<広告>

シンプル快適ライフ / 「平成30年北海道胆振東部地震」を見て防災用品を再チェック。キャンプ用品は最強の防災グッズ。

防災持ち出し用のバックパックと寝袋
(広告)

突如おとづれた「平成30年北海道胆振東部地震」。被災された方々の様子を見るにつけ、人ごとではない!ということで防災グッズの再点検をしてみました。

特に今回は北海道全域がブラックアウトということで、電源が急になくなるとどうなるかがリアルに感じられる事態となりました。

次は首都直下地震か?

いつ避難生活が始まっても大丈夫なように数年前にいらないものをまとめて防災グッズにしましたが、再点検をしてみました。

期限切れの水とか食べ物とか、、電池が切れていたりいざという時に困っちゃうものもあったので整理し直しです。

やはり一年に一度はチェックが必要ですね。


<広告>

使わなくなったアウトドアグッズは最強の防災グッズ

断捨離していらないものを捨てる時に、アウトドアグッズも整理しました。

外で使うことを想定したアウトドアグッズは防災用品としても非常に優秀です。

というわけで、バックパックを開けてチェックです。

防災持ち出し用のバックパックと寝袋

防災持ち出し用のバックパックと寝袋

昔バックパッカーをしていた時に使っていたバックがこれまた頑丈で(笑)これを背負って逃げれば3〜4日は何もなくても生きられる仕様になっています。

キャンプ用寝袋とエアーマット

キャンプ用寝袋とエアーマット

キャンプ用のコンパクト寝袋とエアーマットは屋根があればどこでも寝ることができますし、真冬でも凍えることはありません。

なにせこの寝袋「羽毛」なのでマイナス1℃ぐらいまでは暖かく寝られます(笑)

アウトドア用品は最強です。

エアーマットも空気を入れれば快適に寝ることができます。

ガス燃料とランタン

ガス燃料とランタン

ガス燃料とランタン

これがあればお湯が沸かせます。

川があって水があれば煮沸消毒で飲み水になりますし、ガスランタンはめちゃくちゃ明るいので夜も安心(笑)

全て小型のものなのでこち運びも楽々です。

非常食料は期限切れが多数!買い直さなきゃ。

非常食をチェックしたところ半分ぐらい期限切れのものがあります。

まぁ食べれないわけではないのですが、一応入れ替えておきます。

乾パンとクラッカー

乾パンとクラッカー

半分ぐらい期限切れです。

食べられないわけではないので、期限の切れたものはおやつとして食べちゃいます。

で、補充しておきます。

市販の水

市販の水

防災用の水ではなくて普通のお水です。

一年に一回見直せば普通のお水で十分です。

とはいうものの、この水の賞味期限が2016年、、、流石にまずいのでこれは買い直しです。

防災用食料

防災用食料

さすが防災用品です。まだ有効期限は来ていません。

缶詰は防災用の食品じゃないですが、長持ちするので防災用食料としてはうってつけです。

(スポンサーリンク)

ポータブルシャベルとナイフ、電池類

ポータブルシャベルとナイフ、電池類

ちょっとかさばりますが、折りたたみシャベルを入れてあります。これもアウトドア用品ですね。

(スポンサーリンク)

 

何に使うかというと、、トイレ!

まぁ使うこともないでしょうが、せっかくあったので(笑)

トイレが使えなくなった時に穴を掘って埋められます(笑)まぁ普通は避難所に行くでしょうから使うことはないでしょうけどね。

あとは乾電池がたくさんと十得ナイフ、手回しラジオです。

今ほとんど家では充電池を使うようにして、普通の乾電池を使わなくなってしまいました。

というわけで、これも防災グッズ行きです。

ラジオとか懐中電灯をチェックすると、、、電池切れです(笑)

いざという時に使えるように入れ替えておきます。

手回しラジオはバーゲンで1000円で売られていたものでしたが、結構重宝します。

(スポンサーリンク)

関連リンク

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください