ANAダイヤモンド修行2017 / Vol.11バンコクに到着!BTSの終電に間に合わず結局タクシーでホテルへ

Convenient park hotel
(広告)

バンコク到着はほぼ定刻の22時40分。これなら電車とBTSでホテルまで楽勝!と楽観視していたのですが、それが裏目に出てしまいました。

ホテルの場所を詳しく調べていかなかったのが敗因ですが、素直に空港からタクシーで行った方が結果的に時間的にずっと早く到着できて、料金的にも安上がりでした。

今年のANAダイヤモンド修行の全投稿の記録は以下のリンクをご覧ください。


スポンサーリンク

経路

第一区間
ANA463 HND(07:55) – OKA(10:45) プレ特28(2860pp)
第二区間
ANA2158 OKA(11:55) – NRT(14:20) M(Y)国内線乗り継ぎ(1968pp)
第三区間
NH807 NRT(17:20) – BKK(22:40) Y(Y) プレエコ(4703pp)
第四区間
NH848 BKK(10:25) – HND(17:55) Y(Y) プレエコ(4703pp)
第五区間
NH479 HND(20:00) – OKA(22:45) M(Y)国内線乗り継ぎ+UPG(2952pp)
第六区間
NH996 OKA(13:10) – HND(15:25) 旅割28→9000円でプレミアムクラス(2460pp)

合計プレミアムポイント 19646pp

2017年総合計プレミアムポイント 49169pp

スポンサーリンク

バンコク到着!楽勝だと思ったらBTSの終電を逃す

バンコク到着はほぼ定刻の22時40分。大体市内まで1時間もあれば電車で行けるので楽勝!と思っていましたがちょっと誤算が重なってしまいました。

入国審査が少し時間がかかってしまい、エアポートリンクの乗り場に着いたのが23時20分。結局電車が出発したのが23時40分ですから、BTSの終電までギリギリかJUST OUTです。

本当はマッカサンで地下鉄に乗り換えてASOK駅からBTSの乗ろうと思っていたのですが、乗り換え時間を考えると到底間に合いそうにありません。

そもそも、ホテルの場所がBTSの駅の近くとしか認識していなかったので、ここで初めてgoogle mapで位置関係をみて見ます。

スワンナプーム空港と宿の位置関係

スワンナプーム空港と宿の位置関係

なんと!丁度バンコク中心部と空港の間ぐらいです。ここで若干後悔。この距離なら素直に空港からタクシーに乗った方がよかった、、、

でもエアポートリンクに乗ってしまったので仕方がありません。取り敢えずBTSに乗り継ぐべくPhaya Thai駅まで行ってみましたが、その時点で丁度0時を少し回ったところ。BTSは終了していました。

もうそうなったらタクシーに乗るしか手がありません。仕方なくPhaya Thai駅からタクシーを拾って宿までいきました。25分ぐらいで140THBぐらいでチップも含めて200THBです。電車移動の時間を無駄にするぐらいだったら空港から直接行っても多分200〜300THBぐらいだったでしょう。

やっぱり事前にちゃんと宿の位置関係を調べておくべきでした。いつも行っていて慣れているのが災いになり、ちゃんと調べておかなかったことを後悔です。

バンコクのタクシーは少し丁寧になった?

バンコクのタクシーといえば乗車拒否やぼったくりのイメージが強く、そのイメージを払拭すべく色々なキャンペーンを実施するもしばらくすると元に戻るという循環を繰り返していました。

今回パヤタイから乗ったタクシーの運転手さんは女性。タイで女性の運転手さんに当たったのは初めてかもしれません。これが予想外に丁寧。

車も綺麗だし、料金交渉もなしでちゃんとメーターを使います。ただ、運転は若干荒かったですが、タイ国内は車道は無法地帯なので(笑)それは目をつぶります。

そういえば、年末もタクシーを使いましたが結構丁寧だったような気がします。もしかして最近はタクシーんクリーンアップ作戦が功を奏して良くなったかも?もうしばらく様子をみてみます。

スポンサーリンク

激安だけどそれなりに快適な「Convenient park hotel」

今回宿泊の「Convenient park hotel」はコスト重視でANA旅作でホテルを選ぶときに「BTSに近い」のと「安さ」で決定しました。ほとんど寝るだけですからね。

しかし、前回のシンガポールで懲りたので今回どんな感じだろうと少し不安でもありました。

今回の「Convenient park hotel」は普通に泊まっても3000円ちょっとで宿泊できます。前回のシンガポールの1/3です。どんなところだろう、、と一抹の不安を覚えながら到着です。

Convenient park hotel

Convenient park hotel

あ、意外とちゃんとしたホテル(笑)と思ったら、この横に旧館がありお部屋はそこで少し古め。きっと新館の方はもう少しお部屋的に良いと思います。

アクセス

BTSスクンビット線のPunnawithi駅から徒歩1分の距離です。バンコクの中心まではBTSで15分も乗れば到着するので、それほど困ることはありません。

お部屋

Convenient park hotel

Convenient park hotel

意外と広めです。窓もあるし良いです。

Convenient park hotel

Convenient park hotel

確かに水回りにかなりガタがきているようですが、前回のシンガポールの宿よりかなりマシです。

歯ブラシとかはなく、石鹸とボディーソープと綿棒とタオルぐらいです。

電気ポットはないのでコーヒーは湧かせません。水は2本冷蔵庫の中に毎日補充してくれますのでその点は大丈夫ですし、一応1Fに雑貨屋さんがあったのでそこでも調達できます。

エアコンが強力で結構音が大きいのですが、タイでは標準的なものなのでこんなもんでしょう。

激安ホテルでどんなところかと心配しましたが、部屋も広くてゆっくりできます。コンセントはこれでもか!というぐらいあるし不便ではないです。

朝食

これが結構美味しい!タイ料理がメインで少しだけウェスタンもありますが、タイ料理をメインに食べて見ました。

Convenient park hotel 朝食

Convenient park hotel 朝食

シンガポールの安宿は朝食がゲキ不味でしたが、ここのタイ料理のビュッフェはどこにでもある町の小さなタイ料理屋さんと同じ味がします。

意外にも高級ホテルのタイ料理って少し外国人向けにアレンジしてあるせいかあまり美味しくないんです。でもここのはちゃんと町のおばちゃんが作ってくれるタイ料理の味がします。

おまけに日替わりでメニューが違います。

Convenient park hotel 朝食2日目

Convenient park hotel 朝食2日目

野菜たっぷりのおかずに野菜や果物がたっぷりあります。

このホテルは安くて水回りが少し癖があるけれど、それ以外は長期滞在しても良い感じがします。コスパは高めです。

ただし!周りにコンビニらしきものは全くないので、ホテルの中の雑貨屋さんで買うか(営業時間が不定期)バンコク市内で調達してくるしかありません。

この地域はBTSが無い頃はおそらく外国人はいなかった地域でしょう。もう数年すると開発が進んでもう少し便利になるんじゃ無いかと思います。

スポンサーリンク



関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください