飛行機・機内食・旅の思い出 2012/ 10月 一泊二日で成田から当時のエアアジア国内線を使って宮古島タッチをしてみた! Part.2 宮古タッチの後乗り継いで成田に帰還 

Boing737
(広告)

【発掘した2012年の写真を掘り起こして過去を振り返ってみます。】

好きなんですよねぇ、、宮古島タッチ(笑)

時期や混み具合にもよりますが、片道8000円ぐらいで約50分間の遊覧飛行気分が味わえます(笑)

SFC修行としてはそれほどPP単価よいわけではないのですが、ちょっとPP足りないなぁという時にはうってつけのコースです。

Part.1 就航当時のエア・アジア国内線で成田から那覇へ!
Part.2 宮古タッチの後乗り継いで成田に帰還


スポンサーリンク

宮古島タッチ

ただただ飛行機に乗るのであれば宮古島タッチもオススメです。

何しろプレミアムクラスにアップグレードするぐらいの料金でちょっと離島まで遊覧飛行気分でいけますし、そのまま同じ飛行機で折り返せば乗り遅れる心配なんてありません(笑)

那覇空港に引き返した後は接続便で羽田に戻ればいいのでこんな無駄な遊びはありませんね(笑)

直近の宮古島タッチは下記の投稿をご参照ください。この時は行きと帰りが同じ飛行機、同じCAさんだったのでかなり恥ずかしい思いもしましたが、手作りの搭乗証明書なんかもらっちゃって面白かったです。

全日空 ANA1723 那覇 – 宮古 ボーディング

全日空 ANA1723 那覇 - 宮古 ボーディング

全日空 ANA1723 那覇 – 宮古 ボーディング

JA64AN B737-800 Boeing737-881 33902/3478 2010/11

JA64AN B737-800 Boeing737-881 33902/3478 2010/11

この時点でまだ2年しか経っていませんからピカピカの新造機ですね。

全日空 ANA1723 那覇 - 宮古

全日空 ANA1723 那覇 – 宮古

こういう図柄で写真が撮れたということは、、沖留めのバスでのボーディングですね(笑)いやぁ、秋晴れで気持ちがいいです。

こんな時は沖留めも良いかなぁ〜なんて思っちゃいます。

またアシアナ航空機、、

またアシアナ航空機、、

お昼の時間帯はアシアナ航空を見ることが多いですが、当時はまだ新しい国際線ターミナルができていなかったので、基本全ての国際線は沖留めの刑です。

スポンサーリンク

宮古島まで遊覧飛行気分

慶良間諸島

慶良間諸島

離陸後約20分程で慶良間諸島の上空を通過します。

丁度慶良間空港が見えますが、ここまでだったら船の方が便利かもしれません。

慶良間諸島

慶良間諸島

慶良間諸島を後にして、、

全日空 ANA1723 那覇 - 宮古

全日空 ANA1723 那覇 – 宮古

しばらく遊覧飛行気分を味わいます。

宮古空港到着

宮古空港

宮古空港

貝殻のシーサーがお出迎えです。

宮古空港レストラン paipaoi のむら

宮古空港レストラン paipaoi のむら

ここはハワイか!と突っ込みたくなるような看板の老舗のレストランです。

とりあえずここでお昼ごはんを食べることにします。

沖縄定食

沖縄定食

とりあえずなんでもありの沖縄定食です。正式な名前は何だったか忘れてしまいましたが、沖縄そば、ゴーヤチャンプル、海ぶどうなどとりあえず沖縄に行ったら食べておいた方が良い有名所が全部入っています。

もちろん展望デッキにも行きます

宮古空港

宮古空港

宮古空港の展望デッキに行くと、1本しかない滑走路が見渡せるのと、見事な赤瓦の屋根も見ることが出来ます。

沖縄っぽくてキレイです。

滑走路が一本だけど離発着は多いので色々と楽しめます。

RAC

RAC

このシーサー柄のRAC塗装が好きです。JAL塗装のRACはどうも似合いません。

JG-3053 JGSDF Beechcraft 350 King Air FL-266

JG-3053 JGSDF Beechcraft 350 King Air FL-266

珍しい飛行機があると思ったら陸上自衛隊の飛行機です。

JA003G 国土交通省 航空局 Saab2000 2000-051 1998/11

JA003G 国土交通省 航空局 Saab2000 2000-051 1998/11

これは管轄が国土交通省 交通局の飛行機です。

陸上自衛隊の飛行機とお役所の飛行機がなんで宮古島に揃ってあったのかは不明です。

スポンサーリンク

全日空 ANA1726 宮古 – 那覇 ボーディング

さて、那覇空港に戻ってそのまま羽田に乗り継ぎます。宮古空港滞在時間はおよそ2時間20分でした。

東京までの帰りはもちろん、、、エアアジア!

全日空 ANA1726 宮古 - 那覇 ボーディング

全日空 ANA1726 宮古 – 那覇 ボーディング

那覇空港到着!

全日空 ANA1726 宮古 - 那覇 那覇空港到着

全日空 ANA1726 宮古 – 那覇 那覇空港到着

今回も沖止め、、

太陽が随分と西の空に傾いてきています。天気が良いと飛行機もキレイに見えます。

時間があるのでお決まりの見学者デッキへ

帰りのエアアジア便の出発まで3時間ほどありますので、やはり見学デッキに飛行機を見に行きます。

アーク塗装のJTA

アーク塗装のJTA

夕暮れ時のターミナル

夕暮れ時のターミナル

Boing737

Boing737

夕暮れ時の空港も黄昏れた雰囲気があって好きなんです。すぐに真っ暗になっちゃいますけどね。

また倉庫ターミナルへ

ぼちぼち搭乗時刻なので倉庫ターミナルへ行ってみます。

那覇空港LCCターミナル

那覇空港LCCターミナル

うーん、まだ人もまばらです。おかしいなぁ、、出発1時間15分前なのに。

那覇空港LCCターミナル

那覇空港LCCターミナル

取ってつけた感満載の保安検査場。まさに貨物ターミナルにベニア板で仕切りを作っただけの簡素さです。

JW8666 那覇 - 成田

JW8666 那覇 – 成田

案の定遅れています。まぁ40分程度だから優秀です。覚悟していたほど遅れないです。

那覇空港 LCCターミナル

那覇空港 LCCターミナル

これまだあるのかなぁ、、流石に5年前だから無いかも?

那覇空港 LCCターミナル

那覇空港 LCCターミナル

空調もダクトむき出し(笑)なんかもう少しこの外観を活かしたデザインって考えつかなかったのかな(笑)イソギンチャクデザインにしてみるとか(笑)ターミナル自体が倉庫なんだから思いっきり遊び心満載にすれば楽しいのになぁ。

那覇空港 LCCターミナル 搭乗口

那覇空港 LCCターミナル 搭乗口

搭乗口って、、まさに倉庫のドアですね。ある意味頑丈ではあるけれど。

エアアジア JW8666 那覇 - 成田 ボーディング

エアアジア JW8666 那覇 – 成田 ボーディング

もちろん沖止めです。

しかも、、

エアアジア JW8666 那覇 - 成田 ボーディング

エアアジア JW8666 那覇 – 成田 ボーディング

後ろを振り返ると、倉庫ターミナルから歩きでここまで来るのです。

雨が降ったら面倒ですね。

というわけで、エアアジアが就航していた当時を振り返ってみましたが、色々と面白い経験をさせてもらいました。

そういえば、機内の写真がない、、

座席のピッチが予想はしていたのですが、それ以上に狭かったので沖縄は若干きついかなぁ、、という感じでした。

福岡とか札幌なら1時間半なので特に問題ないレベルでしょう。

エアアジアを引き継いだバニラエアには乗ったことがありませんが、どうなんでしょうかねぇ、、同じかな?

たまにセールをしているので、チャレンジすることもあるのですが、アクセスが集中しすぎてチケットがとれません。

激安だったら乗ってみても面白いと思っているのですが、それ以外の時は特にメリットを感じないので搭乗する機会が全然ありません。

まぁこれも面白い思い出として記録しておきます。

スポンサーリンク



関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください