【Lifehack】ポイント二重取り、三重取りが出来る「かながわPay第2弾 最大3万円分ポイント還元キャンペーン」がくるぞ!総額50億円2022年7月19日10時から実施へ 

かながわPay (公式HPより引用)
(広告)

昨年周知がいまひとつで当初盛り上がりに欠けた「かながわPay」。

内容がいまいち不明瞭だった為予算を消化できず(笑)、当初の1万ポイント還元から期間延長、ポイント増額、期間再再延長(笑)を経て5月30日終了しました。

周知がいまひとつだったので知る人ぞ知るキャンペーンだったわけですが、実はポイント二重取り三重取りができる超お得なキャンペーンでした。

その「かながわPay」ですが、夏に向けて「かながわPay」第二弾が発表されました。

前回第一弾の時は総額70億円のばらまき、、いえ、県内産業支援金でしたが、今回は予算総額50億円。

ちょっと減っちゃった?(笑)

それでも今回は初めから一人当たり30000ポイント(3万円相当)まで還元されますし、アプリのUIもそこそこ良いので使い勝手良好、、今回もガッツリ3万円分使わせてもらいます(笑)

参加加盟店の発表はまだないですが、前回同様以上に増えることを期待しています。


かながわPay第二弾発表!7月19日10時より開始、予算規模50億円あげちゃいますキャンペーン!

「かながわPay」公式HPではまだ「かながわPay」第二弾やるよ〜としか出ていませんが、、

かながわPay公式HP

ヨコハマ経済新聞記事によると神奈川県は「かながわPay」第二弾を7月19日10時から実施すると発表しました。

<キャンペーン概要>
予算規模50億円。
ポイント付与期間 :7月19日10時〜11月30日
ポイント利用期間:7月26日〜1月31日
ポイント付与上限:30000ポイント(30000円相当分)

約半年間10%〜20%お得に神奈川県でお買い物ができちゃいます。

消費者からするとこれはまさに50億円あげちゃいます!キャンペーンですね(笑)

このキャンペーンは神奈川県内でお買い物をする誰でも使えちゃいます!ってのがミソです。

ただし一つだけ注意点があって、「付与されたポイントは1週間後からしか使えない」という点だけ注意すれば相当お得なキャンペーンです。

対象QRコード決済は前回と同じ

実際の決済は前回と同様に「auPay」「d払い」「はまPay」「LINE Pay」「楽天Pay」で行います。

「かながわPay」アプリは前回と同じものですが、このアプリは決済時にQRコード決済業者を選択する機能とGPS機能連動で周辺のキャンペーン加盟店検索やポイント状況管理をしてくれます。

このGPSで周囲の加盟店検索する機能が優秀で非常に便利。

キャンペーンに参加している加盟店を地図上に表示してくれて結構使いやすいアプリです。

前回と同様ならばビックカメラでポイント三重取りができる!

第一弾の時はビックカメラで10%還元!ってのが強力で、実際にはかながわPay10%+ビックカメラポイント8%+楽天Pay決済分ポイント1.5%(カード+楽天キャッシュ使用)の合計19.5%還元!というとんでもないことが起こっていました。

ざっくり2割引になるってのはそうそうないですよね。

詳しくは↓を参照してください。

今回参加する加盟店の発表はまだないですが、新聞記事によると、「キャンペーンに先立ち、6月20日正午より参加加盟店の募集を再開する」と書かれているので、深読みすればおそらく前回参加した加盟店はそのままスライド参加して、追加で募集を再開するというように見てとれます。

もしそうなった場合の最強はやはり「ビックカメラ」でしょう。

ぜひそうあって欲しい、、、

正式加盟店がどこなのか、、、とっても気になるところです。

是非神奈川県でお買い物しましょう!

毎度毎度のことですが、、神奈川県民としては人の税金をばら撒きやがって!と小言の一つでも言いたくもなりますが(笑)これもしっかり経済を回す為。

しっかり回収する為にありがたく使わせていただきます。

一般の地域振興券などはその地域に在住もしくは働いている人に対して配るというのが多いですが、これは「神奈川県でお金を使ってくれる人全員」が対象。

いやぁ太っ腹ですね(笑)

還元時期も今年の年末年始を含んでいて半年間の長期ですから使いきれないことはないでしょう。

ということで、、みなさま是非神奈川県でお金を使ってくださいね(笑)

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください