。

上昇中は新しい滑走路建設の進捗を見ながら上昇して行きます。ちょっとづつですが工事も着々と進んでいるようです。

ちょっと曇っていますが、それでも沖縄の機齢な海やサンゴ礁が綺麗です。

羽田空港着陸!

何度と無く那覇から羽田に戻って来るフライトには乗っていますが、ほとんど千葉上空を通過して富津岬のポイントから海ほたるを見ながら着陸するというのがお決まりのルートですが、なぜか本日は横浜方面からのアプローチです。

通常羽田空港から南の方向に行く場合は、離陸後このコースを通ることが多いのですが、風向きの影響でしょうか?今日は逆です。

さて、羽田から成田へ地上移動!

若干遅れて羽田に14時ちょっと過ぎに到着ました。

成田からのJL707便は17:50発ですから接続時間は3時間50分です。

リムジンバスだと荷物をゴロゴロ引きずらなくて乗っているだけで良いから楽ちんで良いかなぁと思っていましたし、大体90分〜100分ぐらいで着くので時間的にもまぁちょうど良い感じです。

リムジンバスは全便満席?

とりあえずバス乗り場に行くと、、げ、16時台まで満席????

1時間に4本も5本も出ているバスなのに2時間先まで満席というのはどういうことでしょう。

こりゃ絶対に間に合いませんね(笑)

荷物が多い場合はリムジンバスが楽なのですが、かなり混み合っていますから予約は必須です!

羽田ー成田間の交通はめちゃくちゃわかりにくい

仕方がないので京成電車を使って成田空港まで行くことになりました。

成田行きの電車を使うと2時間ほどかかります。まぁバスも電車も1時間半〜2時間かかるということで、、

今まで成田へ地上移動したことがなかったから気がつきませんでしたが、羽田と成田の間の地上移動ってめちゃくちゃ不便です。

リムジンバスに乗れない時点で私は直ぐに駅探でルート検索をして京急の駅に急ぎましたが、外国人の人は途方に暮れたでしょう。

羽田と成田間の接続が非常に煩雑でわからないんですが、これってどうにかならんのでしょうかね〜

スカイライナーとか成田エキスプレスとか羽田空港発着はありませんからね。バスが満席な時点でバンバン臨時便を出すとか、最近流行りに2両編成バスにしてキャパシティをあげるとか、、

やっぱりリニアを地下に通しちゃうとか(笑)

空港は立派でもそれを繋ぐ思想ができていないので首都圏の空港はめちゃくちゃ不便です。

スポンサーリンク



関連リンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です