7年ぶりののプーケット旅行に行ってきました / Vol.8 CENTARA GRAND WEST SANDS RESORT & VILLAS PHUKET周辺はタイの田舎の風情。だけど物価が高い

コンビニのキンジェーコーナー

パトンビーチと違ってリゾートの周囲にはなにもありません。リゾートを一歩出るとタイの田舎の風景です。ただし、ホテルに併設されているSPLASH JUNGLE入り口近くはホテルの宿泊者が主なお客さんなので食べ物屋さんもマッサージ屋さんも料金が高めです。
旅行期間 2016/9月
エリア  プーケット
テーマ  街歩き、食べ歩き、飛行機

目次
・Vol.1 成田空港 ANA SUITE CHECK-IN & スイートラウンジ体験記
・Vol.2 全日空 NH807 成田 -バンコクビジネススタッガード初搭乗記
・Vol.3 ものすごく気になっていた「パラダイス山元の飛行機のある暮らし」の中に登場する最近ANAの最新機内安全ビデオを確認してみた
・Vol.4 タイ航空 TG225 バンコクープーケット エコノミークラス搭乗記
・Vol.5 CENTARA GRAND WEST SANDS RESORT & VILLAS PHUKET 宿泊記(お部屋編)
・Vol.6 CENTARA GRAND WEST SANDS RESORT & VILLAS PHUKET 宿泊記(敷地とお食事編)
・Vol.7 CENTARA GRAND WEST SANDS RESORT & VILLAS PHUKET ウォーターパーク(SPLASH JUNGLE)体験記
・Vol.8 CENTARA GRAND WEST SANDS RESORT & VILLAS PHUKET周辺はタイの田舎の風情。だけど物価が高い
・Vol.9 ホテルの横はプーケット空港。Nai Yang Beach – Airport viewpointで飛行機の離発着が楽しめます。
・Vol.10 THE OLD MAIKHAO RESTAURANTは素直なタイ料理で美味しいです。
・Vol.11 パトンビーチへお買い物に行ってきました。JUNCCEYLONは昔と変わりませんでした。
・Vol.12 新プーケット空港のCoral loungeとロイヤルオーキッドラウンジ体験記
・Vol.13 タイ航空 TG226 プーケットーバンコク エコノミークラス搭乗記
・Vol.14 バンコクスワンナプーム空港ロイヤルシルクラウンジ体験記
・Vol.15 全日空 NH848 バンコクー羽田 ビジネスクラス搭乗記


スポンサーリンク

バンコクなどの都市部はここ数年所得も上がり物価も上昇し続けています。昔は高級レストランに行っても代金を気にする必要がないぐらい安かったのですが、昨今の円安と物価上昇で下手をすると東京と同じぐらいになってきています。

ただしタイの田舎は物価が上がったと言っても住んでいる人の所得はまだ低いままですのでそれほど物価が高いわけではないのですが、、リゾートの近くは場所によって随分と差があります。リゾートホテルに近い方がやはり高いのです。これは仕方がありません。お金を落としてくれる外国人がよりアクセスしやすいところが物価も高いのです。

一軒しかないセブンイレブン

CENTARA GRAND WEST SANDS RESORT & VILLAS PHUKETの正面玄関から歩く事10分。この近辺に一つしかないセブンイレブンがあります。ホテルの中のコンビニはむちゃくちゃ高いのですが、セブンイレブンはどこに行っても同じ価格で安心です。品揃えも変わりません。少し歩かなければなりませんが便利なので毎日ビールや飲み物などの買い出しに行っていました。

セブンイレブン

セブンイレブン

お隣は薬局です。この辺りに住む人もよく利用しているようで、夕方は結構混雑します。

薬局

薬局

スポンサーリンク

タイではお酒の購入できる時間が厳密に決まっています

タイのお酒の購入時間は厳密

タイのお酒の購入時間は厳密

タイは法律でお酒を販売、提供できる時間が厳密に決まっています。

タイでお酒を販売、提供していい時間

・11時~14時
・17時~24時

これ以外の時間は店によってはお酒の冷蔵庫自体にロックをかけてしまって取り出す事すらできません。もちろん飲食店での販売もできません。

交通事故増加で決められたようですが、そもそもお酒の有無にかからわず交通はめちゃくちゃなのでまずはそこから直した方が良い気がしますが、、

タイのお祭り「キンジェー」2016年は9月24日から10月2日

タイでは毎年太陽歴の9月1日から9日間は菜食習慣ベジタリアンフェスティバルが行われます。太陽歴なので毎年時期が変わり、今年(2016年)は9月24日〜10月2日までなので丁度旅行期間と重なっていました。

ジェー(เจ もしくは 齋)とはタイ語でベジタリアンのことを指します。もともとは中国から来た華僑の文化なのですが、それがタイに根付いたようです。

この期間は肉や魚はもちろん、にんにく、乳製品、ビールなどの嗜好品も口にしません。またもっと細かい決まりがあるようで、動物に危害を加えないとか、、味の濃いものや刺激の強いものを食べないとか、、(ん?唐辛子は強烈なんですけど)、動物性の油を使わないとか、、

ただ、これはお祭りなのでイスラムのラマダーンのように強制的ではありません。

黄色い旗が街のいたるところに掲げられていて、コンビニでもキンジェー用の特設コーナーが設けられます。インスタントラーメンやらレトルトやらいろいろあります。

コンビニのキンジェーコーナー

コンビニのキンジェーコーナー

え、ガソリンスタンド?

ガソリンスタンド?

ガソリンスタンド?

セブンイレブンの前に不思議なものがあります。これガソリンスタンドのようです。なんだか危ない、、この100m先にも普通のガソリンスタンドはあります。タイのガソリンは色々な種類があってよくわかりません。バイオエタノールの配合割合が違う場合があって自分の車がどのガソリンを使っているのかちゃんと知っていないととんでもない事になります。

スポンサーリンク

街のコインランドリー

ここはなんだろう?と思ったらコインランドリーでした。

街のコインランドリー

街のコインランドリー

街のコインランドリー

街のコインランドリー

どうやら市販の洗濯機に20バーツコインを入れて一定時間使えるタイプのようです。数カ所このようなところがありましたから需要は結構あるのでしょうね。普通はクリーニング屋さんがあるのですが、小さな町だとそれはないようです。

町の風景

町の風景

町の風景

バラック作りの家ですがちゃんと住んでいる人がいます。台風の時とかどうするんでしょう、、ちなみにここは「Land for sale」になってたので売り地のようです。いくらで売っているのか興味がありますが、外国人は土地を購入する事ができないのでただの興味だけです。

マッサージ屋さんもたくさんあります

タイマッサージは1時間400バーツ〜600バーツほどでバンコクのマッサージ屋さんより1.5倍ほど高いです。こんな田舎なのに、、

近辺のマッサージ屋さん

近辺のマッサージ屋さん

近辺のマッサージ屋さん

近辺のマッサージ屋さん

メニューを見てみると、、、英語とロシア語と中国語!やっぱりロシアと中国からのお客さんが多いのですね。

近辺のマッサージ屋さん

近辺のマッサージ屋さん

どこもだいたい同じ値段なのでここに入ってみます。お店の名前が字体が凝りすぎていてわかりません!(笑)

近辺のマッサージ屋さん

近辺のマッサージ屋さん

ここも1時間400バーツで、タイマッサージをしてもらいました。通常のタイマッサージは初めは仰向けで足を中心にほぐしてくれるのですが、ここはうつ伏せで背中や肩などを中心にマッサージしてくれます。サバーイ(気持ちいい)です

スポンサーリンク



スポンサーリンク
agodaで空室を見る:センタラ グランド ウエスト サンズ リゾート & ヴィラズ プーケット Centara Grand West Sands Resort & Villas Phuket
Hotels.comで空室を見る:センタラ グランド ウエスト サンズ リゾート & ヴィラズ プーケット Centara Grand West Sands Resort & Villas Phuket

海外ホテル検索、Booking.com






 

関連リンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です