世界遺産の街ラオスのルアンパバーンへ行ってきた/Vol.9 メコン川の夕暮れを見にプーシーの丘に登ってナイトマーケットを散策

プーシーの丘 メコン川と夕日

旅行期間 2016/03/05ー2016/03/11

エリア  タイ(バンコク)、ラオス(ビエンチャン、ルアンパバーン)

テーマ  飛行機、街歩き、食べ歩き

ルアンパバーンはまさにアジアといった感じの街の雰囲気が落ち着きます。雄大なメコン川の茶色の水の流れは穏やかで悠久の時の流れを感じます。

確かに田舎町なのですが、歩いて回れるコンパクトさと観光地なので外国人にもそれほど不便なく過ごせる店がたくさんあるので困ることはありませんでした。

日程
3/5(土)
成田空港へ。JALファーストクラスラウンジで朝食。
マレーシア航空MH89でクアラルンプール。
乗り継ぎでMH780でバンコクへ。バンコク泊
3/6(日)
バンコクエアウェイズPG943でビエンチャンへ
急いで街歩き。 Salana Boutique Hotel 泊
3/7(月)
ラオス航空QV101 でルアンパバーンへ
プーシーの丘に疲労困憊しながら登る。
3 Nagas Luang Prabang Mgaller by Sofitel泊
3/8(火) 車をチャーターしてパクオウ洞窟とクアンシーの滝を見に行く
3/9(水) 托鉢見学してバンコクエアウェイズでルアンパバーンからバンコクへ
3/10(木) バンコクでマッサージと友人と夕食
3/11(金) 早朝バンコク発羽田へ


スポンサーリンク

Vol.9 メコン川の夕暮れを見にプーシーの丘に登ってナイトマーケットを散策

夕方まで少し時間があるので周辺を散策してみました

メコン川の川岸まで行ってみた

少し歩くともう川岸です。

対岸までは渡し船があるようで頻繁に往来していました。

渡し船

渡し船

船着場

船着場

波もなく、流れも緩やかです。昼間だ大丈夫ですが、夜のこのあたりに来るときは虫除けスプレーを忘れずに。

ルアンパバーン 路地

ルアンパバーン 路地

路地を少し入るとゲストハウスもあります。

長期滞在するのはこういうところがのんびりしていていいですね。

スポンサーリンク

「プーシーの丘」

ルアンパバーンの観光客で賑わうメインストリート(サッカリン通り)から登れる小高い丘があります。ここは「プーシーの丘(Phou si)」と呼ばれており、高さは150m、約300段の階段を登るとルアンパバーンの町並みとメコン川が見渡せます。

登り口は実は裏側にもあるのですが、ここからがわかりやすいでしょう。

アクセス

 

入口近くにあるRoyal Temple Haw Pha Bang(王宮博物館)

入口近くにあるRoyal Temple Haw Pha Bang(王宮博物館)

夕方になると道にナイトマーケットが出始めます。

プーシーの丘の入口はこの建物の道を挟んで向かい側にあります。

プーシーの丘 階段

プーシーの丘 階段

階段をえっちらおっちら登ります。

1/3ぐらい上ったところに休憩スペースがあります。と同時に入山料20000Kipの支払いをします。階段もガタガタしていますからサンダルとかはやめてスニーカーなどの歩きやすい靴の方が良いです。

プーシーの丘 由来

プーシーの丘 由来

ラオスの昔の民話からプーシーの丘と名付けられたようですが登るのに必死で読んでいられません。

プーシーの丘 お坊さん一行

プーシーの丘 お坊さん一行

プーシーの丘の上には小さい寺院もあるのですが、そこの行き来もここを利用するようです。お坊さんの行列とすれ違いました。

プーシーの丘 あと少し

プーシーの丘 あと少し

あと少しで頂上です。既に運動不足の体が悲鳴をあげつつあります。普通の人なら軽い運動ぐらいなんでしょうが、、

プーシーの丘 頂上

プーシーの丘 頂上

やっと頂上に着きました。結構狭いのですが観光客がたくさんいるのでゆっくりと夕日を見たい場合は少し早めに上って場所を確保したほうがいいでしょう。

プーシーの丘 お寺

プーシーの丘 お寺

お寺の中には仏様がいらっしゃいます。

プーシーの丘 メコン川と夕日

プーシーの丘 メコン川と夕日

夕日が大きくなって山の間に沈んでいきます。

メコン川はゆっくりと流れて行きます。

アクセス

 

・入場料:20,000kip

・開園時間:6:00~18:00

夕日を見終わって降りてくると喉が渇きます。

大丈夫です、安心してください。ジュース屋さんがあります。

ルアンパバーン ジュース屋さん

ルアンパバーン ジュース屋さん

ルアンパバーン ジュース値段

ルアンパバーン ジュース値段

いろいろあって迷いますが、生絞りジュースを作ってくれます。

それも4件ほど同じお店が並んでいるので客引きは激烈です。売っているものも値段もそれほど変わりませんのでさっさと店を決めて買ったほうが良いです。

スポンサーリンク

ナイトマーケット

観光客で賑わうメインストリート(サッカリン通り(Sakkaline Rd.))は王宮博物館からメコン川に向けて夕方になるとナイトマーケットは開かれます。

ルアンパバーン ナイトマーケット

ルアンパバーン ナイトマーケット

雨が急に降っても大丈夫。安心してください、屋根があります。

ルアンパバーン ナイトマーケット

ルアンパバーン ナイトマーケット

ルアンパバーン ナイトマーケット

ルアンパバーン ナイトマーケット

雑貨があったりします。規模の割にあまりお客さんがいません。みんなスマホでネットを見ています(笑)あまり呼び込みもないのが妙な感じです。ラオスの方は商売下手でしょうか。

売れなくてもあまり気にしないんでしょうかね〜

ルアンパバーン 屋台のお食事

ルアンパバーン 屋台のお食事

ルアンパバーン 屋台のお食事

ルアンパバーン 屋台のお食事

ルアンパバーン 屋台のお食事

ルアンパバーン 屋台のお食事

ルアンパバーン 屋台ビュッフェ

ルアンパバーン 屋台ビュッフェ

ルアンパバーン 屋台ビュッフェ

ルアンパバーン 屋台ビュッフェ

1プレートに盛り放題で15000kip。ただ野菜中心なのでお肉とかは別の屋台で買ってきたほうがよさそうです。

スポンサーリンク



スポンサーリンク


関連リンク
ブログランキングに参加しています。

気に入って頂けましたらポチッと押して頂くと励みになります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください