初めての古都スコータイ。ロイクラトンのお祭りはどこも華やかだった / Vol.8 バンコクエアウエイズ PG212 スコータイ – バンコク搭乗記

LoyKrathong2017_08
(広告)

1泊2日で駆け足で見て回ったスコータイですが、お祭りも楽しかったし良い体験でした。

普段あまり乗らないスリリングなトゥクトゥクに乗って空港へ向かい、バンコク経由でチェンマイまで移動します。

スコータイからチェンマイへ直行便ないんですよね。。。

毎年ロイクラトンの時期はチェンマイに滞在して友人と会ったりしてゆっくり過ごしています。

タイに来てから結構忙しかったのでチェンマイに到着したら少しゆっくりできそうです。

旅行期間 2017/11月
エリア  タイ(バンコク・スコータイ・チェンマイ)
テーマ  お祭り、街歩き、食べ歩き

目次
・Vol.1 再び成田から旅立つ!日本航空 ファーストクラスラウンジで朝ごはん
・Vol.2 マレーシア航空 MH89 成田 – クアラルンプール ビジネスクラス 搭乗記
・Vol.3 マレーシア航空 MH780 クアラルンプール – バンコク ビジネスクラス搭乗記
・Vol.4 フォー ポイント バイ シェラトン バンコク スクンビット 15 (Four Points by sheraton BANGKOK) 宿泊記
・Vol.5 バンコクエアウエイズ PG209 バンコク – スコータイ 搭乗記
・Vol.6 パイリン ホテル (Pailyn Hotel)スコータイ 宿泊記
・Vol.7 スコータイ・ロイクラトン&キャンドル・フェスティバル(Sukhothai Loy Krathong & Candle Festival)へ行ってきた
・Vol.8 バンコクエアウエイズ PG212 スコータイ – バンコク搭乗記
・Vol.9 タイ国際航空 TG110 バンコク – チェンマイ 搭乗記〜タイ航空ラウンジのカオマンガイ激ウマだった〜
・Vol.10 ル メリディアン チェンマイ  (Le Méridien Chiang Mai ) 宿泊記
・Vol.11 チェンマイの市場は面白いものがいっぱい!
・Vol.12 チェンマイのロイクラトンのパレードは今年はとっても豪華
・Vol.13 タイ国際航空 TG105 チェンマイ – バンコク 搭乗記~え、この機内食斬新すぎる!~
・Vol.14 マレーシア航空 MH783 バンコク – クアラルンプール ビジネスクラス搭乗記
・Vol.15 クアラルンプール空港でマレーシア航空、キャセイパシフィック航空のラウンジをハシゴしてみた
・Vol.16 マレーシア航空 MH88 クアラルンプール – 成田 ビジネスクラス搭乗記

<往路>
MH89 NRT(10:30) – KUL(17:05)
MH780 KUL(18:05) – BKK(19:10)
PG209 BKK(13:10) – THS(14:25)
PG212 THS(8:45) – BKK(10:00)

<復路>
TG110 BKK(13:15)-CNX(14:25)
TG105 CNX(10:40)-BKK(11:55)
MH783 BKK(17:05) – KUL(20:20)
MH88 KUL(23:35) – NRT(7:05)


空港まで40分間トゥクトゥクに乗って移動!

昨日到着して翌日出発(笑)

慌ただしく1泊2日のスコータイ滞在が終了しました。

ホテルの朝ごはんを食べて空港へ出発です。

空港へはホテルで足を頼んだのですが、、

スコータイのトゥクトゥク

スコータイのトゥクトゥク

乗っていくのはこれ!

昨夜乗ったものと同様で、人が乗るところを「押して」進むタイプのトゥクトゥクです。

良く見るのはオートバイ風の動力車が客車をひっぱるやつなので若干違和感。。。

ぶつかった時とか急停車した際には前にポーンとダイビングしてしまうというとんでもない仕様のトゥクトゥクです(笑)

スコータイ空港へ!

スコータイ空港へ!

午前中の市内の道路なんて閑散としています(笑)

メインの通りなのでかなり広いのですが、、

スコータイ空港へ!

スコータイ空港へ!

長閑な風景。。なのですが、実はちょっと肌寒い。

スコータイはタイの北部なので秋口になるとやっぱり寒いわけです。

しかもトゥクトゥクに乗って風が直撃していますから更に冷えるわけで(笑)もう一枚着ておけばよかった。。。

空港への動画にまとめてみたので雰囲気はこんな感じでした。

長閑な道を延々と40分間疾走したわけですが、実はセブンイレブンがあったり、途中でなぜかガソリンスタンドに立ち寄ったり(笑)となんか色々ありました。

スコータイ空港にもバンコクエアウェイズのラウンジはある!

スコータイのお祭りも見ることができたので、これからチェンマイに向かいます。

スコータイからチェンマイまでは直行便がないのでいったんバンコクまで戻ってからチェンマイまで移動です。

全ての乗客がラウンジを使えるというバンコクエアウェイズですが、スコータイ空港にもちゃんとあります。

というか、ここを発着するのはバンコクエアウェイズだけ。。専用空港ですね。

スコータイ空港

スコータイ空港

この辺はもうアナログ!

というか、デジタル必要ありませんね(笑)

スコータイ空港

スコータイ空港

セキュリティエリアはとりあえず分かれていますが、、ほぼオープンエアーなのであまり区別はないですね(笑)

バンコクエアウェイズラウンジ @スコータイ空港

バンコクエアウェイズラウンジ @スコータイ空港

ここにはオープンエアーのラウンジがあります。

ここは全ての人が使えるブティックラウンジ/Boutique Loungeです。

ビジネスクラス用には別にエアコンの効いた(笑)ブルーリボンラウンジ(Blue Ribbon Lounge)ってのがあります。

入ったことがないのでどんな感じなのかわかりませんが。。。

バンコクエアウェイズを使う時って片道1時間ぐらいの短距離しか使わないのでビジネスクラス使ったことがないのです。

まぁそのぐらいの短距離なら別にエコラウンジでも十分です。

バンコクエアウェイズラウンジ @スコータイ空港

バンコクエアウェイズラウンジ @スコータイ空港

なんたってポップコーン食べ放題(笑)

バンコクエアウェイズラウンジ @スコータイ空港

バンコクエアウェイズラウンジ @スコータイ空港

タイのお菓子も食べ放題(笑)

バンコクエアウェイズラウンジ @スコータイ空港

バンコクエアウェイズラウンジ @スコータイ空港

コーヒーと毒々しい色のオレンジジュースも飲み放題(笑)

バンコクエアウェイズラウンジ @スコータイ空港

バンコクエアウェイズラウンジ @スコータイ空港

こちらには売店もあって、これはもちろん有料。

バンコクエアウェイズラウンジ @スコータイ空港

バンコクエアウェイズラウンジ @スコータイ空港

日本の新聞はないなぁ〜というか、、最近はスマホでニュースを見ることができるので新聞って昔ほど必要なくなりました。

昔は帰国する時にJALのラウンジで新聞を真っ先に目を通したものです。。

スマホもなかったし、、衛星テレビが見れるようなところにいなかった場合とか完全に浦島多量状態でしたからね〜

そんな時代もありました。

バンコクエアウエイズ PG212 スコータイ – バンコク搭乗記

バンコクエアウエイズ PG212 スコータイ - バンコク

バンコクエアウエイズ PG212 スコータイ – バンコク

さて、とりあえずバンコクへ!

バンコクエアウエイズ PG212 スコータイ - バンコク

バンコクエアウエイズ PG212 スコータイ – バンコク

ゲートから飛行機へはまたあのトロッコのような乗り物で向かいます。

HS-PZJ ATR ATR72 ATR72-600 1392 2017/04〜

HS-PZJ ATR ATR72 ATR72-600 1392 2017/04〜

完全にリゾート仕様の飛行機に乗り込みます。

登場順を案内されるとき、座席の初めの方から呼ばれるのでなぜかなぁと思ったら、飛行機の搭乗口は後ろからなんです。

日本の離島便だと大体前乗りですよね〜

HS-PZJ ATR ATR72 ATR72-600 1392 2017/04〜

HS-PZJ ATR ATR72 ATR72-600 1392 2017/04〜


(スポンサーリンク)

スコータイ空港を離陸!

またプロペラ機に乗ってバンコクに戻ります。

小さい飛行機なので、天井が低くて圧迫感がある。 欧米の体の大きな方はこれはつらいでしょうね。

バンコクエアウエイズ PG212 スコータイ - バンコク機内食

バンコクエアウエイズ PG212 スコータイ – バンコク機内食

フライト時間は1時間15分ほど。

ご飯はサンドイッチですね。

バンコクエアウエイズ PG212 スコータイ - バンコク機内食

バンコクエアウエイズ PG212 スコータイ – バンコク機内食

本当にこんな短時間のフライトでこれだけのものを提供してくれるのだからすごいと思います。

バンコクエアウエイズ PG212 スコータイ - バンコク機内食

バンコクエアウエイズ PG212 スコータイ – バンコク機内食

まぁ、、普通のサーモンサンド。

バンコクエアウエイズ PG212 スコータイ - バンコク機内食

バンコクエアウエイズ PG212 スコータイ – バンコク機内食

朝も食べたような気がするフルーツ。

カットはどこにいっても同じですよね(笑)


(スポンサーリンク)
voyaginでタイで人気の体験を予約しよう
日本語対応、現地で当日でもスマホで予約・カードで支払い、QRコードでチケット引き換えができるオプショナルツアー(バンコク・プーケット・チェンマイ) 

スワンナプーム国際空港へ着陸

僅か75分ほどのフライトですが、ちょっとしたスナックも配られるのでうたた寝している暇もありません。

あっという間にスワンナプーム空港に到着します。

外を見ていると、、眼下に空港が見えます。

が、そのまま通過して海の方まで飛んで、ぐるっとUターンして着陸します。

プロペラ機に乗る時いつも思っているのですが、、この回っているプロペラのブレードが飛んでくるんじゃないかとハラハラするのですが(笑)、まぁそんなことはないですよね。

HS-PZJ ATR ATR72 ATR72-600 1392 2017/04〜@スワンナプーム国際空港

HS-PZJ ATR ATR72 ATR72-600 1392 2017/04〜@スワンナプーム国際空港

スワンナプーム空港に到着。

昨日同じような光景を見たような、、(笑)

スワンナプーム国際空港

スワンナプーム国際空港

さて、国内線の到着に来ましたが、ここからそのまま乗り継いでチェンマイに向かいます。

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • 人が乗るところを「押して」進むタイプのトゥクトゥク、そんなのがあるの初めてしりました^^
    道のまんなかをは知る、迫力ですね!!
    海外は1時間たらずのフライトでも機内食をだすのは、いつも関心します

    • こんにちは!

      トゥクトゥク自体なんか振り落とされそうで(笑)あまり乗らないのですが、この不思議なタイプのトゥクトゥクに乗って、、しかもスーツケースなんかも一緒に乗り込んで動かないように押さえながら、かつ周りをカメラで撮影しながら(笑)かなりアクロバティックでした(笑)
      慣れると面白いんですけどね〜
      やっぱり空港の往復は普通の車がいい!と思ってしまいました(笑)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください