バンコクから日帰りで市場の中を電車が通るメークロン線路上市場に行ってきた/Vol.7 メークロン線路上市場へGO1 バンコクから日帰りででAmphawa Floating marketとメークロン線路上市場を楽しむ方法

ロットトゥーチケット売り場
(広告)

タイの水上市場は観光ガイドにも紹介されて観光地化されています。

同じようにメークロンの線路上市場もテレビなどで放映されて、そのありえない光景が人気の観光スポットになっています。

水上市場の一つAmphawa Floating marketはメークロン線路上市場からそれほど離れておらず、両方を1日で回れることがわかりました。

もともとメークロン線路上市場だけを見に行くつもりがちょっと間違えて水上マーケットの方にも行ってしまったのですが、これなら十分回れるなぁと感じました。

観光バスでも良いですが、格安で簡単に回れますのでオススメです。

旅行期間 2016/07月
エリア  タイ(バンコク)
テーマ  市場、街歩き。食べ歩き

日程

1日目
羽田空港JALファーストクラスラウンジで朝食。
キャセイパシフィック航空ラウンジで軽食を食べる
日本航空JL31便でバンコクへ。The Westin Grande Sukumvit泊

2日目
メークロン線上市場まで初ロッティで行ってみる。電車は大迫力。

3日目
キャセイパシフィック航空ラウンジで夕食
日本航空 JL32で帰国したけれど、乗り継ぎで那覇へ!(To be continued)


スポンサーリンク

バンコクの交通事情

バンコク市内の交通手段としてはBTS(高架鉄道)、MRT(地下鉄)、タクシー、バス、トゥクトゥク、モーサイ(バイク)があります。最近はトゥクトゥクはかなり減っています。

一方郊外をつなぐ交通としてはタイ国鉄がありますが、これが時間通りに動かないし遅いのでほとんど役に立ちません。主な交通はバスが主体になりますが、実はもう一つ12人ぐらいが乗れるミニバス「ロットトゥー」というのもがあることがわかりました。今回はそれを使って線路上市場のあるメークロンまで足を伸ばしてみました。

ロットトゥーとは

ロットトゥー

ロットトゥー

ロットトゥーは10名程が乗ることができる1BOXの乗り合いバスのようなものです。行き先はバンコク近郊で主にタイの方々が使っているようですが、もちろん観光客も使えます。ただ、チケット売り場にはタイ語表示が多くてよく分からない場合があるのでそんなときは行き先を連呼すると対応する売り場を教えてくれます。

乗り場は色々とあるようですが、今回の目的地のメークロンへはBTSビクトリーモニュメントVictory Monument Station(BTS)(戦勝記念塔)駅に隣接する出発場所から出発しました。

出発場所へのアクセス


BTS Victory Monument Stationを降りてシネマコンプレックスの方の出口(出口2番)を出ます。「SUZUKI」自動車の看板も目印です。その出口を出たところのシネコンの入り口付近に多数のロットトゥーが行き交うチケット売り場があります。

ー2016年8月21日追記ー

2016年10月から記事に書いたロットトゥー乗り場に変更があるようです。確かに繁華街なので狭いし混雑して危ないのですが、それをバンコク市内3箇所のバス乗り場に変更する動きがあるようです。移転から半年は現在の場所から無料バスで各乗り場にシャトルを出してくれるようですが、詳細が分かりましたらまた情報を更新します。

ー2017年7月18日追記ー

結局、ロットトゥー乗り場と到着場所は移転されて、この下にあるような以前の風景は全くなくなってしまいました。

路線によって乗り場がバスセンター2つに集約されたので詳しくは下記のリンクをご参照ください。

ロットトゥーチケット売り場

ロットトゥーチケット売り場

ロットトゥーチケット売り場

行き先に応じてブースが分かれています。タイ語でしか書かれていなかったり英語併記のところもあります。外国人が利用するようなところは英語表記になっているので大丈夫です。メークロン行きチケットはこのチケットブースに向かって一番右側のチケットブースです。

ロットトゥーチケット売り場

ロットトゥーチケット売り場

一番端っこで看板も隠れちゃってますがここで購入できます。マイナーな場所なんですね。ここはアンパワー水上マーケット(Amphawa Floating market)行きのチケットも買えます。と言うよりメークロンから車で15分ぐらいのところに水上マーケットがありますので、メークロン経由アンパワー水上マーケット(Amphawa Floating market)行きのチケットを売っているというのが正しいのかもしれません。

メークロン行きのチケット

メークロン行きのチケット

料金はTHB80です。安い、、出発時間と裏に車の車両番号を書いてくれます。出発まで自由に歩きまわれますが、この出発時間の10分ぐらい前にはこのチケットブースの近くにいましょう。

チケットを売ってくれたおばちゃんが人数を確認して車に誘導してくれます。

メークロン行き

メークロン行き

このメークロン行きのロットトゥーは最終的にアンパワー水上マーケット(Amphawa Floating market)まで行きます。逆に言うとメークロンで降り損ねるとアンパワーまで行ってしまいます!私は降り損ねてアンパワーまで行っちゃいました(笑)

メークロン、アンパワー行き時刻表

メークロン、アンパワー行き時刻表

ロットトゥーは定員いっぱいになるまで出発しませんが、目安の時刻表があるようです。だいたい45分ごとに出発ですね。

メークロンまで約80kmほど。渋滞がなければ1時間半ほどで到着です。メークロン駅に列車が到着するのが11時半なので11時ぐらいまでに到着すれば見れるかなぁと目論んでいました。

出発早々トラブル?

ほぼ定刻の9時半に出発!10分ほど渋滞にはまったなぁと思っていたらなぜかまた元のロットトゥー乗り場に??どうやら出発時に一人見つからなかったようでその人を乗せるために一周してきたようです。乗り場が狭いのでその場で待っているわけにはいかないんですね。今回は助手席も含めてお客さん13人のフル乗車で出発です。

大渋滞に巻き込まれる

バンコク市内は若干こみましたが、バンコクを抜けると割とスムーズに車が流れ出します。1時間ちょっとで着くかなぁと思っていたけれど甘かった。渋滞にはまってしまいました。googleマップで見るとまだ現地まで55kmほどあります。9時半のバスで余裕で11時ごろ着けると思っていましたがこの時点で諦めました。

結局メークロンに着いたのは12時!2時間半程かかりました。渋滞は読めないので時間にはかなり余裕を見て出発しましょう。

巨大パーキングで小休憩

1時間半ほど走った後に急にパーキングに入ります。

パーキングエリア

パーキングエリア

ここはガソリンスタンドとトイレ、コンビニとファーストフード屋が合体したような日本のサービスエリアのようなところです。少しゆっくりできるかと思いきや本当にトイレの時間しかありません。全員が戻ったところを見計らってすぐ出発です。

のどかな田園風景

お米の路上販売

お米の路上販売

しばらくはのどかな田園風景が続きます。国道の脇には結構な頻度でお米の販売所があります。はじめこれはなんだろう?と思ってよーく見てみるとお米です。タイは年に3回お米が取れますのできっと新米を売っているのでしょう。ちょっと面白かったので動画でどうぞ。

メークロンで降り損ねる。

メークロンの市場の近くに来たなぁと思っていたら、ここで一組の親子が降りました。きっとビクトリーモニュメントのようなロットトゥーの乗り場経由なんだろうと思っていて降りなかったのですがこれが間違いでした。そのまま車はスピードを上げどんどんメークロンから遠ざかります。

到着したのはアンパワー水上マーケット(Amphawa Floating market)

アンパワー水上マーケット(Amphawa Floating market)

アンパワー水上マーケット(Amphawa Floating market)

降りたところは丁度バンコク行きのロットトゥー乗り場です。

アンパワー水上マーケット(Amphawa Floating market)はこの降車場の目の前に入り口があります。ここから歩いて川まで下りてようです。今回はメークロンの線路上市場がメインなので行きませんでした。

メークロンまで戻る

仕方がないのでメークロンまで戻りたいことをチケットを売っているおばちゃんに主張。ちょっとここで待っててね〜と待つこと15分ほど。ぬるーい空気と雰囲気の中ぼーっと待っていたところ、急に雰囲気が一変。

「あ、きた!あれ!あのソンテウに乗りなさい!」と言ったかどうかは不明ですが、指を指している50mほど先にソンテウが止まっています。ソンテウとはタイの短距離乗り合いバスでピックアップトラックの荷台に座席と屋根をつけたような乗り物です。

急いでソンテウに近づいてドライバーに行き先を確認しようとしたところ後ろから「どこに行くの?」とおばちゃんの声。「メークロン!」と一言言うと、「あ、これだから乗りなさい!」と2〜3人ぐらいのおばちゃんが同時に言い始めます。これだけ保証されれば大丈夫でしょう(笑)

ガタガタ揺られて15分ほどでメークロン市場に到着。終点です。

メークロンのソンテウ乗り場

メークロンのソンテウ乗り場

スポンサーリンク

バンコクから日帰りででAmphawa Floating marketとメークロン線路上市場を楽しむ方法

降り損ねて水上マーケットまで行ってしまいましたが、このルートは日帰りで水上マーケットとメークロン線路上市場を見れることに気がつきました。

1.朝8時半ぐらいのロットトゥーに乗ってバンコクを出発

2.10時半には水上マーケットに着くので水上マーケットを観光

3.12時頃水上マーケット入り口横30mのところにあるソンテウ乗り場からソンテウに乗ってメークロンへ

4.14:30頃にメークロンに電車が到着するので観光。

5.15:30頃のメークロン発バンコク行きのロットトゥーに乗るとバンコクに17時〜18時に到着。

 

今度はこれで水上マーケットにも行ってみようと思っています。

スポンサーリンク



スポンサーリンク


関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください