沖縄 渡嘉敷島 阿波連ビーチで慶良間ブルーに魅せられた/Vol.2 慶良間諸島の渡嘉敷島 阿波連ビーチは美しかった

阿波連ビーチ
(広告)

慶良間諸島の渡嘉敷島まで来ました。ちょっと雲が多かったですが、たまにすっきりと晴れわたることもあり、海と空の青さと水の透明度、白い砂浜を楽しめました。雲がなかったら体が焦げてしまったかもしれません。

旅行期間 2015/08月
エリア  沖縄(渡嘉敷島)
テーマ  ビーチ

目次
・Vol.1 とまりん港からマリンライナーに乗って渡嘉敷島までGO!
・Vol.2 慶良間諸島の渡嘉敷島 阿波連ビーチは美しかった

日程
1日目 新千歳空港からJAL506便で羽田空港へ
すぐに乗り継いで那覇入り。
2日目 「とまりん」からマリンライナーで渡嘉敷島 阿波連ビーチへ
3日目 日本航空 JAL906便で羽田に戻る。


スポンサーリンク

Vol.2 慶良間諸島の渡嘉敷島 阿波連ビーチは美しかった

渡嘉敷島に到着

船着場には旅館やビーチサービスのマイクロバスが多数待っています。

もちろん阿波連ビーチ行きの公共バスもあります。

阿波連ビーチ行きのバス

阿波連ビーチ行きのバス

阿波連ビーチ行きのバス

阿波連ビーチ行きのバス

日に4便しかありません。そりゃそうですね、フェリーが4本しかないんだからそれに合わせて運行されます。ですので帰りのバスも時間を注意しましょう。

大人片道400円です。

ツアーの場合は、送迎の車が待機していますのでその車を見つけて乗り込みましょう。

スポンサーリンク

阿波連ビーチ

渡嘉敷島の中でも一番大きなビーチで、真っ白な砂浜が800mいています。海の家やシャワー、トイレなどの施設も充実していますので困ることはありません。

阿波連ビーチへのアクセス

海の家「サザンクロス」

サザンクロス

サザンクロス

ツアーで指定されていた海の家「サザンクロス」。ビーチの入り口にあるので便利です。

阿波連ビーチ入り口

阿波連ビーチ入り口

ビーチへはそのまま海へ降りていけば直ぐです。両脇にパラソルや浮き輪、シュノーケルセットなどのレンタル屋さんがたくさんありますので、ツアーで来ない場合はここでレンタルできます。グラスボートもありますので、泳ぎに自信のない方も綺麗な珊瑚礁とお魚を見ることができます。

阿波連ビーチ

阿波連ビーチ

パラソルはおじさんやお兄さんがちゃんと穴を掘って固定してくれます。湘南の海岸ではドリルのようなものを使っていましたが、ここはシャベルです(笑)

とりあえずお昼にします。

サザンクロス ランチメニュー

サザンクロス ランチメニュー

ツアー代金の中にカレーライスか沖縄そばの代金が含まれていますので、どちらかを選ぶか追加代金を払って別のものを頼むこともできます。が、それほど選択肢があるわけでもなく、無難にカレーを食べました。

この他にも「沖縄ぜんざい」がありましたので海から戻ってきてから食べました。

沖縄ぜんざい

沖縄ぜんざい

要するにかき氷です。あんこが中に入っていますので宇治金時のようなものですね。

ビーチでのんびり過ごす

阿波連ビーチ

阿波連ビーチ

阿波連ビーチ

阿波連ビーチ

白い砂浜と透明度の高い海、海岸への出入り口からほんの少し離れるとほとんど人がいません。

阿波連ビーチ

阿波連ビーチ

海の中が透けて見えます。シュノーケルを使って海の中を見ると珊瑚礁の周りに色とりどりの熱帯魚がたくさんいます。二日前は秋の香りのする北海道で自然を満喫していましたが、今日は真夏のビーチでのんびり過ごします。

3時間ほどビーチにいて、夕方にさしかかるころ帰りのバスに乗るための準備をします。

阿波連ビーチの周辺

青少年旅行村管理棟

青少年旅行村管理棟

向かいにはバス停とシャワーやトイレ、更衣室のあるキャンプ場の管理棟があります。キャンプもできるんですね。トイレや更衣室は無料、シャワーは300円です。

阿波連MAP

阿波連MAP

周りにはペンションや飲食店がありますのでのんびりと滞在しても良いですね。

スポンサーリンク

泊港に到着

夕日に照らされたとまりん

夕日に照らされたとまりん

夕方には朝出発した泊港に着きました。日帰りビーチでしたが慶良間の海を初めて体験できました。次は座間味島に行ってみよう!

スポンサーリンク
【最低価格保証】沖縄離島のオプショナルツアー予約なら VELTRA
VELTRA



関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください