JALダイヤモンド修行を兼ねてシンガポールへ / Vol.10 アミューズメントパークのような ‘Bugis junction’ と カジュアルな ‘Bugis+’、 アジアンテースト満載の’Bugis street’ を散策 

ブギス・ストリート ( BUGIS STREET)

シンガポールでショピングといえばオーチャード・ロードが有名ですが、若干お高めの高級ショッピング街のイメージがあります。

どこか散策して面白いショッピング街はないか、、ということで、行ってみたのは「ブギス・ストリート」

この辺はJBへのバス乗り場があるなど交通の発着場所でもありますが、人が集まるところなのでショッピング街も充実です。

しかも、観光客よりも地元の人にも人気のショッピング街ということで、新しいモールや昔からある怪しげな(?)モールなど様々です。

ぶらっと歩いていると楽しいですよ。

旅行期間 2017/06月
エリア  シンガポール
テーマ  街歩き。食べ歩き、JAL修行

目次
・Vol.1 6月はJAL FOP2倍月間に設定 JAL915 羽田 – 沖縄 搭乗記
・Vol.2 修行の定番!那覇発東京経由シンガポールへ 那覇空港JALサクララウンジ&JAL900 那覇 – 羽田 搭乗記
・Vol.3 羽田でシンガポールへ乗り継ぎ 羽田空港JALファーストクラスラウンジ
・Vol.4 一路シンガポールへ!JL37 羽田 – シンガポール ビジネスクラス搭乗記
・Vol.5 シンガポール チャンギ国際空港を散策 ”Project Jewel”建設中
・Vol.6 Sheraton Towers Singapore宿泊記
・Vol.7 ホーカーズを食べ歩き〜Newton Food Centre、Toa Payohショッピングモール、Maxwell Food Center(チャイナタウン)〜
・Vol.8 電車とバスで簡単に行けるマレーシア。ジョホールバル(JB)に行ってみた。
・Vol.9 タダでは無いけれど圧巻のナイトショー「ウィングス・オブ・タイム (Wings of Time)
・Vol.10 アミューズメントパークのような ‘Bugis junction’ と カジュアルな ‘Bugis+’、 アジアンテースト満載の’Bugis street’ を散策
・Vol.11 Changi Airport Terminal1 British Airways Lounge 訪問記
・Vol.12 Changi Airport Terminal 1 Qantas Singapore Lounge 訪問記 カンタス航空のラウンジは広大だった!
・Vol.13 日本航空JL36 シンガポール – 羽田 ビジネスクラス 搭乗記
・Vol.14 急いで那覇行に乗り継ぐ 日本航空 JAL903 羽田 – 沖縄 搭乗記
・Vol.15 今回は宿泊なし!乗り継ぎ便出発まで飛行機を見て楽しむ 〜那覇空港 飛行機コレクション〜
・Vol.16 日本航空 JAL908 那覇 – 羽田 搭乗記

<往路>
JAL915 HND(12:15) – OKA(15:00) 先得クラスJ 3344FOP(2倍FOP)
JAL900 OKA(7:35) – HND(9:55) 国際線乗り継ぎ 4336FOP(2倍FOP)
JL37 HND(11:30) – SIN(17:35) Y+マイルでアップグレード 5368FOP

<復路>
JL36 SIN(21:50) – HND(+1 5:50) Y+マイルでアップグレード 5368FOP
JAL903 HND(7:55) – OKA(10:30)  国際線乗り継ぎクラスJ Upgrade 4728FOP(2倍FOP)
JAL908 OKA(13:30) – HND(15:50)  先得クラスJ 3344FOP(2倍FOP)

合計 26488FOP

今年のJAL JMBダイヤモンド修行の全投稿の記録は以下のリンクをご覧ください。


スポンサーリンク

BUGIS JUNCTIONはちょっとおしゃれなファッションモール

まずはお手軽にMRTブギス駅(Bugis)から出発

外を歩くと暑いですからね(笑)ベイエリア近辺のラッフルズホテルからも徒歩圏内ですが、暑いのでMRTに乗ってBugis駅まで直接行きます。駅と直結なので便利です

アクセス

Bugis Junction

Bugis Junction

Bugis Junction

Bugis Junction

通りには小さな露店が整然と並んで居ます。アジア特有のごちゃごちゃ感はなくデパートの中の小物を売っているお店のよう、、、だと思ったら、ここはまさにショッピングモールの中(笑)

天井もちゃんと屋根があって空調もされているので快適そのものです。

Bugis Junction

Bugis Junction

なんかアミューズメントパークにいるような感じがします。

Bugis Junction

Bugis Junction

露店が並んでいて庶民的かと思いきやモールの奥の方にはインターコンチネンタルホテルが!

空調が効いていて快適なのと、並べられている商品が可愛らしいものがたくさんあって、ちょっとアミューズメントパークに入ったような感じのショッピング街になっています。

お手頃価格のカジュアル品からローカルブランドまで幅広く扱っている感じです。もちろん疲れた時に軽くつまめるカジュアルダイニングからきちんとした食事まで取れるようになっていますので、ゆったりと買い物を楽しめます。

スポンサーリンク

巨大ショッピングセンター「Bugis+」

Bugis+

Bugis+

Bugis Junctionを出て目の前になにやらド派手な建物があります。これがBugis+です。これ、夜になるとライトアップされるのかな、、、

道路を越えるためにはもちろん右上の通路を通って行きます。シンガポールはほとんどのビルが空調の効いた通路で繋がっていますから、外は暑くても意外に歩いてどこでもいけちゃいます。

アクセス

Bugis+

Bugis+

巨大な吹き抜けの奥には、、シンガポール最大級のユニクロが入店しています(笑)

高級ショッピングセンターというよりも少しローカル色の強い若者を意識したカジュアルなモールです。

Bugis+

Bugis+

カラオケ屋さん発見

Bugis+

Bugis+

ネーミングは別にしてお寿司屋さん発見

Bugis+

Bugis+

ラーメン屋さん、、、というかこのビルのテナントは日本色強すぎやしないでしょうか(笑)

とりあえずお昼はつけ麺を食べたのですが、味は日本と同じで美味しいのですが、、なぜか麺の量が1.5倍ほどあって結構量が多いんです。

サービスなのかシンガポールの人はたくさんたべるからなのかは知りませんが、一人前がものすごく多いんです。

つけ麺一人前16.8S$ですから日本円換算で約1400円ほど。まぁ確かにその値段ならあの量は納得かもしれません。日本と同じぐらいの値段で同じぐらいの量にして欲しかった。

スポンサーリンク

怪しさ満点「ブギス・ストリート ( BUGIS STREET)」

アクセス

ここまで散策してきたのは比較的新しめでおしゃれなショッピング街です。

やっぱりアジアっぽいちょっと雑多なところはないのかと思ったら、、ありました。

ブギス・ストリート ( BUGIS STREET)

ブギス・ストリート ( BUGIS STREET)

この場所は小さなエリアにぎゅーーっと色々なものを寄せ集めた場所で、掘り出し物や面白いお土産の宝庫です。

この周りには庶民の味方ホーカーズの屋台街もありますので、アジアンチックな雰囲気に浸りながら食べ歩きや町歩きにはとても面白い場所です。

ブギス・ストリート ( BUGIS STREET)

ブギス・ストリート ( BUGIS STREET)

中に入るとまさにそこはアジア!

地元の人はもちろんですが、観光客もたくさんいてごちゃごちゃ感満載です。

ブギス・ストリート ( BUGIS STREET)

ブギス・ストリート ( BUGIS STREET)

中に入ると、、おそらく3階建ぐらいだと思うのですが、道が入り組んでいます。天井低い!

「おそらく」という表現を使ったのは、増築に次ぐ増築でどうやら建物が何個か合体しているようで(笑)ちょっとした段差を抜けると別の建物に入ったような感じがして、一体このビル全体の構造はどうなっているのか全くわかりません。

したがって、、出口を探すのに一苦労でした(笑)

これって、火事が起こったら間違いなく逃げ遅れるな、、と若干不安に感じながらも建物の中を探検します。一応避難用の階段はあるようなのですが、、

ブギス・ストリート ( BUGIS STREET)

ブギス・ストリート ( BUGIS STREET)

所狭しと小さな商店が軒を連ねます。この辺もアジアっぽくて面白いんです。

ブギス・ストリート ( BUGIS STREET)

ブギス・ストリート ( BUGIS STREET)

どんなところにもフードコートは存在します(笑)小さいながらもちゃんとフードコートがあるところがアジアです。

この地区だけ見て回っても半日は楽しめます。

今回紹介した3つの場所はそれぞれ道を挟んでほとんど同じ場所にありますので、のんびりと散策していると半日は過ぎてしまいそうです。

おまけに隣接して居ますし、施設の中は空調が効いていますから涼しい(笑)

お昼はこのようなショッピングセンターをのんびり散策して、夕方から夜にかけて野外の散策をすると暑いシンガポールを観光するのにちょうど良いですね。

スポンサーリンク



関連リンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です