<広告>

【自分を自由にするお金の話 】強制FIREに備えないとね。人間どこかで必ず引退する

(広告)

このテーマの投稿は実に5年ぶり(笑)

最近若い人の間でFIRE(Financial Independence, Retire Early: 経済的に自立して早期退職)という言葉がはやっているらしいですよね~

個人的には何をいまさら、、という感じなのですが(笑)

私の今の状態はプチFIRE状態(笑)

それが特別なものかと言われれば、人間歳をとってどこかで引退しますし、最近は45歳定年という話も聞かれるので強制FIREも差し迫っていますよね(笑)

絵空事の事ではなく直近に迫った現実だということにどのぐらいの人が気が付いているのか。。

なんかそんな話でもつらつらと書けたらなぁ。。と思って再開してみました(笑)


<広告>

現実のFIRE生活は?

私は40代後半でもういいだろう、、ということで社畜を終了し(笑)野菜を作ったり旅行をしたり、、それをブログで記録したりしてゆっくりさせてもらっています(笑)

ただその状態になるまでに25年程かかりましたし、FIREという言葉はなかったのですが、ただ単にFinancial Independence(FI)だけは意識していました。

つまり”NO MONEY, NO FREEDOM(お金が無ければ自由はない)”です。

早期リタイヤが目的ではなく、ただ単に嫌なことをやらない自由が欲しかっただけなのです。

おそらく「FIRE」という言葉で想像することと言えば人それぞれ違うでしょう。

で、理想の生活かと言えば、用意周到に準備していた割には何年も染みついた社畜生活のマインドコントロールから抜け出すまでに時間がかかりましたし(笑)その辺は予想外の出来事もたくさんあるのです。

<広告>

最近は強制FIREもあるよ(笑)

想像でしかないですが、なぜFIREという言葉がはやり始めたかと考えてみると、先の見えない世の中、「投資でがっつり儲けてさっさと嫌な仕事を辞めてのんびり暮らしたい」まぁそんなところじゃないでしょうか(笑)

「がっつり儲けて」ってのも無理がありますし(笑)、「のんびり暮らしたい」ってのも「え、何するの?」ってちゃんと考えていますよね?(笑)

気持ちは分かるしそうだったら良いなぁ~夢物語だなぁ~という人もいるでしょう。

しかし、、そんなの夢物語じゃん!とは言い切れないです。

なぜなら、最近では「45歳定年」という言葉もバズワードになっている通り「強制FIRE」が訪れつつあるということは薄々わかっているとはず。

まぁこれは”Financial Independence”(経済的自立)なしに “Retire Early”(早期退職)させられるってことですから、、何も準備していないと事態は深刻です。

自分の人生は自分で組み立てていかないといけません。

強制FIREになっちゃったときどうすればよいか?ということはできるだけ早いうちに考えておいた方が良いと思うんです。

もっとも、、先の事なんて誰もわからないことを気にしすぎるのもいまいちなので(笑)たまに考える程度で良いと思います(笑)

みんな一人一人が人生の経営者

自分のことを会社が面倒を見てくれる、国が老後の面倒を見てくれるってのは私は昔から幻想だと思っています。

面倒を見てくれるってことは奴隷になるってことですよね?

それは嫌だなぁ~ただそう思っただけなのです。

自分が何をどうやって過ごしていくかを決めるのは自分自身。

お金の稼ぎ方、貯め方、使い方、、すべてがバランスしないといくら稼ぎが良くても破綻します。

逆に給料が少なくてもバランスしていれば時間はかかるけど破綻しないかも?

それを決めるのは自分自身。

まさに自分自身が自分の経営者です。

みんな同じ生活ができるわけじゃないけれど、バランスを間違えなければさほど難しくなく誰でものんびりした老後を迎えることが出来るんじゃないかと思っています。

まぁ人生想定外の連続ですから先のことを気にしてもどうしようもないんですけどね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください