久しぶりのシンガポールは町中がテーマパークになっていた!/Vol.1 エアアジア D7 523 羽田-クアラルンプール搭乗記

エアアジア フラットベッドクラス シート

10年ほど前に一度シンガポールに来たことがあります。綺麗な街だとは思いましたが、正直言ってそれほど見るべきところもなく遊ぶところもセントーサ島ぐらい。それもあまり開発がされているとは言えずビーチが綺麗だとは言えず、、暑くて地下道を延々と歩いた記憶しかありませんでした。

それが10年経っていて見ると、、セントーサ島は丸ごとテーマパークになっていて、あちこちに面白い施設ができていて数日では遊び足りないぐらいに進化していました。

ビジネス・金融の都市からアミューズメント都市へ変貌しているのにはびっくりしました。

旅行期間 2015/10月
エリア  シンガポール
テーマ  テーマパーク、街歩き。食べ歩き

日程
1日目 エアアジアD7 522便で深夜便でクアラルンプールへ出発
2日目 シンガポールに到着 カペラホテルへチェックイン
ちょっとビーチへ行ってから夜のマーライオンを見に行く
3日目 ホテルのプールでのんびり過ごして、夕方からナイトサファリへ
4日目 ユニバーサルスタジオシンガポールとシンガポールフライヤー
5日目 エアアジアAK706、D7522で羽田空港に帰国

今回の航空券
<往路>
エアアジアD7 523便 羽田(23:45)ークアラルンプール(6:10)
フラットベッド(ビジネス)クラス
エアアジアAK 707便 クアラルンプール (10:05)- シンガポール(11:10)
エコノミークラス
<復路>
エアアジアAK704便 シンガポール(10:30)ークアラルンプール(11:30)
エコノミークラス
エアアジアD7 522 クアラルンプール(14:30)-羽田(22:30)
フラットベッド(ビジネス)クラス


スポンサーリンク

Vol.1 エアアジア D7 523 羽田-クアラルンプール搭乗記

バーゲンセールのエアアジアのチケットGET!

今回は珍しくエアアジアでシンガポールまで行きます。バーゲンセールでプレミアムフラットベットクラスが往復9万円ちょっとで買えたので使ってみました。もともとペナンまで行くつもりでチケットを買ったのですが、途中で気が変わってクアラルンプールーペナンのチケットは捨てて、クアラルンプールーシンガポールを買い足して行くことにしました。

エアアジアに聞いたところ、クアラルンプールーペナン間は乗らないなら乗らないでそのままで良いとのこと。

ただし、羽田からシンガポールまで通しの航空券ではないので、スルーチェックインができないのでクアラルンプールで一旦入国して荷物を受け取って再度チェックインし直す必要があるとのこと。通しで買っていれば羽田で到着地までスルーチェックインができるのですが、少し面倒くさいですね。

羽田空港から出入国できるのは非常に便利です。時間帯的には深夜の離発着ですが、東南アジア方面は到着してから時間が有効に使えるので便利です。

スポンサーリンク

SKY LOUNGEへ

いつもはワンワールド系ならばJAL、スタアラ系ならばANAラウンジにいるのですが、今回はエアアジア。どこのアライアンスにも属していないので今回はカードラウンジのSKY LOUNGEを使います。

SkyLounge Annex

SkyLounge Annex

SKY LOUNGEはゴールド以上のクレジットカードがあれば入れますし、羽田空港は出国後のエアサイドにありますので便利です。

フリードリンクですが、お酒類は有料です。

SKY Lounge Annex 有料ドリンク、食事メニュー

SKY Lounge Annex 有料ドリンク、食事メニュー

スポンサーリンク

エアアジアD7 523便搭乗記

羽田空港 144番ゲート

羽田空港 144番ゲート

ゲートは一番はしっこなので遠いです。既に皆さん並んでいます。

ただ、フラットベットクラスは優先搭乗があるので脇からスルッと入れます。JALとかANAとかは優先搭乗が終わってしまうとレーンが一般のお客さんと同じになってしまいますので、少し遅く行くと普通に並びます。エアアジアは専用レーンがそのままになっていて、いつ行っても優先的に入れます。マレーシア航空もそうでしたが、この辺は徹底しています。なかなかやるなぁエアアジア。

エアアジアは機内サービスは全て有料なのですが、プレミアムフラットベット席は優先カウンターや優先搭乗、ブランケット、枕、機内で一食分の機内食がサービスとして受けられます。

エアアジア フラットベッドクラス シート

エアアジア フラットベッドクラス シート

このシートはフルサービス航空会社のライフラットシートとほぼ同じですが、なぜか寝心地は良かったです。ズリ落ちにくいし。

今まで各社フルサービス航空会社のライフラットシートの夜行便に乗りましたがぐっすり寝れたのはこれだけです。個人的な感想ですが、何が違うのかは不明です。

日本上空

日本上空

飛び立って間もなく眼下に街の明かりが見えます。既に0時を回っているのにかなり明るいです。やっぱり省エネで少し暗めにした方が趣があっていいのに、、とも感じます。

スポンサーリンク

エアアジアは寒い!

なんかフルキャリアの航空会社と違ってなぜかひんやりします(笑)
冷房を効かせるのが暑い国のサービスの一貫という話も聞いたことがありますが、LCCではフルキャリアの航空会社と違って毛布は購入するしかありません。もしかしてエコノミークラスの毛布を売るための戦略?とも密かに思ったりします。
とはいうものの、今回のフラットベットクラスにはちゃんと毛布と枕が付いていますし、あらかじめパーカーも用意しておいたので特に困りませんでした。

一応寒いということは聞いていたので、機内用のパーカーを準備しました。

季節もので冬季限定のようですが、今年はレディースもできたようです。

季節ものなので、冬場にその年のモデルが発売されます。

通年ではないので、購入できたらラッキーですね。

〈バートン〉スリーパーフーディー(レディース)

〈バートン〉スリーパーフーディー(メンズ)

いつも使っているのがこれです。これすごいんです!

まさに機内で着ることを想定してスノーボードで有名なバートンに特注された薄手生地の多機能パーカーです。見た目は普通のパーカーですが、いろんな便利機能があります。

・フード前部にライトシェードがありますのでアイマスクをしなくても明かりを遮断できて安眠できます。
・ネックピローがフードについていますので膨らませれば首を固定できます。
・内ポケットにパスポートサイズの貴重品いれがあるので、機内で出入国カードを書いてパスポートをしまって、、、などはこのポケットがあればばたばた動き回る必要はありません。
・袖口は親指を通すサムホール付きなので起きたら手がひんやりしているなんてことはありません。
・内ポケットにイヤープラグや歯ブラシも入れるスペースがあるので、到着前の歯磨きもバッグを開ける必要はありません。

なので機内に入る時から到着まで軽く羽織っておけば機内が絶対に快適になるグッズです。
エアアジアで毛布がない場合もこれ一枚あれば大丈夫じゃないかと思います。保温性は抜群です。冬の部屋着にもこれを着ています。

JALショッピングで毎年秋から冬にかけてたまに出てくるアイテムなので見つけたら一着購入しておくと重宝しますよ。。
(2017/4 追記 残念ながらこのパーカーは季節限定だったようで、今では売っていません。またチェックして売り出したらUPDATEします)

エアアジアの機内食

「Big Breakfast」

「Big Breakfast」

夜出発で、既に空港で夕飯は食べていたので、朝食を事前に予約しておきました。

その名も「Big Breakfast」

フルサービスキャリアのエコノミーの食事というところでしょうか。

「Big Breakfast」

「Big Breakfast」

中身は意外とボリュームあります。これだったら大外れはしないですし、実際美味しかったですよ。

スポンサーリンク



スポンサーリンク


関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください