世界遺産の街ラオスのルアンパバーンへ行ってきた /Vol.1 成田空港 JALファーストクラスラウンジで朝食

朝食
(広告)

今回の旅行は街並みが世界遺産に登録されたラオスのルアンパバーンと首都のビエンチャンに向かいます。

もともとバンコクで静養するつもりだったのですが、中途半端な滞在なので(6泊7日)3泊をラオスで、3泊をバンコクにいることにしました。

ラオスの印象は行く前と後では若干変化がありました。

すごい田舎と思っていたのですが、思ったより都会的な感じです。

物価は激安かと思っていたのですが、タイよりも食べ物は割高でそこも意外でした。

食料はタイからの輸入ですからそうなんですね。

旅行期間 2016/03/05ー2016/03/11
エリア  タイ(バンコク)、ラオス(ビエンチャン、ルアンパバーン)
テーマ  飛行機、街歩き、食べ歩き

日程
3/5(土)
成田空港へ。JALファーストクラスラウンジで朝食。
マレーシア航空MH89でクアラルンプール。
乗り継ぎでMH780でバンコクへ。バンコク泊
3/6(日)
バンコクエアウェイズPG943でビエンチャンへ
急いで街歩き。 Salana Boutique Hotel 泊
3/7(月)
ラオス航空QV101 でルアンパバーンへ
プーシーの丘に疲労困憊しながら登る。
3 Nagas Luang Prabang Mgaller by Sofitel泊
3/8(火) 車をチャーターしてパクオウ洞窟とクアンシーの滝を見に行く
3/9(水) 托鉢見学してバンコクエアウェイズでルアンパバーンからバンコクへ
3/10(木) バンコクでマッサージと友人と夕食
3/11(金) 早朝バンコク発羽田へ



(スポンサーリンク)

(スポンサーリンク)

ラオス行きの航空券は結構面倒だった

今回はずっとバンコクで過ごすつもりだったのですが、毎回バンコクだけにいるのもそろそろ飽きたので、新しい場所に行ってみようと思い以前から行ってみたかったラオスに行きました。

ラオスのイメージとしては、タイより田舎でほのぼのとした感じじゃないかと勝手に思っていました。

実際に見てみないとどうしようもないので、丁度3泊4日ぐらいでいけそうなので街並みが世界遺産に登録されたルアンパバーンと首都ビエンチャンに飛行機でささっと行ってみました。

もう少し時間があれば、タイ国境まで行って陸路で行ってみたいとも思ったのですが結構時間がかかりそうで体力的にもきつそうなので(笑)お手軽コースになりました。

今回の航空券

往路:
マレーシア航空
MH97便 成田(10:30)ークアラルンプール(17:05)
MH780便 クアラルンプール(18:05)ーバンコク(19:10)
(キャンペーンでビジネスクラスを購入)
バンコクエアウェイズ
PG943便 バンコク (10:10)ービエンチャン(11:25)
ラオス航空
QV101便 ビエンチャン(11:30)ールアンパパン(12:15)
(エクスペディアでエコノミークラスを購入)

復路:
バンコクエアウエイズ
PG942便 ルアンパパン(12:20)ーバンコク(14:20)
(エクスペディアでエコノミークラスを購入)
日本航空
JL32便 バンコク(09:55)ー羽田(17:30)
(エコノミークラスをマイルでビジネスクラスにアップグレード)

今回の航空券は前回年末にバンコク発券のマレーシア航空バンコク発東京行きの復路を使用し、バンコクーラオス往復は初めてエクスペディアで航空券を発券し、バンコクから東京に帰国するチケットはバンコク発券の日本航空便のエコノミークラスをマイルでアップグレードしたものを使用しました。

今回は全区間ばらばらですね。

ラオス航空航空券

今回はラオス国営航空を使います。あまり良い噂は聞かなくてタイの友人は危ないからバンコクエアウェイズに乗ったほうが良いよ、と言っていましたが、ビエンチャンとルアンパバーン間はラオス航空しかないので仕方がありません。

最近どの航空会社もオンラインで決済してeチケット発行するのが主流になっていますが、ラオス航空の公式ホームページではなんと即時発券はしてくれなくて、まずは予約リクエストをして、OKになったら24時間以内に連絡をくれてクレジットカードか銀行振込などで購入することになります。

面倒くさい、、ということで、エクスペディアのサイトに行くと、その場で予約と決済可能。

ただ私の経験上、エクスペディアはキャンセル時に自社で責任を負わないのでエージェントとしては非常にトラブルが多いので使わないのがベターです。

そんなわけでバンコクエアウェイズのチケットも含めてエクスペディアで購入してついでにホテルも割引価格で購入することにしました。


(スポンサーリンク)
voyaginでタイで人気の体験を予約しよう
日本語対応、現地で当日でもスマホで予約・カードで支払い、QRコードでチケット引き換えができるオプショナルツアー(バンコク・プーケット・チェンマイ) 

成田空港 JALファーストクラスラウンジで朝食

本日のフライトは午前中。朝が早く成田は自宅から遠く、一応空港バスも朝一番に乗れば間に合うのですが、ゆっくりしたかったので京成成田駅前のアパホテルに前泊していました。

ホテルのシャトルで成田空港に到着したのが8時。出発までは2時間半ほどあります。

成田空港 チェックインカウンター

成田空港 チェックインカウンター

早朝なのであまり人はいません。

JALファーストクラスラウンジ

JALファーストクラスラウンジ

マレーシア航空はワンワールドに2013年2月1日に加盟しました。

その為、JALダイヤモンド会員は成田空港ではJALファーストクラスラウンジが使えます。

また、JALダイヤモンド会員はワンワールドエメラルドになるので、クアラルンプール空港ではマレーシア航空のファーストクラスラウンジが使えます。

今回は残念ながら乗り継ぎ時間が1時間なのでゆっくりできませんが、時間があるときはラウンジ内のレストランでオーダー形式のお食事が可能です。

SAKE BAR

SAKE BAR

成田空港のファーストクラスラウンジでは日本酒も良いのが揃っている、、らしい。

というのも、私自身があまり飲まないので良いかどうかがわからないのです(笑)

SUSHI BAR

SUSHI BAR

朝と夜の時間帯で職人さんが握ってくれるお寿司を食べることができます。

ただ、ネタがマグロとイカと玉子。

ちょっと前はイカではなくて海老だったのですが変わってしまったのが残念です。

もう2〜3品何かあると良いのですが。

SUSHI

SUSHI

というわけで、握ってもらいました。

このマグロはとっても美味しいんです。

サラダ

サラダ

サラダバーも充実しています。

おつまみ各種

おつまみ各種

ちょとしたおつまみもたくさんあります。

スープ

スープ

スープはスープストック東京とコラボしていますので美味しいです。

暖かい方はオマールエビのビスク。これはいつもあります。

冷たい方は南瓜の冷製スープ。どちらも美味しいです。

朝食

朝食

今日の朝食は少し控えめにJALカレーも含めてこんな感じです。

これからマレーシア航空の美味しいサテも食べられると思うので少しセーブしました。

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください