北海道 十勝平野で大自然を満喫、話題の幸福駅にも行ってみた/Vol.1 日本航空 JAL573便 羽田ー帯広 とかち帯広空港へひとっ飛び

とかち帯広空港

昨年の夏休みは与論島に釣りをしにいったのですが、今年は真逆の北海道。十勝の山奥で釣りをしたりバーベキューをしたりで自然を満喫してきました。ついでに昔話題になった「幸福駅」にも立ち寄ってみました。名前の通り幸福になれるでしょうか。

旅行期間 2015/08月
エリア  北海道(帯広、十勝)
テーマ  自然散策、釣り

目次
・Vol.1 日本航空 JAL573便 羽田ー帯広 とかち帯広空港へひとっ飛び
・Vol.2 士幌フィッシングパークでニジマス釣りをしてナイタイ高原牧場へ
・Vol.3 中札内農村休暇村フェーリエンドルフ(FERIENDORF)宿泊体験
・Vol.4 幸福駅と愛国駅は電車好きにはたまらないレアな場所
・Vol.5 岩内仙峡と札内川ダム、ピョウタンの滝は自然でいっぱい
・Vol.6 日本航空 JAL506便 札幌ー羽田 ファーストクラス搭乗記

日程
1日目 羽田空港からJAL573便でとかち帯広空港へ
着いて早々にレンタカーで士幌フィッシングパークで釣りをする。
お昼はナイタイ高原牧場で絶景を見るはずがあいにくの雨。
中札内農村休暇村フェーリエンドルフには夜中に到着
2日目 有名な「幸福駅」と「愛国駅」に行ってみる。
3日目 岩内仙峡と札内川ダム、ピョウタンの滝で自然を満喫
4日目 日本航空 JAL506便で羽田に戻るがそのまま日本航空 JAL917便 羽田ー沖縄沖縄便に乗り継いで沖縄まで行きます。
(To be continued)


スポンサーリンク

早朝便は空港に行くのが一苦労

今回は8時発なので自宅からは若干の余裕をもって空港に来るためにはほぼ始発の電車に乗らければならないので大変です。もっと早い便に乗るためには首都圏在住なのに前泊が必要なほどですので、羽田空港に格安で仮眠ができる施設ができればいいなぁと思っています。もちろんファーストキャビンとかあるんですけれど一泊6000円ぐらいなら蒲田あたりにも普通のビジネスホテルがあるのでそれほど良いとは思えません。

こんな施設ができないかな

23時ぐらいにチェックインできて、6時頃チェックアウトできるような、カプセルホテルのようなもので良いから2〜3000円ぐらいで仮眠できるよなところがあれば良いなぁと思います。成田のLCCターミナルもそうですが、1000人ぐらい収容できるカプセルホテルが空港ターミナルの横にあったら昼夜を問わずに需要があるように思うのですがダメでしょうかね。

羽田空港 JAL ダイヤモンドプレミアラウンジ

この夏からはJALのダイヤモンドプレミアムラウンジも常設でパンが置かれるようになりました。昨年までは飲食に関しては非常に貧弱で、パンも朝の時間帯しか置かれていません。お昼の時間帯になると、ファミマやローソンとのコラボ?のようでおにぎりが置かれていたり、試供品のお菓子が置かれていたりと工夫されているようです。しかし、やはり国内で一つしかないダイヤモンドプレミアムラウンジにはせめてサンドイッチやおにぎり、パンやチーズなどの軽食や軽いスナックなどが置かれて良いのではないかと思います。

ANAの国内線スイートラウンジにはスープやパン、大好きなお稲荷さんとお味噌汁が終日提供されていますので、JALのダイヤモンドプレミアムラウンジは比較すると少し見劣りしていました。

2016年夏からJALダイヤモンドプレミアムラウンジが良くなった?

そう思っていたら、ようやくこの2016年夏から札幌のダイヤモンドプレミアムラウンジがオープンしたのに合わせて、JALカレーパンが終日提供されるようになったようです。ようやく追いついたかと思いましたが、是非追い越してあっと驚くものを置いてもらいたいです。個人的には国際線のラウンジで提供されているスープストック東京のスープを季節替わりぐらいで置いてもらうと評価がぐんと上がるのですが。

もっと贅沢を言えば、朝の時間帯はシリアル、昼の時間帯はうどん・そば、夜の時間帯はカレーでもあれば最高です。

JALダイヤモンドプレミアムラウンジ

JALダイヤモンドプレミアムラウンジ

今回あったのはメゾンカイザーのチョコチップパンです。質は良いのですが、バリエーションが足りません。もっとも、もっと昔はクロワッサンが数量限定でしたので、大概なくなっていて食べることはできませんでした。

スポンサーリンク

ボーディング

日本航空 JAL573 羽田ー帯広 ボーディング

日本航空 JAL573 羽田ー帯広 ボーディング

今日から8日間の予定で北海道 十勝平野で大自然を満喫するするのと、沖縄で夏の海を体験してきます。ですので、最後の方は十勝から札幌経由で羽田ー沖縄と日本列島を縦断することになってしまいました。飛行機で約4時間半程で北の大地から南の島へ行けますから便利になりました。

本日の期待はボーイング737-800です。割と新しい機材で運行しています。

新千歳空港までは1時間ごとに飛んでいてドル箱路線になっていますが、北海道はでかい。帯広まではバスで2時間半、特急電車で2時間ほどの距離になりますので、1日JALだけでは4便しか飛んでいませんが、羽田から直行便があるのは便利です。

とかち帯広空港に到着

とかち帯広空港

とかち帯広空港

とかち帯広空港へはJALが4便とAirDoとANAのコードシェアフライトが3便飛んでいます。しかもなんとここは国際空港でチャーター便で上海吉祥航空が来ているようです。上海吉祥航空?私は知りませんでしたし、多分これからも乗ることはないでしょう(笑)

私的航空会社選び考

飛行機会社を選ぶときは基本的に中華系(大陸系)と韓国系の航空会社はどんなに安くても外します。理由はサービスが悪いことは大目にみるとしても乗客の客層が悪いのと安全面でかなり不安があるからです。最近の飛行機は多少の不具合があっても安全に飛びますので大丈夫だと思いますが、運行している体制に不備があれば人災はどうしようもありません。そういう意味でも中華系やアシアナ、大韓航空はもってのほかです。

LCCにアレルギーはないのでピーチやエアアジアやタイガーエアーなんかも乗ったりしますが、人災を起こしそうな航空会社には乗らないようにしています。

とかち帯広空港からのアクセス

JR帯広駅までは連絡バスで40分ほどで発着便に合わせて運行されていますのでJRに接続する方はとかち帯広空港のHPで確認が必要です。

スポンサーリンク
【最低価格保証】北海道のオプショナルツアー予約なら VELTRA
海外現地オプショナルツアーなら【VELTRA(ベルトラ)】



関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください