タイ正月水掛祭り-ソンクラン2016-@バンコク体験記/Vol.4 Le Meridian Bangkok宿泊記

Le Meridian Bangkok
(広告)

本日からの泊まりはいつものTHE WESTINではなくてシーロム通りに近いスリウォン通りのLe Meridian Bangkokです。なぜかというと、夜の水鉄砲合戦がシーロム通りがバンコクの中でも激しいのでそこから徒歩圏内にいないと何かと不便なんです。

旅行期間 2016/04月

エリア  タイ(バンコク)

テーマ  祭り、街歩き。食べ歩き

目次
・Vol.1 羽田空港 JALファーストクラスラウンジ・スカイラウンジ潜入記体験記
・Vol.2 羽田空港 キャセイパシフィク航空ラウンジ潜入記
・Vol.3 日本航空 JL31 羽田-バンコク ビジネスクラス搭乗記
・Vol.4 Le Meridian Bangkok宿泊記
・Vol.5 バンコクでソンクランを120%楽しむ方法
・Vol.6 シーロム通りのソンクラーンは人の渦ですごいです
・Vol.7 セントラルワールド・伊勢丹前はバブルパーティー
・Vol.8 バンコクグルメPart.1 ソンブーン、エラワンティールーム
・Vol.9 バンコクグルメPart2  フードコート編
・Vol.10 バンコクのファッション最前線 PLATINUMUM FASHION MALL
・Vol.11 スワンナプーム空港 キャセイパシフィック航空ラウンジ体験記
・Vol12 スワンナプーム空港 JALサクララウンジ体験記
・Vol.13 日本航空 JL34 バンコク-羽田 ビジネスクラス搭乗記

日程

1日目
羽田空港JALファーストクラスラウンジで朝食。
キャセイパシフィック航空ラウンジで軽食を食べる
日本航空JL31便でバンコクへ。Le Meridian Bangkok泊

2日目
サイアムスクエアもすごい盛り上がり&人が押し寄せるシーロム通りのソンクラン。

3日目
サイアム伊勢丹で泡パーティーではしゃぐが事故勃発。

4日目
今日はソンクランはない、、、わけではなかった。

5日目
街は平穏。のんびりと支度して夕方スワンナプーム空港へ。
キャセイパシフィック航空ラウンジで夕食
日本航空 JL34で帰国

6日目
無事に羽田に到着


スポンサーリンク

Vol.4 Le Meridian Bangkok宿泊記

ソンクランの時にこの立地は絶妙です。

この地区の最寄駅は通常BTS Sala DaengかMRT SiLomなのですが、ソンクランの時期の水鉄砲合戦の主戦場がまさにそこになっていまして、夕方からはもう身動きが取れなくなります。人が多すぎて駅から出れませんし駅に入ることも難しいのです。

しかもSiLom通りを中心にそこらじゅうでまさに雨のような水を浴びせられますのでまともに外出できないんです。その点このLe Meridiannを含む両脇のホテルは裏道を伝ってMRT Samyan駅が使えるのです。ここまではSilom通りが人で溢れかえっていても比較的平穏です。平穏と言っても裏道を通る道すがら小さい商店が数カ所ありますので、そこを機にする必要がありますが、まぁ大丈夫です。

Le Meridian Bangkokのアクセス

お部屋

Le Meridian Bangkok

Le Meridian Bangkok

標準サイズのお部屋なので快適にすごせます。窓際のソファで寝っ転がって本を読んだりしています。

ブラインドは遮光カーテンと二重になっていて枕元のスイッチで上げ下げをします。ここでちょっと不満はコンセントが足りない、、机のコンセントが空いているのが2つしかないのでPCを使うときはマルチタップを借りるのがいいでしょう。もしくは、洗面所のシェーバー用のコンセントが一つありますのでそれを電池の充電用にしていました。

窓から下はスリウォン通りですので夜は若干うるさいですが繁華街ですから仕方がないですね。

徒歩1分のところが有名なパッポン通りですので、ちょっとした夜の散策にも重宝します。もっとも、パッポン通りは見るだけで何かを購入したいときはそれなりのところに行った方が安く買えます。例えば衣類であればプラテトゥーナムに行った方がかなり安く買えます。

Le Meridian Bangkok

Le Meridian Bangkok

ベッドは丁度良い固さで安眠できます。ベッドサイドに早く電源を持ってきてくれると助かります。

Le Meridian Bangkok

Le Meridian Bangkok

深めのバスタブがありますのでゆっくりお湯に浸かれます。最近の流行りでお部屋との間仕切が開きます。ですので、一人の場合は開けてテレビを見ながらお風呂に入れます。まぁ私は海外でもほとんどテレビはみないのであまり意味はないですが。

反対側にはシャワーとトイレがあります。これがまた不思議な作りで、トイレとシャワーが隣り合っていて仕切られているのですが、スライドドアが一つあるだけです。つまりトイレを使うときはトイレ側にドアをスライドするとシャワー側は丸見え、シャワーを使うためにシャワー側にドアを持ってくるとトイレが丸見えになります。

一人のときは特に不便はありませんが、二人で泊まるときはいろいろな場所を開け閉めしないと大変です(笑)デザイン重視のホテルですからきっとこれもデザインなんでしょうね。

Le Meridian Bangkok

Le Meridian Bangkok

部屋に入ってしばらくするとマネージャーがウェルカムフルーツとソンクラン用のスマホの防水カバーを持ってきてくれました。この時期にこれがないとスマホが水没してしまいます!ありがたいサービスです。このケースに入れてもケースの外からスマホは反応するのでLINEとかはみなさん便利に使っているようです。

ただ、、私のスマホはXpediaZ3で防水スマホなので大丈夫!とそのときは思っていましたが、思わぬことになってしまうのでした、、

2017年のソンクランの記事は以下をご参照ください

スポンサーリンク



スポンサーリンク
海外ホテル検索、Booking.com




関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください