大人の休日倶楽部パスで「E4系二階建て新幹線」「鳴子温泉 大江戸温泉物語」「リゾートビューふるさと」 / Vol.4 新潟から一気に宮城 鳴子温泉へ!ありがとうMAX! 二回目の鳴子温泉も雨だった。

新潟、宮城、長野旅行04
(広告)

大人の休日倶楽部パスで行く4日間電車乗り放題の旅も2日目。

2日目は新潟から大宮経由で一気に宮城県鳴子温泉 「大江戸温泉物語」へ。

本当に最後に二階建てE4系新幹線MAXに乗り納めをして(笑)最後の勇姿を目に焼き付けた後東北新幹線で一路北へ。

鳴子温泉へは以前日帰りで行ったことがあるのですが、こじんまりとした温泉地で電車だけで行けるってのが便利なところなので今回再来することにしました。

山の中の温泉地は駅からバスに乗らないと行けないですからね、、

前回行った時に「大江戸温泉物語」を見かけてちょっと泊まってみたいなぁ〜と思っていたところ、ここも期間限定バーゲンで(笑)二食付きで約9000円で出ていたので行ってみることにしたのでした。

旅行期間 2021/9月
エリア  東北・甲信越(新潟、宮城、長野)
テーマ  食べ歩き、電車

目次
・Vol.1 これで乗り納め!ラストラン間近の二階建てE4系新幹線に乗って新潟へ!
・Vol.2 日本一のモグラ駅「土合駅」へ行ってみた 〜地下世界はひんやりしていた〜
・Vol.3 ジュラクステイ新潟宿泊記 〜朝食ビュッフェが幸せすぎた〜
・Vol.4 新潟から一気に宮城 鳴子温泉へ!ありがとうMAX! 二回目の鳴子温泉も雨だった。
・Vol.5 大江戸温泉物語 鳴子温泉 ますや 宿泊記 part1〜夕食ビュッフェが強烈でノックダウンしてしまった〜
・Vol.6 大江戸温泉物語 鳴子温泉 ますや 宿泊記 part2 〜朝食のビュッフェも強烈すしてすっかり食べすぎてしまった〜
・Vol.7 新幹線「やまびこ」「はやぶさ」「はくたか」を乗り継いで長野へ。長野に来たら善光寺へは行っておかないとね
・Vol.8 天然温泉 善光の湯 ドーミーイン長野宿泊記 〜これぞ至れり尽くせりのサービス!〜
・Vol.9  観光列車 リゾートビューふるさとで日本の原風景&日本三大車窓を満喫


大人の休日倶楽部旅行2日目の旅程

さて、大人の休日倶楽部パスをつかった4日間電車に乗る旅も2日目になりました。

本日の旅程は、、

■新潟
|  Maxとき316号(東京行)   303.6km
|  10:18-12:03[105分]
◇大宮
|  やまびこ61号(E5/H5系)(盛岡行)   364.7km
|  13:01-14:52[111分]
◇古川
|  陸羽東線(新庄行)   35.5km
|  15:15-15:58[43分]
■鳴子温泉

なぜか一回大宮まで戻って東北新幹線で鳴子温泉へ!

新潟からなら横移動で行けそうなのですが、実は新幹線で行った方がちょっと早く着くのです(笑)

乗ったことのないローカル線で揺られるのも良いのですが、丁度昨日も乗った二階建てE4系新幹線を新潟から大宮までほとんどフルに乗れるので、もう一回最後に乗っておこうと思っただけなのです。

これが本当に最後の乗車になります。

ラストランを迎える二階建てE4系新幹線MAX、最後までありがとう

昨日も乗った二階建て新幹線。

今回が本当に最後になります。

新潟駅 MAXとき316号

新潟駅 MAXとき316号

二階建て 新幹線 E4系 MAXとき316号

二階建て 新幹線 E4系 MAXとき316号

もうこれで最後か〜

二階建て 新幹線 E4系 MAXとき316号

二階建て 新幹線 E4系 MAXとき316号

なくなっちゃうと分かるとちょっと寂しいですね。

もっとも、、二階席と一階席を狭い階段を登り降りするというバリアフリーとは真逆の構造だったりして実際にはちょっと大変だったんですけど(笑)それでも背の高い独特なフォルムが壁が動いているように見えたりして(笑)よかったんですよね〜

二階建て 新幹線 E4系 MAXとき316号

二階建て 新幹線 E4系 MAXとき316号

今ではほぼ標準となりつつあるシート電源なんかない古い仕様ですが、、まぁそれは困るかな(笑)

二階建て 新幹線 E4系 MAXとき316号

二階建て 新幹線 E4系 MAXとき316号

実は売店はあったってのも実は初めて気が付きました(笑)

二階建て 新幹線 E4系 MAXとき316号

二階建て 新幹線 E4系 MAXとき316号

一階席の窓の風景がホームと同じ目線で、行き交う人の足しか見えない(笑)ってのもこの新幹線ならではの風景ですね。

壁が動いていく〜(笑)

大宮に到着してホームで見送りしましたが、これが走っている姿を見る最後です。

今年の冬にスキーに行く時はもう走ってないんだなぁ〜と思うとちょっと寂しいですね。

スキーの板をもって狭い階段を上り下りをした経験も思い出になってしまいました。

東北新幹線「やまびこ」で一路鳴子温泉へ!

新幹線を乗り継いで鳴子温泉に向かいます。

はやぶさは全席指定なのですし、仙台の先の古川で在来線に乗り換えですからやまびこで行きます(笑)

まぁゆっくりなので2時間ほど新幹線に揺られますからお菓子でも食べてのんびりします。

ちなみに、、はやぶさ・こまちは基本全席指定なのですが、盛岡から先は実は自由席券でも空いている席に座って良いのです。

もちろん指定券を持っている方が来られた場合は移動する必要がありますが。。

東北新幹線 やまびこ 61号

東北新幹線 やまびこ 61号

東北新幹線 やまびこ 61号

東北新幹線 やまびこ 61号

やまびこがやってきました。

約2時間ほどこれに乗って、仙台から一つ先の駅「古川」で在来線に乗り換えです。

古川駅

古川駅

古川駅に到着!

在来線に乗り換えます。

陸羽東線

陸羽東線

電車もワンマンカー。

乗る人も少なくて一気にローカル感が出てきました。

陸羽東線

陸羽東線

二両編成というちょっと可愛らしい電車。

陸羽東線

陸羽東線

この沿線には温泉地も多くてゆけむりラインという名前もついています。

これで約40分ほど揺られると、、

鳴子温泉駅

鳴子温泉駅

鳴子温泉駅に到着!

この前後にも温泉の名前のつく駅があるので若干ややこしい。

途中の田園風景を見ながらのんびりやってきたのですが途中から雨がぽつぽつ、、

鳴子温泉に到着する頃には結構強い雨になりました。

それにしてもここに来る時は毎回雨降りだなぁ〜(笑)

まぁホテルの場所も大体わかってるしそんなに遠くもないので辛抱してホテルへ向かうことにします。

関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください