自宅のPC環境を一新! お手軽 RAID 環境でデータファイルを守る 最強 の バックアップ 環境「drobo(ディー・ロボ)」を導入してみた  / Part.2 導入してみたけれど、USB3.0のスピードが出ない? 

Drobo
(広告)

購入した「drobo(ディー・ロボ)」が到着しました!

同時にアマゾンプライムデーで購入した3TBと2TBのHDDはまだ到着しませんが、手元に余り物の1.5TBのHDDと3.0TBのHDDがありましたので、これを使ってセットアップしてみました。

追加で購入したHDDは後でポンっと入れるだけですからね。

セットアップは超簡単です。PCには管理ソフトをインストールしてケーブルを接続するだけで自動で認識してくれます。

ただなぜかUSB3.0で接続しているのにそれを認識せずUSB2.0の速度しか出ていません。

早速サポートにお手紙を書くことに書くことになりました。


スポンサーリンク

drobo到着

アマゾンプライムデーに購入した「drobo(ディー・ロボ)」が到着しました。

DROBO

DROBO

今回購入したのは現行タイプでも一番ベーシックなタイプです。

Drobo Products

Drobo Products

接続方法がTunderbolt2, 3でだったりインターネットに接続して外からでもアクセスできるNAS対応のものなど色々とあります。

(スポンサーリンク)

開封

Drobo

Drobo

説明書・付属品の箱を取り除くと、、

Drobo

Drobo

本体のロゴがちらっと見えます

最近は箱もおしゃれな感じで少し凝った感じになっています。

この傾向はアップルの製品からでしょうか。無機質なダンボール梱包じゃなくて、箱を開けるのもワクワク感を演出してくれます。

うーん、これって単なるストレージボックスなんですけどね(笑)

スポンサーリンク

なんと持ち運び用の手提げ袋まで付いています!

Drobo

Drobo

製品を覆っていた布は手提げ袋にもなるというアイディアです。

普通だとビニール袋などに包まれているのが一般的だと思いますが、それを手提げ袋にしちゃうのが面白いです。

丁度持ち運びにぴったり!と言ってもストレージをちょくちょく持ち運ぶことなんてないので、ただの洒落た梱包材でしょう(笑)

本体はとってもシンプルです

Drobo

Drobo

Drobo

Drobo

前面パネルは磁石でくっついているだけなので工具など必要なく取り外しが可能です。

Drobo

Drobo

droboへの接続はUSB-Cですが、PCはUSB3.0端子になっているケーブルが付属しています。このUSB-Cが実は曲者だったということが後でわかります。

Drobo

Drobo

付属品の箱を開けると、、

Drobo

Drobo

だんだん面倒くさくなってきます(笑)

Drobo

Drobo

セットアップはインターネット必須です。

Drobo

Drobo

電源と接続ケーブルのみです。

「drobo(ディー・ロボ)」はWINDOWSとMACに対応していますが、フォーマットの関係から共用はできません。

私はMACとWINDOWSを使っているので、USBで差し替えてどちらでも手軽に使えるんじゃないかと思っていましたが、接続するPCは初めにどちらを使うか選択しなければなりません。

そこは注意する必要がありますが、とりあえず大容量ストレージが必要なWINDOWSで稼働しているデスクトップ PCの方に接続して、ネットワークドライブとしてMACからアクセスしてファイルを入れることはできますので、そこは大きな問題ではありません。

MACだけを使っている人はこれをTime Capsuleに接続してしまえば大容量のTime Machineとしても使えますのでその様な使い方もできます。

スポンサーリンク

まずは接続して、HDDを入れてみる

とりあえず電源を入れて管理用のソフトをインストールします。

Drobo dashboard

Drobo dashboard

自動的に本体のファームウエアも新しいものがあったようなのでダウンロードして本体にインストールされます。

とりあえず余っていた1.5TB HDDを入れてみました。

Drobo dashboard

Drobo dashboard

このHDDはMACのフォーマットだったのでWINDOWS用にフォーマットされます。

新しく入れるHDDは全て消去されますので注意が必要です。

Drobo dashboard

Drobo dashboard

HDDが一つだけですのでファイルは保護されません。従って稼働状況は「危険」になっていて、「ここにドライブを追加してください」と表示が出ます。

Drobo dashboard

Drobo dashboard

1.5TB が一つだけだと使える容量は半分以下の691.85MB。使えない訳ではないけど意味がない(笑)

Drobo dashboard

Drobo dashboard

ほとんどの領域が拡張用の予約領域になっています。

ここに3.0TBのHDDを追加すると、、

Drobo dashboard

Drobo dashboard

稼働状況が「良好」になりました。

左下の本体画像もHDDの位置を示す画像に変わっています。。凝ってますね。

Drobo dashboard

Drobo dashboard

4.5TBのHDDを入れていますが、利用可能領域は1.24TBしかありません。

HDD2つだと容量の少ない方のHDD容量にしかならないのは確かに当たり前ですね。

とりあえず手持ちの余っているHDDを入れて新規に購入したHDDが到着するまでこのまま使用します。

WINDOWSのデバイス画面で見るとdroboがUSB3.0デバイスとして認識されていない

セットアップ後にコピーをしてみると他のUSB3.0 HDDより明らかにスピードが出ていません。デバイス設定画面で見ると、、WINDOWSでUSB3.0デバイスとして認識されていないのです。

うーん、おかしい、、設定に間違いはないはずだし、そもそも全自動なので間違いようがありません。

というわけで、早速サポートにお手紙を書くことにしました。

日本の代理店のサポートもあるのですが、手っ取り早くメーカーに直接お手紙を書いてみました。

アメリカのメーカーなのでもちろん英語でお手紙です。

回答は1営業日ぐらいですぐに返事がきました。

 

If you are experiencing slow speed, reverse the orientation (flip it upside down) of the USB-C end.

https://myproducts.drobo.com/knowledge/s3/retrieve?path=knowledge/AA/AA-01937.html

回答メール

ということで、どうやら「drobo側のUSB-Cの接続を上下逆にしてください」とのことです。

USB-Cケーブルは場合によっては挿し方に方向がある

USB-Cはライトニングのようにコネクター形状に方向性はありません。上下逆にしても接続できますし動作もします。

ですから接続方法は関係ないと思っていたのですが、このUSB-Cという規格は高機能である反面かなりデリケートな規格のようです。

フル規格のケーブルであれば問題ないのですが、機能限定のケーブルだとケーブルの挿し方に方向性があるのです。

とりあえず上下逆に挿しなおしてみると、、あ、ちゃんとUSB3.0として認識しました!

USB-Cは初めて使いましたが、良い勉強になりました。

スポンサーリンク



関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください