今年は上海蟹断念!でも香港で美食を堪能・世界遺産の街マカオで人類の進化の最終形態を見た / Vol.8 8年ぶりにTurboJet(噴射飛航)でマカオへ行ってみました

フェリーの座席指定

香港とマカオの間はフェリーで所要時間60分。日中は15分おきに出発しています。ほとんどバスに乗る感覚で行くことができます。

時間が正確なのでバスよりも便利かもしれません(笑)こういうところは港湾都市らしいです。香港とマカオ間は橋で繋がります。

なんと42Kmもの橋が現在建築中です。本当はもう繋がっているはずなのですが、工事が遅れているようでいつ開通するかわかりません。もっとも、香港から直接車でマカオに乗り入れられるのかと思いきや、マカオ側に巨大駐車場ができて、そこまでしか来れないようです。ただでさえ狭いマカオの街中に香港から車が押し寄せたら大変なことになりますからね。

旅行期間 2016/11月
エリア  香港 マカオ
テーマ  街歩き、食べ歩き、飛行機

目次
・Vol.1 羽田空港 JALファーストクラスラウンジ体験記
・Vol.2 日本航空 JL29 羽田 – 香港 JAL SKY SUITE IIIビジネスクラス搭乗記
・Vol.3 Sheraton Hong Kong Hotel & Towers宿泊記
・Vol.4 ミシュラン一つ星フレンチフュージョンの名店TATEで会食
・Vol.5 香港は港湾都市 船でDiscovert Bayへ行ってみた
・Vol.6 ゴルフクラブで1日中のんびりも良いものです
・Vol.7 今年は上海蟹は断念!その代わり美味しい中華を満喫
・Vol.8 8年ぶりにTurboJet(噴射飛航)でマカオへ行ってみました
・Vol.9 マカオの街を駆け足で散策 ヨーロッパ風の街並みが落ち着きます
・Vol.10 昼食はポルトガル料理の名店antonioちょっと変わった料理にびっくり
・Vol.11 最新のホテルWYNN PALACEに宿泊 部屋の広さに圧倒され、壮大な無駄な作りにびっくり。
・Vol.12 水舞間(The HOUSE of Dancing Water)を観覧 ど迫力の舞台に唖然
・Vol.13 WYNN PALACEで最後の晩餐 北京ダック美味しい
・Vol.14 マカオから船で直接香港国際空港へ
・Vol.15 香港国際空港 キャセイパシフィック航空 THE WING ファーストクラスラウンジ体験記
・Vol.16 日本航空 JL26 香港 – 羽田 JAL SKY SUITE IIIビジネスクラス搭乗記


スポンサーリンク

TurboJet(噴射飛航)でマカオへ

ホテル群の乱立もそうですが、その豪華さが、、普通の豪華さではないのです。なんというか趣とか品がない(笑)テーマパークに迷い込んだ錯覚を覚えるような豪華さで、ほとんど大人の遊園地といった印象を受けます。確かにカジノの街ですから致し方ありません。

香港とマカオからマカオに行くには?

香港ーマカオ間の船は24時間運行。ですので、香港滞在のまま日帰りで夜中に帰って来ることも可能ですし簡単です。ただし、香港市内の交通は24時間運行でないので、公共交通機関が終了した後はタクシーを使う必要がありますので、その点は留意する必要があります。

また、香港国際空港から直接マカオに行ったり、マカオからそのまま香港国際空港へ向かう船もあります。効率よく見て回るのにオススメです。

香港とマカオ間のフェリー

香港からは香港島側からは上環(ションワン)にあるマカオフェリーターミナル、九龍半島からは尖沙咀(チムサーチョイ)にあるチャイナフェリーターミナルがあります。どちらも便利な場所にあるのですが、個人的にはMTR直結の上環マカオフェリーターミナルをお勧めします。チャイナフェリーターミナルは尖沙咀(チムサーチョイ)の駅から15分ほど地上を歩くので少し面倒臭いのと道に迷う可能性もあるからです。

その点マカオフェリーターミナルは地下鉄の駅を降りたら看板通りに進めば迷うことはありません。

上環マカオフェリーターミナルからTurboJet(噴射飛航)に乗る

TurboJet(噴射飛航)切符売り場

TurboJet(噴射飛航)切符売り場

運行時間

マカオへは07:00〜23:59まで15分間隔で運行しているのでそのまま行って乗れないことはありません。どうしても事前に予約をしておきたい場合は下記の公式サイトでeチケットが購入できます。

また、24時間運行ですが、0時以降はぐっと便数が減りますので時間を確認しておきましょう。

料金

平日昼間:エコノミークラス:164HKD スーパークラス:326HKD
週末・祝日:エコノミークラス:177HKD スーパークラス:348HKD

2倍近い値段の差がありますが、エコノミークラスで十分です。マカオへの行きはエコノミークラス、香港への帰りはスーパークラスを利用しましたが、それほど違いはありません。

違いはスーパークラスの方が若干良い座席(?)と簡単な軽食、優先的に降りられる(笑)がつきます。しかし、倍近い値段を払うほどのメリットは感じませんし、軽食も大したものはでません。

香港→マカオフェリーキップ

香港→マカオフェリーキップ

出国

出国ゲート

出国ゲート

切符売り場の横にゲートがありますのでそこから出発です。

当然ですが、マカオに行くには香港を出国しなければなりません。ちゃんとイミグレーションがありますが、パスポートと入国時の紙切れを渡せばOKです。

フェリーの座席指定

フェリーの座席指定

一応座席が指定されます。待合室に入る前にチケットを提示すると座席のシールを貼ってくれます。離島の飛行機も昔(今も?)そうでしたね。空いて入れば座席の移動もできます。

TurboJet(噴射飛航)待合室

TurboJet(噴射飛航)待合室

出航までしばらく待合室で待機。空港と同じですね。もっとも船の方が歴史は古いですけれどね。

乗船!

乗船!

TurboJet(噴射飛航)船内

TurboJet(噴射飛航)船内

TurboJet(噴射飛航)

TurboJet(噴射飛航)

60分の船旅はあっという間です。香港とマカオは気軽に行き来できます。

マカオに到着後はイミグレーションを通過して入国です。繁忙期は長蛇の列になって1時間ほど入国に時間がかかると覚悟していたのですが、当日はほとんど混んでいなくてあっという間でした。

スポンサーリンク

マカオは入国カードがいりません。パスポートのみで入国できます。

マカオに入国

さて、入国後はマカオ市内を観光するように車とドライバーをチャーターしてくれていたので、それに乗り込みます。マカオは観光都市のはずなのにタクシーがすごく少ないのです。今回は6名で行ったので6時間ほど色々と回ってくれて一人260HKD。ちょっと高めですが、時間がない場合には重宝します。

マカオの通貨

マカオの通貨はパカタ。ただし、マカオでは香港ドルとパカタの2通貨が共存しています。為替差は香港ドル:パカタ=1:1.03でほぼ同じです。香港メインでマカオに来た場合は両替しない方が良いでしょう。表示されている金額をそのまま香港ドルで支払えば良いです。

レストランやホテルなどではクレジット決済を使えば現金はそれほど持たなくても良いですしね。

マカオの観光

少人数の場合はツアーをお勧めします。タクシーが極端に少なく、バスを使うしかありません。

スポンサーリンク



スポンサーリンク
【香港発 マカオ観光ツアー】オトクな料金で!モーニングマカオ<午前/昼食付プランあり/復路フェリー時間変更可/日本語ガイド>

海外ホテル検索、Booking.com


関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください