バンコクから日帰りで市場の中を電車が通るメークロン線路上市場に行ってきた/Vol.10 日本航空 JL32 バンコク-羽田 ビジネスクラス搭乗記

日本航空 JL34 バンコク-羽田 ビジネスクラス機内食

帰りのJAL便は行きと比較すると機内食が貧弱です。夜行便の朝食が今ひとつだったので今回は午前便にしてみましたがやはりイマイチでした。日本発便はクオリティーが高いですが海外で作るものは難しいんでしょうか。おまけに今回はJALで初め「消えるCAさん」に遭遇しました。今回の帰国便は全体的にサービスもグダグダでした。残念。

旅行期間 2016/07月
エリア  タイ(バンコク)
テーマ  市場、街歩き。食べ歩き

日程

1日目
羽田空港JALファーストクラスラウンジで朝食。
キャセイパシフィック航空ラウンジで軽食を食べる
日本航空JL31便でバンコクへ。The Westin Grande Sukumvit泊

2日目
メークロン線上市場まで初ロッティで行ってみる。電車は大迫力。

3日目
キャセイパシフィック航空ラウンジで夕食
日本航空 JL32で帰国したけれど、乗り継ぎで那覇へ!(To be continued)


スポンサーリンク

スワンナプーム空港

スワンナプーム空港

出発便はコンコースFの端っこです。動く歩道はありますが結構時間がかかります。やはりスケールが違います。

スワンナプーム空港

スワンナプーム空港

空港のデザインが鳥の巣みたいで洗練されています。開港まですごく時間がかかりましたが毎年少しづつ変更されて随分良くなりました。開港当初はトイレが全くなくてびっくりしましたし、動く歩道なんて全く整備されていなかったので端から端まで30分ぐらいずっと歩いた記憶があります。

スワンナプーム空港

スワンナプーム空港

トイレといえば今回こんなものを見つけました。トイレの出入り口に何かあるなぁとよく見たら、トイレの快適さのアンケートでした。いつの間にこんなものを設置したんだろう、、ちゃんとこのフィードバックは生かされるのだろうか、ここはタイなんだし。少し不安を覚えましたがちゃんと「excellent」ボタンを押しておきました。

スポンサーリンク

日本航空 JL34 バンコク-羽田 ビジネスクラス機内食

ボーディング

ボーディング

やはり滞在が短すぎました。あと1日あればゆっくり休養できたのですがもう帰国です。(ただまだ家には帰りません)

ボーイング747が飛来

外を眺めていると懐かしのボーイング747が着陸してきました。

最近は全体的に小さい機体になってしまったので747の余裕のあるキャビンはやはり良いです。

キャセイパシフィックも10月に日本線からB747が無くなるようなのでだんだん見る機会が減るのは残念です。

スワンナプーム空港から離陸

機内食

バンコクからの午前便は昼食になりますが今ひとつパッとしません。

洋食はビーフラビオリかサーモンのグリルでしたので、ここは久しぶりに和食を選ぶことにしました。

メニュー

鰻ざく
マッシュルームとアスパラの白和え
豆乳ゼリーイクラ添え旨味出汁餡
焼き帆立、烏賊、葱生姜オイル掛け
鮪の胡麻油焼き
ほうれん草薄皮巻き
鶏のカピタン漬け
豚味噌煮、大根

台の物
牛すき焼き風

炊きたてご飯 味噌汁 香の物

パイナップルババロア

日本航空 JL34 バンコク-羽田 ビジネスクラス機内食

日本航空 JL34 バンコク-羽田 ビジネスクラス機内食

まずはシャンパンで喉を潤します。

日本航空 JL34 バンコク-羽田 ビジネスクラス機内食

日本航空 JL34 バンコク-羽田 ビジネスクラス機内食

先付けです。見た目にも綺麗でいろんな味が楽しめます。

日本航空 JL34 バンコク-羽田 ビジネスクラス機内食

日本航空 JL34 バンコク-羽田 ビジネスクラス機内食

この中で何が一番美味しかったかは左下の焼き帆立、烏賊、葱生姜オイル掛けです。味はご想像の通りですがさっぱりとした味わいで良かったです。それと右下の大根。程よい硬さの中に味がじっくりしみていて美味しかったです。

日本航空 JL34 バンコク-羽田 ビジネスクラス機内食

日本航空 JL34 バンコク-羽田 ビジネスクラス機内食

これは箸置きでしょうか。可愛らしかったのでもらおうかと思ったのですが、次のお料理を出される時にお盆後と持って行かれたためもらえませんでした。残念です。

日本航空 JL34 バンコク-羽田 ビジネスクラス機内食

日本航空 JL34 バンコク-羽田 ビジネスクラス機内食

次のお膳は牛すき焼き風です。お肉関係の火の入れ方はJALはとても上手いのですが、これは微妙です。まぁ薄くスライスしてあるので仕方がないのでしょうが表面は少し硬めで一枚剥ぐと美味しいところが出てくる感じです。味付けは若干薄め。醤油が欲しいのですがさっき持ってかれてしまったので残念です。

日本航空 JL34 バンコク-羽田 ビジネスクラス機内食

日本航空 JL34 バンコク-羽田 ビジネスクラス機内食

甘さ控えめのババロアは程よいパイナップルの酸味とマッチしていて美味しいです。

日本航空 JL34 バンコク-羽田 ビジネスクラス機内食

日本航空 JL34 バンコク-羽田 ビジネスクラス機内食

到着前は今回「そばですかい」にしてみました。なんかこの組み合わせは定番です。

羽田空港着陸

そうこうしているうちにあっという間に羽田に到着です。

今日の侵入経路は丁度右手に幕張メッセが見えて、続いてディズニーランドが見えます。

バンコク発の機内食は羽田・成田発と比較すると貧弱です。昼間便がこれで夜行便の朝食はあまり褒められたものではありません。この辺改善してくれないかなぁ。

まだまだ旅は続く

ようやく羽田空港まで戻ってきましたが、まだこれで自宅に帰るわけではありません。

そのまま乗り継いで沖縄に行きます!

旅の続きは以下のリンクからどうぞ!

スポンサーリンク

消えるCA JAL編

今回は機内サービスもいつもよりぎこちない気がしました。全体的に連携が取れていないというかJALらしさが感じられません。以前A●Aさんで機内販売をお願いして待てど暮らせど持ってこないので他のCAさんにお願いした「消えるCA」さんを何度も体験しましたが、今回はJALでも発生。「後ほどお持ちします」とメモっていたあのメモはどこに行ってしまったのか、、謎です。後方で体調を崩したお客さんが多数発生した(?)からのようですが、カートをガラガラ押しながら食事の配給といつまで経っても下げてくれずシートに強制的に座らされ続けるのは某A●Aと同じなので、これはいつものJALらしくないなぁと思いました。JALでもたまに外れの時もあるんですね。

スポンサーリンク



スポンサーリンク


関連リンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です