世界遺産の街ラオスのルアンパバーンへ行ってきた/ Vol.6 ぶらっと1日でビエンチャン街歩き。歩きに歩いた!

パトゥーサイ(Patuxay)

旅行期間 2016/03/05ー2016/03/11

エリア  タイ(バンコク)、ラオス(ビエンチャン、ルアンパバーン)

テーマ  飛行機、街歩き、食べ歩き

ビエンチャン観光は半日しかないのでアーリーチェックイン後直ぐに歩き回りました。

なんとか歩ける範囲にいろいろなスポットがありますので久しぶりに足を使った観光をしました。もう1日あると車でないと行けない場所にも行けたと思いますが、ラオスの首都の雰囲気がわかって良かったです。

日程
3/5(土)
成田空港へ。JALファーストクラスラウンジで朝食。
マレーシア航空MH89でクアラルンプール。
乗り継ぎでMH780でバンコクへ。バンコク泊
3/6(日)
バンコクエアウェイズPG943でビエンチャンへ
急いで街歩き。 Salana Boutique Hotel 泊
3/7(月)
ラオス航空QV101 でルアンパバーンへ
プーシーの丘に疲労困憊しながら登る。
3 Nagas Luang Prabang Mgaller by Sofitel泊
3/8(火) 車をチャーターしてパクオウ洞窟とクアンシーの滝を見に行く
3/9(水) 托鉢見学してバンコクエアウェイズでルアンパバーンからバンコクへ
3/10(木) バンコクでマッサージと友人と夕食
3/11(金) 早朝バンコク発羽田へ


スポンサーリンク

Vol.6 ぶらっと1日でビエンチャン街歩き。歩きに歩いた!

ビエンチャンには1日しかいないので、早速街歩きに出かけます。

キッチン東京

キッチン東京

おそらく日本食屋さん?日本の方も多数いらしゃるのでしょうか。こんなところにも日本食のお店があります。

味はどうかは食べていないのでわかりません(笑)

街並みは意外と普通です。大都会ではないけれど車は綺麗な良い車が走っていて、アジアの片田舎のイメージが崩れました。ベンツとかバンバン走っています。

国内最古の寺院「シーサケット寺院」

シーサケット寺院(Wat Sisaket)外観

シーサケット寺院(Wat Sisaket)外観

1818年、アヌーウォン王によって建立された「シーサケット寺院(Wat Sisaket)」は、ビエンチャンの最も古い寺院。1828年にシャム(タイ)の侵攻で、ビエンチャンにあったほとんどの寺院が破壊されるなか、バンコク様式(ラタナコーシン美術様式ともいわれる)を本堂の一部に取りれた、この寺院だけが破壊を免れました。

■シーサケット寺院(Wat Sisaket)

拝観時間:8:00~12:00、13:00~16:00

入場料:5000KIP

アクセス

シーサケット寺院(Wat Sisaket)回廊

シーサケット寺院(Wat Sisaket)回廊

シーサケット寺院(Wat Sisaket)仏像

シーサケット寺院(Wat Sisaket)仏像

小さな本堂を中心に張り巡らされた回廊には、大小さまざまな仏像が、10,136体も安置されています。

シーサケット寺院(Wat Sisaket)

シーサケット寺院(Wat Sisaket)

綺麗な装飾が施されている寺院です。

M point mart発見

M point mart

M point mart

街のあちこちにM point martがあります。コンビニのようなもので、ちょっと飲み物を調達します。

トゥクトゥク?

トゥクトゥク?

数は多くありませんが、市民の足代わりになっているようです。エンジンが小さい、、大丈夫かな。

パリの凱旋門を模した「パトゥーサイ(Patuxay)」

パトゥーサイ(Patuxay)

パトゥーサイ(Patuxay)

アクセス

首都ビエンチャンで一番大きなラーンサーン通り(Lane Xang R.d.)にあるをパリのシャンゼリゼに見立てて、凱旋門(がいせんもん)を参考に建てられたのが街のシンボルの「パトゥーサイ(Patuxay)」です。

ラオス語で「勝利の門」を意味するこの建物は、戦没者慰霊のために1960年代に建設が始まりましたが、あと一歩のところで財政難に陥りまだ未完成らしいです。

とは言っても、シンボルにふさわしい風格があります。

中は登れるようになっていますが、暑いので上りませんでした、、

周りに高い建物はないので、きっと眺めはいいと思います。

パトゥーサイ(Patuxay

営業時間:8:0012:0013:0016:00

入場料:3000KIP

パトゥーサイ(Patuxay)

パトゥーサイ(Patuxay)

こちらは裏側?公園が広がります。

パトゥーサイ(Patuxay)

パトゥーサイ(Patuxay)

塔を下から見ると美しい装飾がみられます。

パトゥーサイ(Patuxay)

パトゥーサイ(Patuxay)

きっとこっちが表でしょう。噴水があって綺麗です。

怪しい写真屋さんが多数いらっしゃって、観光客に声をかけていました。

タートダム(That Dam)

ホテルに帰る道すがら何やら崩れそうな仏塔があります。

16世紀に立てられた塔らしく、 ビルマ様式の塔で昔は金属に覆われて黒光りしていたらしい。 現在のものは1930年に作り直されたものらしいですが、メンテナンスが行われていないので、ほとんど放置状態です。

仏塔にも草が生えているし、、でもそれが意外に味があって良い感じです。

アクセス 

タートダム(That Dam)

タートダム(That Dam)

タートダム(That Dam)

タートダム(That Dam)

スポンサーリンク

メコン川沿いナイトマーケット

メコン川沿いは夜になるとナイトマーケットが開かれます。

ただ、やぶ蚊が多いので防虫スプレーをたっぷり吹き付けて(塗って)からお出かけすることをお勧めします。

夜のメコン川

夜のメコン川

対岸の明かりが川面に写って綺麗です。ただ、蚊が多いことを除けば、、

ナイトマーケット

ナイトマーケット

たくさんのお店がでます。ただ、ラオスの方は商売下手?なのかあまり呼び込みはありません。

ナイトマーケット

ナイトマーケット

草履がうってたり、服が売っていたり。

ナイトマーケット

ナイトマーケット

屋台があったりします。

スポンサーリンク

ラオス料理が食べたい

屋台もいいのですが、普通のラオス料理が食べたい!ということでホテルの近くのレストランに入ることにしました。

ここも商売っ気がない、、、悪い意味ではないのですが、みなさんのんびりされているようですね。

Le Sommelier

アクセス

Le Sommelier

Le Sommelier

豚肉ご飯

豚肉ご飯

なんかラオス料理というより中華のような見た目です、、

ラープ

ラープ

ラオスの伝統的なサラダのラープを食べてみたかったので注文してみました。香辛料が聞いて美味しい。これを野菜に挟んで食べます。野菜がたくさんんとれます。

これは美味しい(笑)それだけ食べると味が少し濃いですが、レタスに挟んで食べるとレタスのシャキシャキ感とラープの味が少し薄まって絶妙に美味しくなるんです。

野菜がたっぷりついてきます。

野菜がたっぷりついてきます。

お値段は一品20000Kip〜30000Kipぐらいで飲み物を入れると1000円いかないぐらい。

日本円で考えるとそんなものかなぁと思いますが、タイの物価と比較すると高いです。

バンコクとかだと半分ぐらいで食べられますからね。ラオスの物価は食べ物に関して意外と高いんです。

タイの友人に聞くと、ラオスは食材の多くをタイから輸入しているので、その分割高になるらしいです。

スポンサーリンク



スポンサーリンク


関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください