7年ぶりののプーケット旅行に行ってきました / Vol.4 タイ航空 TG225 バンコクープーケット エコノミークラス搭乗記

タイ航空 TG225 バンコクープーケット エコノミークラス機内食
(広告)

モニターに到着1時間と表示されてからバンコクスワンナプーム空港になかなか到着しません。ずっと1時間のままです。どうやらサンダーストームでしばらく上空待機のようです。ありゃ幸先の悪い、、

旅行期間 2016/9月
エリア  プーケット
テーマ  街歩き、食べ歩き、飛行機

目次
・Vol.1 成田空港 ANA SUITE CHECK-IN & スイートラウンジ体験記
・Vol.2 全日空 NH807 成田 -バンコクビジネススタッガード初搭乗記
・Vol.3 ものすごく気になっていた「パラダイス山元の飛行機のある暮らし」の中に登場する最近ANAの最新機内安全ビデオを確認してみた
・Vol.4 タイ航空 TG225 バンコクープーケット エコノミークラス搭乗記
・Vol.5 CENTARA GRAND WEST SANDS RESORT & VILLAS PHUKET 宿泊記(お部屋編)
・Vol.6 CENTARA GRAND WEST SANDS RESORT & VILLAS PHUKET 宿泊記(敷地とお食事編)
・Vol.7 CENTARA GRAND WEST SANDS RESORT & VILLAS PHUKET ウォーターパーク(SPLASH JUNGLE)体験記
・Vol.8 CENTARA GRAND WEST SANDS RESORT & VILLAS PHUKET周辺はタイの田舎の風情。だけど物価が高い
・Vol.9 ホテルの横はプーケット空港。Nai Yang Beach – Airport viewpointで飛行機の離発着が楽しめます。
・Vol.10 THE OLD MAIKHAO RESTAURANTは素直なタイ料理で美味しいです。
・Vol.11 パトンビーチへお買い物に行ってきました。JUNCCEYLONは昔と変わりませんでした。
・Vol.12 新プーケット空港のCoral loungeとロイヤルオーキッドラウンジ体験記
・Vol.13 タイ航空 TG226 プーケットーバンコク エコノミークラス搭乗記
・Vol.14 バンコクスワンナプーム空港ロイヤルシルクラウンジ体験記
・Vol.15 全日空 NH848 バンコクー羽田 ビジネスクラス搭乗記


スポンサーリンク

タイも今年は天候がおかしい?

今年4月のソンクランの時期は大干ばつで農作物が大打撃を受けたようで、ソンクラン自体も1日自粛ということになっていましたが、今年の雨季もそろそろ明けてもおかしくないのに天候不順です。

成田からようやくタイ上空までやってきて、スワンナプーム空港に到着1時間前になってもなかなかそこから着陸の様子がありません。どうやら空港周辺でスコールになっているようで上空で待機することになってしまったようです。

20分ほど着陸が遅れるようで、こんな乗り継ぎ時間が切羽詰まっている時に困ったなぁと思いましたが、まぁボーディングパスもあるので特に心配はしていませんでした。

結局飛行機は10分遅れでゲートに到着したのでそれほどダメージはありません。

それにしても空港着陸時は全く外が見えません。普段だと高速道路の明かりが綺麗に見えるのですが、何も見えないんです。しかも、空港内をタキシング中も外は全く見えません。ボーディングブリッジが近くなってようやくターミナルビルが見えるぐらい視界が悪かったのです。何回もこの空港には降り立っていますがこんなことは初めてです。上空待機になるわけですね。

ゲートでは案内の方が待機

ゲートに着くとANAの現地係員の方が待機していてくれました。どうやら厳しい乗り継ぎをするのは私と同行者だけだったようで、そのまま国内線の乗り継ぎカウンターまで連れて行ってくれたので迷わずゲートに直行できました。

丁度ファイナルコールで最後の国際線からの乗り継ぎの中国人が10名ほどいましたので一緒に飛行機に乗り込みます。

タイ航空 TG225 バンコクープーケット ボーディング

タイ航空 TG225 バンコクープーケット ボーディング

タイ航空 TG225 バンコクープーケット ボーディング

こんな嵐の中ですが定時に出発です。意外とタイ航空は定時運行率良いのです。

タイ航空 TG225 バンコクープーケット エコノミークラス機内食

タイ航空は国内線でも簡単なランチボックス(サンドイッチ類、飲み物、水)が配られるのですが、今回は特別食の「フルーツプレート」にしてみました。

タイ航空 TG225 バンコクープーケット エコノミークラス機内食

タイ航空 TG225 バンコクープーケット エコノミークラス機内食

おっと、これは、、想像以上に質素でびっくりです(笑)

タイ航空 TG225 バンコクープーケット エコノミークラス機内食

タイ航空 TG225 バンコクープーケット エコノミークラス機内食

パイナップルとパパイヤのみです。どんなのが出てくるか興味があっただけなのですが、想像以上のびっくりでした。

通常の機内食は昼間のフライトで配られるようなランチボックスではなくて細長いスナックのようなものでしたから、夜の便は余計に質素になっているのかもしれません。

後はコーヒー、紅茶、コーラなどがあって1時間程のフライトで到着のはずでした。

スポンサーリンク

プーケット空港も降りることができない、、

およそ1時間のフライトでプーケットまで到着するはずだったのですが、また旋回を始めます。機内アナウンスでは空港が混雑しているのでおりれないということでしたが、こんな時間に混むわけがありません。どうやら天候不良で少し回復を待っているようでした。

プーケット空港 新国際線ターミナルに到着

雨の中無事にプーケット空港に到着です。ほぼ定刻に近かったのであの旋回はなんだったのだろうか、、とちょっとだけ不思議に思いましたが、無事に着いたので特に気にしません。

プーケット空港は従来の空港ターミナルビルの南側に隣接する形でこの9月16日に新しい空港ターミナルがオープンしたばかりです。

今後は新ターミナルが国際線、旧ターミナルが国内線用として運用されます。

国際線乗り継ぎでプーケットに着いた時は出口が異なります

タイの入国審査は全てバンコクで行いますが、税関はそれぞれの地方空港で通過することになります。

日本の場合は到着空港で入国と税関を通過して再度国内線に乗り継ぐことを考えるとタイの方が国内線乗り継ぎ時間短縮できて合理的なような気がします。

ただこのシステムは初めてだと少し戸惑うかもしれません。

タイの国際線乗り継ぎでそのまま地方空港に行く場合は、国内線到着客と国際線到着客の出口が違うので間違わないようにしましょう。

バンコクで国内線搭乗前に胸にステッカーが貼られます。このステッカーが実は重要で国際線乗り継ぎ乗客である目印になります。タイ国内線の飛行機はまずは国内線乗客と国際線乗り継ぎ客がごっちゃになっていいますからね。

プーケット空港では到着後ボーディングブリッジを通過した後に係員さんがステッカーと同じ柄のボードを持って立っていますので、そこの場所で一旦待機させられます。人数を確認した後、国際線到着ロビーに連れて案内してくれます。

プーケット空港から市内へ

国際線到着ロビーはさすがに9月16日にオープンしたばかりで綺麗です。

プーケット国際空港 新ターミナル

プーケット国際空港 新ターミナル

夜中の0時を回っていますので人はまばらですが両替屋さんもやっていますし、タクシーやミニバスもあります。

プーケット国際空港 新ターミナル

プーケット国際空港 新ターミナル

コンパクトでわかりやすい作りになっています。外観の作りはミニスワンナプーム空港のようです。

プーケット国際空港 新ターミナル

プーケット国際空港 新ターミナル

ただ、間に合わなかったのかまだ工事をしているところもあります。

プーケット国際空港 新ターミナル

プーケット国際空港 新ターミナル

1Fは到着階で2階が出発階です。割と立派な空港ターミナルです。

プーケット国際空港 新ターミナル

プーケット国際空港 新ターミナル

到着階の外にはセブンイレブンがありますので、ちょっとしたものを購入することができます。

プーケットタウンやパトンまでの乗り合いバスもありますが、今回は空港裏の普通観光客があまり行かない場所ですのでタクシーを使います。

プーケット国際空港 新ターミナル タクシー乗り場

プーケット国際空港 新ターミナル タクシー乗り場

バンコクと同じ形のメータータクシー乗り場があります。ただメーターは使わず場所に応じた定額制のタクシーです。ここで行き先を告げると定額で料金を提示されますので、それをここで支払います。

今回宿泊のCENTARA GRAND WEST SANDS RESORT & VILLAS PHUKETは空港近くですが何故か700バーツでした。このタクシーも乗る場所によって同じ区間を乗っても値段が微妙に変わるので何が基準になっているのかよくわかりません。

スポンサーリンク

プーケットの交通機関

定額制のミニバスかタクシーしかありません。料金が定額で明朗会計なのですがなにせ高い。

せめてプーケットタウンとかパトンビーチ地区とかにパブリックバスがあれば良いのですが、さすがに観光地なのでそうはならないようです。

空港地区からパトンビーチまでは800バーツ〜1000バーツです。確かに1時間ぐらいはかかりますので妥当といえば妥当かもしれませんが、タイの物価からするとむちゃくちゃ高いですね。

というかそもそも空港が市街地から遠すぎます。

スポンサーリンク



スポンサーリンク
海外ホテル検索、Booking.com






関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください