JAL JGC ダイヤモンド修行 久しぶりに福岡まで日帰りで行ってきた。福岡空港は大改装中 / Vol.2 30年変わらぬ味の博多のソウルフード。博多ラーメンは「一心亭」、福岡風お好み焼きは「ふきや」が懐かしの味。

お好み焼き「ふきや」
(広告)

福岡といえば何を想像されるでしょうか。

博多ラーメン?もつ鍋?屋台?

高校生の頃は福岡に住んでいまして、思い出深い場所なんです。

あれからうん10年!町はすっかり便利に変わってしまいましたが、高校の頃よく通ったラーメン屋さんやお好み焼き屋さんはまだ健在です。

福岡のお好み焼き?と言ってもピンとこないと思いますが、実はちょっと変わったお好み焼きがあるんです。

福岡は食に関しては安いし美味しいので非常に暮らしやすいです。もっとも、観光地や屋台は若干高めですが、これは仕方がないですね。

旅行期間 2017/11月
エリア  福岡
テーマ  街歩き、食べ歩き、JAL修行

<往路>
JAL307 HND(8:15) – FUK(10:10)
<復路>
JAL324 FUK(17:25) – HND(19:00)

合計 1814FOP

今年のJAL JMBダイヤモンド修行の全投稿の記録は以下のリンクをご覧ください。


スポンサーリンク

昔から変わらぬ素朴な味 長浜ラーメン「一心亭」

昔この近くには予備校もありましたから(今は建物はそのままで中身は変わってしまっています)よく来ていました。

30年前はこんなビルの1階ではなく、まさにプレハブ造りの小さなお店だったのですが、いつの頃か敷地にビルが建ってその一階にお店がそのまま営業されています。

ここはそもそもの営業形態は「屋台」で、それがプレハブ造りになり、ビルになり、支店ができて、しかも通販で博多ラーメンを売っている(笑)と地道に大きくなっています。

アクセス

長浜ラーメン 一心亭 本店

長浜ラーメン 一心亭 本店

営業時間

11:00〜深夜1:30

駐車場

この場所は町の中心から離れているので、天神から歩いていくには少し遠い、、徒歩15分ぐらいですから歩けなくはないのですけどね。

必然的に車で行くことになります。

プレハブの頃はお店の前に車を置けるスペースがありましたし、隣に数台置ける駐車場もあったのですが、今ではお店の前に3台しか置くスペースがありません。

店の前におけるのはまさに運次第です。

ただし、実は裏手のスポーツジムの立体駐車場に停めると、お会計の時に100円キャッシュバックしてくれます(笑)

一心亭 本店駐車場

一心亭 本店駐車場

コインパーキングもOKのようですが、近さと広さから考えるとスポーツクラブの立体駐車場がベストです。

駐車料金は1時間200円ですから、100円キャッシュバックしてもらって100円で駐車できます。

特に提携しているわけでもなく、お店のサービスです。

長浜ラーメン 一心亭 セットメニュー

長浜ラーメン 一心亭 セットメニュー

炭水化物定食もありますが、ノーマルなラーメンが490円。これでも随分と値上がりしましたが、他の有名店よりは安めです。

長浜ラーメン 一心亭

長浜ラーメン 一心亭

お店の中は以前と変わらず。まだお昼には少し早いのでお客さんもまばらです。

なぜかセルフのおでんが常備されていますが、酒の肴に食べる人も多いです。

長浜ラーメン 一心亭

長浜ラーメン 一心亭

トン足があるのは福岡らしいかも?

基本はラーメンしかないいたってシンプルなメニューです。

長浜ラーメン 一心亭

長浜ラーメン 一心亭

テーブルに置かれているゆでタマゴは50円。まぁ良心的ですね。

長浜ラーメン 一心亭

長浜ラーメン 一心亭

こってりに見えて実はそれほどこってりではなく、あっさりめの味です。

もちろん替え玉もできます。(ここは福岡ですからねぇ、替え玉は当然なんです)

若干味が薄くなった気が、、と思いましたが、もしかしたら私の味覚が少し変わったのかもしれません(笑)

スポンサーリンク

福岡にしかない独特なソウルフード お好み焼き「ふきや」

お好み焼き「ふきや」

お好み焼き「ふきや」

このお店も高校生の頃よく通った懐かしの味です。

その昔天神の「ダイエーショッパーズ」にあった時から通って、かれこれ30年。福岡に来るときは必ず寄る場所になりました。

アクセス

ここはアクセス至便の博多駅バスセンターの8F、レストラン街にあるお店です。

そのほか、天神店、竹下店、九大前店、板付店、香椎店があります。随分支店の数が増えたようです。

あれ?昔赤坂店があった気がするのですが、、閉めちゃったかな?

「ふきや」のお好み焼きは非常に独特

まさに粉を焼き固めたハード系のお好み焼きです。

おそらく広島県民の方にとっては「こんな小麦粉の塊はお好み焼きはないんじゃ!」と言うでしょうし、大阪府民の方にとっては「こんなコテでガッチガチに抑えたもんはお好み焼きじゃあらへん!」とおしゃるでしょう(笑)

そうなんです。これは全く別物なんです。

これはまさに「ふきやのお好み焼き」なんです。

ふわっとしたお好み焼きではない独特なお好み焼きです。

焼き固めた後は、自家製のどろっとした甘じょっぱいコールタールのような濃厚ソースを塗りたくられ、コテで分割された後提供されます。

あとはお好みでこれまた自家製の酸味を抑えたクリーミーなマヨネーズをどーんと自分で乗せて食べるのです。

うーん、ハイカロリー(笑)

出汁とキャベツを粉に混ぜて鉄板に乗せて、、ぎゅーーーーっと上から押すんです(笑)

ここからして関西の方にとっては「何してくれるんや〜」と言いたくなるでしょう。

そう、ここのお好み焼きは随分と焼き固められているんです(笑)

でもって、その焼き固められたお好み焼きの暑厚さは約2cm程。外側はカリッとしていて、中はもっちりとしています。

そんなお好み焼きですから結構ボリュームがあります。

私にとってはこれがスタンダードでしたから、大学に入って友人とお好み屋さんに行った時に、ぎゅーーーっと上から抑えてめちゃくちゃ怒られました(笑)

あれ?お好み焼きって抑えないの???って(笑)

学生にとっては安くて腹一杯になる

お好み焼き「ふきや」

お好み焼き「ふきや」

学生の頃は、この野菜焼き(具材がキャベツだけ!)が250円でしたから、キャベツと粉とソースとマヨネーズでお腹いっぱい食べられたのです(笑)

土曜日のお昼とか学校帰りによく行っていましたねぇ、、30年前ですが。

しかも、このお店では注文する時にはそのまま注文すれば「普通」に、「大きめ」を注文すると少し大きくなり、「特大」を注文すると皿からはみ出る大きさになるのです!しかもこれは追加料金なしです。

ただし、これだけ焼き固められているので、女性の方には「普通」でもきつい、、その場合は「小さめ」に注文することも可能です。

学生時代は非常にありがたかったです。なんたって、250円で腹一杯ですからね。

ちょっとお金のあるときは「チーズ焼き」が好きでした。野菜焼きにスライスチーズが入っているだけなのですが、これがまた合うんです。

今ではこのお店の最高峰「デラックス」なんて食べちゃってますが、それもちょっと前までは900円ぐらいだったんですけどねぇ、、随分と高くなりました。

流石に学生の頃と違って「大きめ」だと胃もたれしてしまうので(笑)普通サイズで十分です。

お好み焼き「ふきや」

お好み焼き「ふきや」

キャベツと粉が焼き固められて泥ソースを塗られ、ぶった切られた状態で提供されます。

ここにマヨネーズを投下するわけですが、熱で溶けちゃうので、私の場合は、この状態で少し食べ進めて、皿が見えた段階でそこにマヨネーズをどーんと乗せて、残りはそれにディップして食べます(笑)

カロリーを気にしていたら食べられませんね。

味の決め手は魚粉

昔は威勢のいいおじいさんが焼いてくれていましたが、流石に引退されたようです(笑)今では威勢の良い若いお兄ちゃんが焼いてくれます。

粉とキャベツの塊のようですが、実は味の決め手は焼いている途中にふりかける「魚粉」と思われる謎の粉です(笑)

これがまたいい味を出してるんです。だからキャベツだけでも美味しく食べられるんですね。

ちょっとハイカロリーですが、一度食べてみてはいかがでしょうか。

ただし!お昼時に行くとめちゃくちゃ混みます。

しかも焼く時間が非常に長いのです。

混んでいるときは、メニューを決めてあらかじめ注文しておきます。

そうすると若干待ち時間が少なくなりますよ。

スポンサーリンク



関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください