JALダイヤモンド修行を兼ねて台湾へ 。行く先々でずっと雨!/ Vol.18 前泊も後泊も那覇宿泊はAPAホテル那覇。お部屋の広さがこんなに違う(笑)

アパホテル那覇
(広告)

今回那覇で前泊、後泊で宿泊したのは毎度のようにつかっている「アパホテル那覇」。値段も時期によって6000円〜8000円とまずまずですし、綺麗です。ただし、お部屋は狭い(笑)

大型のスーツケースがあるときは置き場に困ります。

ただ、最近良く広い部屋にアップグレードしてくれるようになりました。最近多いような気がするのは昔から使っている会員証を忘れずに持参するようになったからでしょうか?

旅行期間 2017/06月
エリア  台湾(台北、台南)
テーマ  街歩き。食べ歩き、JAL修行

目次
Vol.1 6月はJAL FOP2倍月間に設定 JAL915 羽田 – 沖縄 ファーストクラス搭乗記
Vol.2 修行の定番!那覇発東京経由台北へ 那覇空港ANA SUITE LUNGE
・Vol.3 ANA460 那覇 – 東京 羽田空港の国際線乗り継ぎはやはり面倒だった
・Vol.4 ちょっぴり寂しいお昼の羽田空港 ANA SUITE LOUNGE
・Vol.5 ネット環境は海外でこそ重要!台湾で使うSIMカードを日本で購入
・Vol.6 本日はB787 2号機に搭乗。鯖カラーの787。全日空 NH853 羽田 – 台北(松山)エコノミークラス搭乗記
・Vol.7 台北の新SPGホテル「Aloft Taipei Zhongshan」は立地も価格もサービスも満点!Aloft hotel 宿泊記
・Vol.8 台北のマッサージ屋さんを新規開拓!どこも至福の一時。
・Vol.9 雨に祟られながらも台北の夜市の食べ歩き!どこも美味しい!
・Vol.10 何処と無く香港の「大坑街」によく似た雰囲気の古さの中に新しいお店が点在する「雙城夜市」
・Vol.11 雨にも負けず台湾新幹線3dayパスを使ってマンゴーの里、台南の「玉井農園」へ行ってみた Part1
・Vol.12 雨にも負けず台湾新幹線3dayパスを使ってマンゴーの里、台南の「玉井農園」へ行ってみた Part2
・Vol.13 やっぱり台湾に来たら一度は行っておきたい「鼎泰豐」(DIN TAI FUNG)(ディン タイ フォン)
・Vol.14 台北松山空港のラウンジは相変わらず変化なし
・Vol.15 台北発券航空券はお得か?海外発券航空券の購入方法
・Vol.16 日本航空 JL96 台北(松山) – 羽田 ビジネスクラス搭乗記
・Vol.17 もちろん那覇へ。ただし条件付き運行!?でも、さすがJALの対応は違う! 日本航空 JAL919 羽田 – 那覇 搭乗記
・Vol.18 前泊も後泊も那覇宿泊はAPAホテル那覇。お部屋の広さがこんなに違う(笑)
・Vol.19 雨に祟られた旅の終わりは晴天!日本航空 JAL908 那覇 – 羽田 搭乗記

<往路>
JAL915 HND(12:15) – OKA(15:00) 特割ファースト 5720FOP(2倍FOP)
(ANA460 OKA(7:55) – HND(10:15) 国際線乗り継ぎ )
(NH853 HND(13:20) – TSA(15:45) Y )

<復路>
JL96 TSA(9:10) – HND(13:10) Y+マイルでアップグレード 2395FOP
JAL921 HND(16:10) – OKA(18:45) 国際線乗り継ぎ+クラスJ upgrade 4728FOP(2倍FOP)
JAL908OKA(13:30) – HND(15:50)  先得クラスJ 3744FOP(2倍FOP)

合計 16587FOP

今年のJAL JMBダイヤモンド修行の全投稿の記録は以下のリンクをご覧ください。


スポンサーリンク

今回は台湾に行く前の日の前泊と台湾から帰ってきた後泊にアパホテル那覇に宿泊しました。

今回は前泊ではアップグレードされた広い部屋で後泊は普通の部屋より更に部屋の配置のおかしな狭い部屋でかなりの落差があったので(笑)紹介します。

アパホテル那覇

アクセス

車は隣の立体駐車場に1日1500円で停めることができます。(立体駐車場46台(内ハイルーフ車対応12台)/到着順(予約不可))

しかし、台数が限られるのでいっぱいになっちゃったら隣のコインパーイングに駐めるしかありません。

観光でレンタカーを使う人もいると思いますが、初日はちょっと早めにいってまずは駐車場の確保をお勧め済ます。

一度確保すれば出し入れは自由です。(〜23:00まで)

スポンサーリンク

前泊の広いお部屋

シングルで予約していたのですが、今回はツインのシングルユースなので広々です。まぁ広々と言ってもシティホテルほどではありませんが、一人の場合は十分な広さで快適です。

アパホテル那覇

アパホテル那覇

アパホテル那覇

アパホテル那覇

アパホテル那覇

アパホテル那覇

ツインの部屋は割と広めです。今回はツインのシングルユースなのでさらに広く感じられます。

アパホテル那覇

アパホテル那覇

水周りも綺麗に清掃されているのの問題ありません。

2Fに大浴場もありますからお好みに応じて使うと良いでしょう。

アメニティーは完全に2人分用意されています。ありがたいです。

スポンサーリンク

他の部屋はどうなっているかというと、、、後泊で宿泊した一番「コンパクト」な部屋

今回も広い部屋でしたが、一般にシングルルームを予約するともっと狭くなります(笑)それも実は2種類ありまして、一つは狭い上になんか作りが変なんです。

これが台湾旅行の最後にもう一泊那覇に宿泊した時の部屋です。

アパホテル那覇

アパホテル那覇

なんと入口を入ると直ぐにベッド。ベッドの頭の上にはトイレと浴室があります。

アパホテル那覇

アパホテル那覇

この部屋にスーツケースを置くのは少しきつい。丁度ベッドと壁の間におけそうなスペースはあるのですが、一旦持ち上げないとそこに置くことはできません(笑)

なにかと不便な部屋です。

アパホテル那覇

アパホテル那覇

こんな不思議な作りの部屋は627号室と626号室。

一見広そうに見えるのですが、デッドスペースも多くて使いにくいんです。

おそらく配置上1フロアに2室だけ存在するようです。普通の部屋は入り口を入って浴室とトイレのがあってベッドのある部屋なんですけどねぇ、、この部屋だけは特殊です。

まぁ寝るだけですから関係ないといえばそうなのですけど、できれば避けたい部屋です。

たまにこの部屋になるですけど他の部屋がいっぱいなんでしょうかね。

スポンサーリンク



関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください